赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 05日

「やっと正解がわかったぞ・・・!」

「湯治である」


そんなわけで来る巷間の三連休、私にとっておよそ昨年春の「中京魔譚」以来となる泊まり掛けの旅行に出向く予定です。尤も、何事もなければ本年初頭に富山行となるはずだったのですが(汗 その穴埋めをも欲してとは申しませんが、此度の旅行にはそれなりの動機もあるわけでして、その目的地ですが・・・
c0155803_2091276.jpg

だいたいこのエリアです。
今頃の季節でこの事業者と言えば、あのバスしかありませんね・・・そう、あのバスです!そしてそれは単なる乗車のみに留まらず、現地に宿泊します。お風呂大好き(←ヘンな意味ではありませんw)な私にとっては何から何までのお膳立て・・・ってか、旅行ってそういうものですよね。因みにこの画像を撮影したのは実に一回り前となる2000(平12)年12月31日の盛岡バスセンターにて。当該のクルマも予備知識無しの当時では単に「エラく古そう・・・」程度の認識でしたが、最近調べてみましたところこの当時で既に約20年落ち相当だったようで・・・いやはや。
c0155803_20144018.jpg

その当時の盛岡入りには当然のように理由がありまして、聞きしに及ぶ「モノコック王国・岩手」の片鱗を窺いたくであったのです。果たして早朝の盛岡駅前に降り立った私を出迎えてくれたのは、踵を接して駅前ロータリーに流れ込んでくるモノコック車の波!CJMだけでも瞠目モノですが、そこにBU・BU・BU!とくれば全身の毛穴がそそけ立つような興奮に包まれます。
c0155803_20173774.jpg

左端に見える都心循環のエルガミオが「浮世離れ」していると思えるほど、盛岡駅前は時代を超越していた!見切れているクルマを含めて全てがモノコック!このシチュエーションに見舞われて、興奮しえないはずがありません。
c0155803_2019037.jpg

トドメはこれ!
かつて印刷物でしか目にする事が出来なかった、神奈中出自のいすゞ3E!運賃支払い方式窓、中途半端なポジションの側面経由幕、屋上のカマボコベンチレータといった数多のエフェクトパーツが全てを雄弁に語り、かつて津久井あたりに在籍していたであろう古豪を、よもや今生で肉眼をもってして捉える事なぞ不可能に思っていた自身にとっては「衝撃を越えた衝撃」であり、この後の幾度かに及ぶ岩手通いを決定付けたのです。
c0155803_20224631.jpg

岩手県交通の「量」には到底及びませんでしたが、このようなフルデッカー?といった貸切格下車で違いを見せていた岩手県北自動車の顔ぶれも忘れられません。兎に角この時は僅かな滞在時間であったものの、「百聞は一見にしかず」をこれでもかというほどに刻まれ、実に13年を経た今でも興奮の残滓を覚えるほど、私のバス実車趣味における「最大級」のインパクトを及ぼしたのです。
c0155803_20274347.jpg

そんな岩手界隈、あの頃を思い出しながらの旅路とならん事を期待しています・・・。

by ar-2 | 2013-02-05 20:29 | バス(BUS)


<< 前夜      昨日の・・・ >>