赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 31日

嗚呼、2013年

昨日(30日)は事前の根回しを伴いながらですが、かなり無理を言って定時で上がりました。今の時期のルーティーンは戦場そのもので、あまつさえ半ば強引に近いオペレーション改組や、故障者による欠勤はもとよりその穴埋めの不達等で、職場環境は著しく疲弊しています。昨年も戦場ではありましたが、今年ほどやりがいの無さを感じた年はありません。
c0155803_1515118.jpg

そんな鬱憤も然りですが、楽しい事も悲しい事も詰まった2013(平25)年は間もなく終幕。一年の〆として30日の退勤後は地元の某ブローカー様と接触。
c0155803_1515971.jpg

先頭車交換の儀(謎 それと併せて中間モハユニットも転がり込んで来たのですが、酔っ払いながら部品交換を成したため、床下機器やガラスの一部に取り違いがあった事が発覚w 年明け早々にもお会いしないといけませんね。
c0155803_15163110.jpg

凍てつく横浜西口。シアルと東急ホテルが解体された今しか見られない、東口のスカイビルとルミネが望める奇跡のビジョンです。この横浜西口における開放感は、半世紀振りぐらいではないでしょうか?
c0155803_15195791.jpg

ハナシが前後しますが、氏との接触前に某創業祭店舗で画像の品とパーツを幾つか購入。蒸機なんてどれも真っ黒で同じ・・・そう思っていた時期が私にもありました。

2013年の印象はいろいろですが、記憶が曖昧と言うか思い返したくない事のほうが多かったように思います。何というか、あまり振り返らないタイプなので・・・前進あるのみです。それでは少し早いですが、どうかよい年をお迎えください。
[PR]

by ar-2 | 2013-12-31 16:01 | ある日の出来事


<< C50 154(小山機関区)の...      私の戦場は、此処にある >>