赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 10日

ハッピーマテリアル?

先日払い受けたスプレーワーク。即本稼働とならないもどかしさもありますが、先ずは下地を盤石に・・・という事で試行錯誤ですが、早速「???」な状態となっています。
c0155803_20153174.jpg

これ以上分解して良いものなのでしょうか。
c0155803_2016288.jpg

ビスってまさかコレの事・・・うそ~ん。
c0155803_20174853.jpg

それでも・・・

「本当に1瓶で10両分戦えるのかどうか、それを確かめるまで諦めたくない」
[PR]

by ar-2 | 2012-07-10 20:19 | 鉄道模型(総合) | Comments(4)
Commented by youroumania at 2012-07-10 22:59
こんばんは。エアブラシ導入オメデトウございます。
てか何でバラすんですか・・・ウチのブラシと構造がまったく違うのでアドバイスも出来ませんが使えるのならそのままがイチバンですよ。。。
Commented by gino-1 at 2012-07-10 23:38 x
こんばんは。

早速やってますね。

>分解
するのが、デフォです。
先ずは、上の塗料カップを外します。
ニードルっを曲げないように抜いて、ビス2本を外します。
そうすると先端にある金属のブロックが外れますので、シンナー漬け置き(パッキンを痛めるので短い時間)or赤ちゃん用の細い綿棒で内側をクリーニングします。(カップの付いている穴なども)

終わったら、先端のブロックをビスで取り付け、画像のようにクミ、ニードルを挿し込み、元通りに組み立てるのが手順になります。

>10両
塗料の濃度と吹き幅(噴霧量)次第ですが、隠ぺい力のある色なら大抵は軽く10両以上は持ちますよ。
Commented by ar-2 at 2012-07-11 20:33
youroumania さん、こんばんは。
これは「うがい」以上のお手入れに際してはバラすタイプのスプレーワークとの事らしいです。私自身もまだよく解っていないのですが(汗
そのお手入れ頻度は個人差があるようで、某氏のように年イチであったりも・・・このあたりは使用頻度とか、或いは性格も関わってくるかも知れませんねw
何あれ、頂きモノでも道具は長く使いたいのでマメに手を入れて行きたいです。
Commented by ar-2 at 2012-07-11 20:35
gino-1さん、こんばんは。
詳細に有難うございます。私も吹き付けばかりに意識が囚われ、アフターに関わるレクチャーを全く受けてきませんでした(汗 
ですので件の取説は大変助かります。メールお待ちしています。


<< とうとう・・・      【時代設定の】昭和30年代の京... >>