赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 12月 27日

C50のお供~オハニ61・オハ35の製作(その1)

c0155803_19235376.jpg

本日2本目。
現在製作進行中のC50 154(小山機関区)にリンクした旧客の工作です。モノはGMのオハニ(スハニ61)とオハ35丸屋根で、これといったメニューの無いストーレート組です。手許のピク誌におけるC58牽引の両毛線列車編成中にオハニ61が見えたのが製作の端緒ですが、小山区配置と思われた同形式は1965(昭40)年および1968(昭43)年の配置表では小山区に籍が見えないので、恐らく配置のある高崎区の編成だったのでしょう。オハ35丸屋根もその高崎区に籍が見えるので含んだ次第ですが、実はこの2両は事実上製作解消となった「きそ」向けとして用意していたものです(汗 

製作解消とはいえD51なめくじは長野機関区の96号機に化け、オハニ61・オハ35ともども本作に転用できたのですから決して無駄とも言い切れません(疑惑 ナロハネ10については信越線系統に転用出来ればとも考えていますし、オロ35については具体的な転用を決めていますが、それはまだ先の長いハナシです・・・。兎に角、意外なカタチで製作が再開されたオハニ61・オハ35ですが、車体を「口」状とするのと床板回りの仕込みは済んでいたので、最近はベンチレータの接着を行いました。
c0155803_19322132.jpg

肝心のC50 154はというと実は塗装まで進んでいたのですが、装着漏れパーツが判明しストップ。パーツの入手を含めると年内竣工の可能性はありませんが、年明け早々にはカタチにしたいといころです。

その2に続く)
[PR]

by ar-2 | 2013-12-27 19:35 | 鉄道模型(国鉄形客車)


<< 未来      D51 824(長野時代・末期... >>