赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

<   2013年 10月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2013年 10月 31日

地獄の門を開けようぞ・・・!!

c0155803_23191215.jpg

・・・ということで、10月も光速の如く如く過ぎ去り、いよいよ本年も残すところ2月となりました。私的なルーティーンとしては「一難去ってまた一難」・・・というのは語弊もありましょうが、本年は特にその傾向が強く、肉体と精神面でのせめぎあいはまさに「持久戦」の様相を呈してきています。そんなわけですから平時において趣味に割ける時間割も自ずと限られ、そこに「買い物」がついてまわれば締め付けは尚一層厳しいものとなります。

このところは遅番ルーティーンのターンとなっているので、退勤後の買い物はまず無理・・・となれば、せめて出勤時に対応できる書物だけでもという事で、本日出勤時に東京駅構内の三省堂で入手してきました。今度は路面電車にぞっこん・・・?なんて思わないで下さいね。そんなん、昔からですからw イカロスの季刊モノである「路面電車EX」は最近そのその存在を知るに及び、最新刊の画像の「02」を手にしました。その内容たるや悪く言えば「総花的」、普遍的に言えば「多角的」といったところでしょうか。そんな皮肉を抜きにしての見どころとしては海外の路面電車も採りあげているところで、およそ好き嫌いの判れそうなジャンルを収録(それも設計サイド記事と趣味的サイド記事という異角度同士を)したのは、出色と言えましょう。
[PR]

by ar-2 | 2013-10-31 23:23 | 買い物
2013年 10月 30日

本日は・・・

c0155803_21195353.jpg

二次元における表紙買いというものを原則的にしないのですが、今回だけはあいぽんのインタビュー記事ありとの事でしたので・・・。目当ての記事は僅かばかりでその他殆どのページは蛇足だったのですが、一通り目を通してみて思ったのは「二次元が専業じゃなくてよかった」よいう事でしょうかw 何と言うか、タイトルの新陳代謝の激しさはもとより情報量が多い反面、タイトル個々における個性がそれほど感じられず、直ぐに色んな意味で「飽きてしまう」ように思えたのです。その点で見れば、鉄道趣味は一生モノですね。模型であり、実物であり・・・

・・・と、自信をもって言えたのは昔のハナシです(謎
[PR]

by ar-2 | 2013-10-30 21:54 | アニメ・フィギュア他
2013年 10月 30日

覚えているのはわたしだけ~2度目の「叛逆」

本日(というか日付的には昨日ですが)は、遅番退勤後の「叛逆の物語」鑑賞を果たしてきました。弊ルーティーンの特殊性故、退勤後に鑑賞へとなだれ込めるのは本日が直近では唯一可能性のある日・・・であり、果たせるかな、辛くもラス2上映開演時刻の20分前(これも冷静に考えると凄い「立地」なのですが(謎 )に退勤する事が出来たのです。その鑑賞箇所は勤務先から徒歩数分(平たく言えば目鼻の先)であるも、シアターへと入れば既にCMが始まっている頃合いでした。

開演時刻の20分前・・・であれば、本来ならもう少し猶予があるのがデフォなのですが、そうならなかったのには理由があって、まずは退勤後の贅としてビールとポップコーンの買い出しに走ったのと・・・
c0155803_013929.jpg

まさかのグッズがあった!


・・・故なのです。ちなみにLサイズは最後の一枚という絶妙のタイミングでしたが、劇場によっては公開初日である10月26日の午前中にパンフ以外は蒸発している背景があり、それを考えると当劇場の立地の(多角的に見た時に)特殊性が、如実に顕れているような気がしてなりません。
c0155803_09461.jpg

そして肝心のミニ色紙ですが・・・5種のうちに外れはありません!・・・と、言い聞かせておきましょうw
ミニ色紙配布週間における鑑賞機会は本日を最期とし、これ以上の悪あがきはオミットします。残る2枚の前売り券は別途機会に用いる事とします(ポストカード週間とフイルム週間で1枚ずつか)。私も二次元「専業」でしたら、もっともっと頑張れていますが・・・止むを得ません。

して、此度の2度目の「叛逆の物語」鑑賞ですが・・・

「編み込み展開結界ッ!!」


の叫び声は何とも頼り甲斐があり、スタイリッシュで、大いに心酔させられる・・・反面、手許で「ヂュウ~」という効果音で吸い上げられるウイ◎ーインゼリーも見逃してはならないのですw

随所にちりばめられた「言霊」から真意を探ろうとする探究心と好奇心を惹起させられ、深みに嵌まれば嵌まるほど興味は尽きない・・・。作自体のそれもまた、ある意味「悪魔」なのかも知れません。本作に関わるネタバレ/インプレは、もう一度くらい鑑賞を重ねてからを考えています。
[PR]

by ar-2 | 2013-10-30 00:20 | アニメ・フィギュア他
2013年 10月 28日

本日は・・・

c0155803_22275361.jpg

一昨日からインターバルを開けずに、勤務先最寄りの「シネマイクスピアリ」で退勤後鑑賞と洒落込もうという青写真がありましたが、昨今の旬間における特性もあり叶わぬ夢を化してしまいましたorz しかし、明日は一縷の望みが無いとも言えなくはないですが・・・今の会社を選んだのは他ならぬ私、止むを得ません。

それはさておきと言うか、此度の「叛逆」は完全新作。となれば、先のリメイクとは異なり多回鑑賞に及び、作中のディテールやストーリーの考察に勤しみたくなる・・・というのは、ごく自然な事でしょう。ましてや「叛逆」に限らず「まどマギ」のそれにおけるストーリーの在り様(一言では言い表せないのですが)については「視る側」にほぼ委ねられてきた現実、即ち「叛逆」においても100人が鑑賞すれば100の感想と考察があって然るべきであり、その点でも実に多面性を有した「面白い」作なのです。

兎に角、私はあと少なくとも3回(=手許の前売り券の残枚数)は鑑賞できますから、そのどこかのタイミングで偽らざる所感を纏めたいとは考えています。あまりにも情報量が多いというのもありますが、それに比するように「想い」も、けだし、はち切れんほどにあるのです。
c0155803_22331557.jpg

続いては蛇足ながらこちらの告示。一週間ほど前から車両中吊りなどで告示が始まりましたが、品川における線路切り替えに関わる運転変更のそれです。車両にしか興味の無いヲタには縁の無いネタですが、E217の新宿乗入れや東海道の横浜行がイレギュラーながら久々に復活と聞けば、やはり気にかけずにはいられません。その概略を申しますと・・・

★11/22(金)
・スカ線上り終電(所定品川行)は大崎行に変更

★11/23(土)
・スカ線下り始発(所定品川発)は大崎発に変更
・客線(東海道)は横浜~東京間終日運休
・スカ線上り終電(所定品川行)は大崎行に変更

★11/24(日)の10:20頃迄
・スカ線下り始発(所定品川発)は大崎発に変更
・スカ線は西大井(厳密には蛇窪w)~東京間を運休し、大崎・新宿へと行先を振替
・客線(東海道)は横浜~東京間運休
※「サンライズ」は、11/22高松・出雲市発、11/23東京発、11/23高松・出雲市発、11/24東京発が運休

となります。平たく言えば、平時通りなのは京浜東北だけということですねw とは言え土曜日でも通勤客は多いので、23日のスカ線(始発/終電が大崎発着となる以外は平時通り)は混みそう・・・。当日が出勤でも公休でも恨みっこなし?の博打状態ですが、どうなるのか気になるところです。
[PR]

by ar-2 | 2013-10-28 22:54 | ある日の出来事
2013年 10月 27日

急行「利尻」終了のお知らせ・・・そして

急行「利尻」(C55 50編その1)
急行「利尻」(C55 50編その2)
急行「利尻」(C55 50編その3)

と、表題の通りなわけでして、C55の完成も間近い頃の動力ユニット組み込みの際にガチャガチャやっていたら・・・
c0155803_18193671.jpg

何時の間にやら部品が消えていました。思えば途中で「パチ」という音を聞いているので、あの時だったかと気付いた頃には時すでに遅し。雑念が入ったのかも知れませんが、最後のほうは塗装乾燥中の転落や塗り直し、修正に重なる修正でケチのつき通しでしたらから、ある意味なるべくしてなった結果でしょう。それと、このところずっと続いてきた旧客のターンですが、これについてはそろそろ・・・と考えてもいたので、これを潮時として「利尻」はもとより、ナロハネ10等の工作についても無期限延期措置とする事にしました。もう仕掛品は増やしてナンボですw

そして今後ですが、増える仕掛品あれば進む?仕掛品あり(というか身の回りには仕掛品しか無いという現実)で・・・
c0155803_18281346.jpg

本人もすっかり忘れていましたw 【長期】のコピーに偽り無し!およそ5ヶ月ぶりとなるスカ形モハ70(横須賀線)の製作です!車体関係は何だかんだで既に12両分揃っていますが、あとは集中力の維持はもとより、時間がどれだけ費やせるかでしょう。
[PR]

by ar-2 | 2013-10-27 18:31 | 鉄道模型(国鉄制式蒸機)
2013年 10月 27日

劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」新編「叛逆の物語」鑑賞!そして・・・

c0155803_011645.jpg

日付的には昨日となりますが、2013年10月26日(土)に封切となった表題の劇場版「魔法少女まどか☆マギカ」新編「叛逆の物語」を鑑賞してきました。思えばこの時の予告以来、まさに待ちに待った1年間の果ては・・・

空 前 絶 後


c0155803_0303236.jpg

あとは劇場でお確かめ下さい。
尤も「絶後」というのは現段階での所感であり、それを凌駕する可能性は残されていると思いますが(謎 そんなこんなでアツい反省会を楽しんで1日を締めくくったわけですが、気になる特典のミニ色紙は、某氏がほむまどで、私がマミなぎ・・・でした。この5種でハズれは無いと思いますが、私的には杏さやが大本命だったんや~(泣 そんなオマケに一喜一憂しつつも、作品の面白さと意表と満足感、その余韻と呼ぶにはあまりにも大きい感傷から暫く抜け出せそうにありません!
[PR]

by ar-2 | 2013-10-27 00:36 | アニメ・フィギュア他
2013年 10月 23日

急行「利尻」(C55 50編その3)

c0155803_196405.jpg

急行「利尻」(C55 50編その1)
急行「利尻」(C55 50編その2)

続きです。前照灯は副灯(予備灯)のLP405を備えた二刀流ですから、やえもんのY-018を充当します2ケ入りで標準と道内仕様が各1ケ含まれ、恐らく台座が煙室扉に沿って欠き取らているほうが道内仕様かと思われます(画像判断の限り)。
c0155803_199469.jpg

そのLP405の取付孔はパッケージでは0.9mmとされていますが、実際には0.6mm程度が適切です。パーツの取付脚を見て0.9mmでは太過ぎないか?と違和感を感じたので救われましたが、0.9mmでそのまま開けてしまうとガバガバです。
c0155803_19105712.jpg

次いでスノープロウです。同じくやえもんのY-016を充当します。これの取付孔は約0.6mmとされていますが、取付脚自体が円形ではなく長方形ですのでそのままではフィットせず、取付孔ないし取付脚を調整する必要があります。
c0155803_1912168.jpg

お約束の開け損じ・・・orz
c0155803_19124447.jpg

ステップが干渉するので一部を削ったりして・・・
c0155803_19122924.jpg

なんとか付きました。
c0155803_19133394.jpg

キャブの助士側上部にはATS車警やタービン発電機へのマフラー付排気管が延びており、妻面の丸窓を塞ぐカタチでモールドされていますが、これを撤去し丸窓を開けます(※画像はC57ですがC55も同様の造りです)。
c0155803_19165141.jpg

開孔直後の状態。この後ペーパーで整形してやります。開孔は一度に拡大せず、最終的には2.2mmの刃で仕上げました。
c0155803_19333613.jpg

そのキャブ丸窓間にカバー?のようなプレートがありますので、プラ板でそれっぽいものをでっち上げます。
c0155803_19195628.jpg

今回はここまでです。

(その4に続く)
[PR]

by ar-2 | 2013-10-23 19:34 | 鉄道模型(国鉄制式蒸機)
2013年 10月 21日

本日の・・・

c0155803_21283678.jpg

朝のマイアミは霧の中・・・某ホテルがまるで見えません。
c0155803_21292745.jpg

帰宅後、この時入線した有井のC54を眺めていましたら・・・ちゃんと頑張っている角度があるじゃない!有井の制式蒸機はおしなべて腰高の印象があり、それが個々の形式における「要(かなめ)」となるディテールを殺ぐ懸念がありましたが・・・。
c0155803_21335986.jpg

上から見たら「別物」。それはそうでしょう・・・実車の写真の殆どは、上方からではないものばかりですから。ある意味、自然発生的にインプリンティングされた「錯視」とでも申しましょうか。

・・・とまあ、とりとめのない内容でしたが、それはさておきの今後の懸念としては、週末の天候です。来る10月26は「新編:叛逆の物語」の劇場公開初日であり、私はそれに備え当日は翌日とセットで休日とし万事遺漏無き体勢であったのですが、それこそ「リアルワルプルギスの夜」となりかねない台風27号に抗う術は無い現実があるのです(汗 そんなわけで当日は夕方からの反省会という名の呑み会を見据え、座席指定手配と鑑賞開始のインターバルを用いての貸しレ開拓も目論んでいたのですが、果たしてどうなる事やら・・・。
[PR]

by ar-2 | 2013-10-21 21:36 | ある日の出来事
2013年 10月 19日

急行「利尻」(C55 50編その2)

c0155803_18313748.jpg

急行「利尻」(C55 50編その1)

C55編の続きです。50号機の前頭部には尾灯が備わっていますが、これが独特というかシリンダーバイパス弁点検蓋直前の、ランボード端に建植されています。その尾灯として用いるのは銀河の標識灯(N-310)ですが、本来の取付脚(水平方向)ではなく、垂直方向のランナー線を介して取り付けます。
c0155803_18342174.jpg

ランボードに開孔・・・ですが、一度開け損じています(手前に痕が見えますね)。
c0155803_18345778.jpg

デフの装着準備として、シリンダーバイパス弁点検口に相当する開口部も開けます。
c0155803_18371325.jpg

そのデフはレボリューションの012番を充当。もとのデフを取り去ってステー毎取り換える設計ですが、本作では強度面を慮り、もとのデフ上に貼り重ねる事とします。
c0155803_18551966.jpg

少々手こずりながらもデフを装着しました。というか、デフの折線が低いですが・・・失敗していますね。スジ彫が浅く、用をなさなかったようで(汗 次に機会があればこれを反省点としたいところです。
c0155803_18554625.jpg

そして尾灯も建植しました。この50号機の前頭部尾灯ですが、web上における記録の限りでは1971(昭46)年頃は両側2灯、1973(昭48)年頃は向かって左側(非公式側)1灯のみ、1974(昭49)年頃は向かって右側(公式側)1灯のみと、経年で個数と位置を変えているのが興味深いところです。本作で両側2灯としたのは理由があり、当初の時代設定である1973(昭48)年頃ですと、C55は「利尻」牽引の任からとうに外れていた事が判明したからです。

C55の「利尻」牽引は1970(昭45)年12月4日が最後とされ、翌12月5日からはDD51牽引へと変更されています。そうなると同年頃の客車の編成も変わってくるのではないかと思われ、案の定当初考えていた1973(昭48)年頃とは色々違っていました。ところがC55の「利尻」撤退直前に旭川から稚内まで同列車に乗車し記録をされた方のサイトに行き着いたところ、その画像の限りではweb上で拾い上げた編成とは異なっていました。とどのつまり、1970(昭45)年12月頃の編成例として・・・

↑稚内
8号車 スハ ※札幌~旭川
7号車 スハフ
6号車 スハ
5号車 スハ
4号車 スハ
3号車 スロ54
2号車 オロハネ10
1号車 スハネ16
=== スユニ61
=== マニ60
=== マニ60 ※旭川~稚内
↓札幌

というのが基準になるかと思います。web上の資料ですと、旭川~稚内のマニ60がスハニ62で且つ音威子府回転であったり、8号車の回転車が旭川~稚内であったり、スユニが61ではなく60とされていたりするのですが、件のサイトの画像では稚内到着時に8号車が連結されていない事、同じくマニ60が2両連結されている事、そしてスユニが61である事が確認できるのです。そんなわけで、結局客車については何の変更も無く製作を進められるというオチでしたw
c0155803_20381570.jpg

機関車に戻ります。当初はベタ貼りだったテンダー前灯ですが・・・
c0155803_20392332.jpg

やはり埋め込む事しました。こうなるんだったら削らなきゃよかったww
お尻の表情もまた愉し、ですね。

その3に続く)
[PR]

by ar-2 | 2013-10-19 20:21 | 鉄道模型(国鉄制式蒸機)
2013年 10月 18日

本日は・・・

c0155803_2357329.jpg

日付的には昨日ですが、早番出勤時の湾岸はケヨ34(Y34)編成でした。同編成は最近まで入場しており、出場後の遭遇は初。確かに帯色は入場前のサ-モンピンク状態から鮮やかさを取り戻していますが、いつまで現役であり続けるでしょうか。
c0155803_2359450.jpg

そして退勤後に寄り道しお買い物。ぶどう色2号も少し前は品切れ状態でしたが、ポツポツと入荷してきたようです。
c0155803_23594977.jpg

銀河の標識灯は某丼店は全店で売り切れ・・・それでも在るところには在ります。その都度探し回るのもアレなので、少し多め(といっても必要数+2ですが)に購入しておきました。
[PR]

by ar-2 | 2013-10-18 00:01 | ある日の出来事