赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 05月 12日

「私のきたかまくら」(その7)・・・と余話

「私のきたかまくら」(序~その1)
「私のきたかまくら」(その2)
「私のきたかまくら」(その3)
「私のきたかまくら」(その4)
「私のきたかまくら」(その5)
「私のきたかまくら」(番外録・E217あれこれ)
「私のきたかまくら」(その6)

作を進めれば進めるほどに、思い描いていたイメージから乖離して行く「私のきたかまくら」(涙
そんな思いとは裏腹に、来月のモジュオフ合宿までの残された時間は刻一刻と減って行きます。最近の公休日は基本的に本作の製作を必ず行っていますが、ほぼほぼ「飽きることなく」継続しているのはある意味驚異的・・・そこには裏打ちされたモチベーションがあるのでしょうが、それが一体何に起因するものであるかは私にも解りません。
c0155803_1943213.jpg

今回はプラスター盛りした地形への着色を行いました。色の選定は難しく思われがちですが、私の場合はテキトーにそれっぽいカラーの瓶を数本摘んできて終了しましたw 行き詰るよりはイマジネーション、です。
c0155803_19335127.jpg

使用したカラーはクレオスの水性ホビーカラーで、池底は№H-60濃緑色(暗緑色)(2)、参道部の地面は№H-66RLM79サンディブラウン、それ以外の地面は№H-37ウッドブラウンを充当しました。参道部の地面は実景ですともっと明るめですが、石畳とのメリハリをつける意味で敢えて濃い目としました。
c0155803_1993740.jpg

併せてユニットの参道とアーチ橋も接着。水面表現を施してからの架橋が無難でしょうが、手の届かない部分でもないので・・・。残る作業は大きなところでは保線屋サン担当のバラス撒き、造園屋サン担当の植栽、そして大地の恵みたる池の水面表現です。
c0155803_1939119.jpg

以下は余話的なもの。画像は先日退勤時に乗車した横浜市営地下鉄(ブルーライン)の車内ですが、奥と手前とで室内灯が違えてあるのが瞭然ですね。車番は33F「開国ラッピング」編成の湘南台方先頭車3331(Tc)で、奥の青味がかった室内灯はまず恐らくLED灯と思われ、従来の蛍光灯との比較試用でこのようになっているのでしょう。大分以前に乗り合わせたE231系の山手線において、明らかに蛍光灯とは異なる色味の室内灯を備えた車両に乗り合わせた事があるのですが、当時はそれが何なのか判らなかったのがチョット懐かしいです。

このLED灯に対しての私的な所感は、いたずらに「節電対策」という名目だけで蛍光灯を間引いたり、昼間時の無理矢理な消灯(※現在は不明ですが、京急では大分前に隧道の存在しない区間でこれを行っていまして、戸袋窓が無い上に着色ガラスという採光率の甚だ悪い車内は本も読めないほど真っ暗になり、大いに閉口させられたものです。同じ消灯事案でも小田急の1000系は戸袋窓も有りましたから、こちらは「別物」でした。何にせよ、快適な乗務員室に缶詰になっている立場だけでの判断には限界があります)よりは余程有効であろうと思われ、今後の展開が注目されます。
c0155803_20112178.jpg

そういえば1年前の今日5月12日は169系に乗車していたんですねぇ・・・。無論、私にとっては最後の乗車機会でしたが、その169系の引退もつい先刻であり、思ったよりは生き残ったなというのが偽らざる心境です。泊まり掛けの外出も今年は今の所2月も松川温泉行に留まっていますが、今後のところで確定分を含めた青写真を纏めますと・・・

・6月・・・モジュオフ合宿(確定)
・7月・・・行くぜ東北!第2弾・三陸鉄道とバス営業所巡り(確定)
・8月・・・無し
・9月・・・2年振りの近江行(希望)
・10月・・・無し
・11月・・・四国行?(希望)
・12月・・・無し

といった按配で矢継ぎ早に出費が続きそうです(汗 
実は今年の5月最終日曜日は指定休とせず、結果出勤日であり・・・そう、京急ファミリーフェスタは今年は不参戦なのです。これは青写真の予算確保の意味もありますが、それ以上に大きいのは「私のきたかまくら」製作時間の確保に他なりません。今年は色んなものをちゃんと「絞り」、いたずらに振り回されずホビーライフを楽しんで行ければと思っています(意味深

その8に続く)
[PR]

by ar-2 | 2013-05-12 20:27 | 鉄道模型(ジオラマ)


<< 本日の・・・      最近の・・・ >>