<   2013年 09月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2013年 09月 30日

本日の・・・

c0155803_2127884.jpg

某氏からのタレ込みによりゲットできました・・・ぶどう色2号!
しかし、しかしですぞ。ここで迂闊だったのは、これを塗布すべき対象の「仕様変更」に伴って必要となったインレタを用意していないのと併せて、最大の懸念が

時間が無い


という事です。まあ、こればかりはどうにもならないので諦めていますが、来る運転会に向けてのテーマ及び持込み車両ぐらいは纏めておきたいですね。そのテーマは、あってないようなもの・・・つまり「ユアセルフ」とされています(謎

それはさておき、昨日入手したカトーのC55に関連して、仕立てられそうな列車の考証に入りました。時間的制約もありますから無加工を前提としたいところですが、まずは製品同梱ナンバーをピックアップし、手許の資料から配置区を照合してみますと・・・

41号機・・・1961(昭36)年4月時点 豊岡
45号機・・・1961(昭36)年4月時点 宮崎
50号機・・・1961(昭36)年4月時点 旭川
       1968(昭43)年3月時点 旭川
       1973(昭48)年3月時点 旭川
62号機・・・1961(昭36)年4月時点 和田山

ナカナカ総花的な分布です。早期に消えた山陰ナンバーが2ツもあるのは意表を突かれますが、他方、現役期間長命にして、小樽の記念館に現存する50号機を見逃す事も出来ません。しかしこの50号機、昭和30年代の早い時点で密閉キャブ化されています。これは銀河のパーツで何とかなりそうですが、それを今度の運転会までに仕立てる時間は無いですが・・・ああ、また悪い病気が始まったようでw スユニにオロハネを組成した「利尻」なんて最高じゃないですか?それはまた、次回以降に持越しとなりそうです。D51なめくじ長野の塗装待ちを横目に、パーツの見立てをしておきますかね(汗
[PR]

by ar-2 | 2013-09-30 22:08 | 買い物 | Comments(0)
2013年 09月 29日

本日は・・・

c0155803_21491282.jpg

早番退勤後、久しかったこちらへ立ち寄り。
c0155803_21494028.jpg

そて、某中古店で制式蒸機の増備と相成りました。カトーのC55、1997(平9)年ロットの銀車輪仕様です。それ故にかC55にしてはリーズナブルで、10%引きキャンペーンの効果もあり定価の半額以下でした。このカトーのC55、かねてより不思議に思っていたのはC57と似たような個体であるにも関わらず、売価にかなりの差があるということでした(C57ノーマル(品番2007)が内税¥7875に対し、C55ノーマル(品番2011)が内税¥9030)。これについては、「抜け」た水掻き付きスポーク動輪の開発費かなと自身を納得させていたのですが・・・
c0155803_2154833.jpg

いざ現物に触れてみますと、重連用カプラーはカトーカプラーとアーノルドカプラーの各仕様がセットされ・・・
c0155803_21545891.jpg

なんと汽笛がユーザ付けの別パーツでした(C57では蒸気溜に一体成型なうえに着色もされていません)。これでは売価が格上になるのも無理はないですね。今回のC55増備は計画的半分/突発的半分でしたが、これも来る「秋の鉄コレ祭り」及び最新18弾のスルーが確定的だからこそ成せたものです。但し、但しですよ、能勢電の50/60だけは気になっているので例外たる可能性は残っていますが・・・。
c0155803_21584261.jpg

そしてこれらの書籍も購入。コミック自体に手を付けるのも久し振りでしたが、やはりRMライブラリーの「名古屋市電」ですね。今後、中巻・下巻の刊行が予定されていますが、その内容たるや既に上巻でもディープさの片鱗が窺え、大いに期待してしまいます。
[PR]

by ar-2 | 2013-09-29 22:02 | 買い物 | Comments(2)
2013年 09月 28日

渡島有情(3日目その5・松前半島外周~鉄分落穂拾いは一日の締めくくり)

c0155803_1931563.jpg

渡島有情(1日目・「あけぼの」に見るブルートレイン象)
渡島有情(2日目その1・回遊!函館市電)
渡島有情(2日目その2・満喫!函館市電)
渡島有情(2日目その3・七飯への途と藤城線余話)
渡島有情(3日目その1・松前半島外周~江差の街へ)
渡島有情(3日目その2・松前半島外周~123D代行バスは江差を後にして)
渡島有情(3日目その3・松前半島外周~消えた鉄路を追いながら)
渡島有情(3日目その4・松前半島外周~消えゆく知内駅逍遙)

知内駅を後にし、次に向かったのは木古内駅です。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2013-09-28 19:31 | 外出・旅行 | Comments(0)
2013年 09月 28日

渡島有情(3日目その4・松前半島外周~消えゆく知内駅逍遙)

c0155803_14254152.jpg

渡島有情(1日目・「あけぼの」に見るブルートレイン象)
渡島有情(2日目その1・回遊!函館市電)
渡島有情(2日目その2・満喫!函館市電)
渡島有情(2日目その3・七飯への途と藤城線余話)
渡島有情(3日目その1・松前半島外周~江差の街へ)
渡島有情(3日目その2・松前半島外周~123D代行バスは江差を後にして)
渡島有情(3日目その3・松前半島外周~消えた鉄路を追いながら)

千軒そばでの昼食を済ませ、次に目指すは知内町にある「青函トンネル出入口撮影ポイント」なる場所です。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2013-09-28 14:40 | 外出・旅行 | Comments(0)
2013年 09月 28日

渡島有情(3日目その3・松前半島外周~喪われた鉄路を追いながら)

c0155803_10511567.jpg

渡島有情(1日目・「あけぼの」に見るブルートレイン象)
渡島有情(2日目その1・回遊!函館市電)
渡島有情(2日目その2・満喫!函館市電)
渡島有情(2日目その3・七飯への途と藤城線余話)
渡島有情(3日目その1・松前半島外周~江差の街へ)
渡島有情(3日目その2・松前半島外周~123D代行バスは江差を後にして)

本日三度目の江差駅到達、外はバケツをひっくり返したような雨。乗車予定であった江差線123Dは大雨による運休措置で、江差線自体の午前中の運転再開は絶望的とされてしまいました。とは言え行程的には123Dがオミットされてしまったことを別とすれば、その他大半がクルマ移動ですので、実はそれほど?の影響を被っていなかったりもします。これが鉄道利用のみであったならば、どうにもならなかった筈です。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2013-09-28 11:35 | 外出・旅行 | Comments(0)
2013年 09月 25日

渡島有情(3日目その2・松前半島外周~123D代行バスは江差を後にして)

c0155803_13482636.jpg

渡島有情(1日目・「あけぼの」に見るブルートレイン象)
渡島有情(2日目その1・回遊!函館市電)
渡島有情(2日目その2・満喫!函館市電)
渡島有情(2日目その3・七飯への途と藤城線余話)
渡島有情(3日目その1・松前半島外周~江差の街へ)

本旅程のメインテーマの一つである江差線乗車、来春廃線という後の無いタイミングながら、大雨につき乗車予定列車の運休措置とはまさに非情!しかし、旅とは常に「運」もついてまわるもの。行程を一にする誰しもが想像だにしなかった展開に驚く間もなく、運命の時計の針は止まる事を知らなかったのです。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2013-09-25 15:58 | 外出・旅行 | Comments(0)
2013年 09月 24日

渡島有情(3日目その1・松前半島外周~江差の街へ)

c0155803_23122040.jpg

渡島有情(1日目・「あけぼの」に見るブルートレイン象)
渡島有情(2日目その1・回遊!函館市電)
渡島有情(2日目その2・満喫!函館市電)
渡島有情(2日目その3・七飯への途と藤城線余話)

明けて翌2013(平25)年9月14日(土)、昨晩の歓待の席の余韻もそこそこに、長旅の疲れをものともせない?早朝の5時過ぎに起床の儀となりました。本日のメインは来春に廃線となるJR江差線への乗車と、松前半島外周という一見鉄分と無縁ながら実は濃密にリンクするという道中の予定です。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2013-09-24 23:59 | 外出・旅行 | Comments(0)
2013年 09月 23日

巷間の・・・

c0155803_2152679.jpg

三連休が終わりを迎えたようです。
私的には平時のルーティーンのそれだったのですが、京葉線における旅客流動はというと、昨日と一昨日は某園への旅客に加え、メッセで催されたゲームショウ旅客も加わりカオスの極みとなりました。まあ、それだけなんですけど・・・。

※画像は昨日のものです
[PR]

by ar-2 | 2013-09-23 22:19 | ある日の出来事 | Comments(0)
2013年 09月 21日

本日の・・・

昨年同時期の三割増しってのは伊達じゃあない。
そんなんだから記事更新も断続的で、模型弄りなんてもってのほか!
それでもその歩みを止めてはならないわけであり・・・名誉社畜、冥利に尽きるものです(何
c0155803_23365487.jpg

そんなわけ?で、本日出勤時の東京駅京葉通路の書店で購入。まずは先日発売されたばかりの「RAIL WARS!」7巻です。表紙はどう見ても103系低運・前面補強のぶどう色2号・・・なのですが、本文の限りでは72形920番台らしいです(しかも客扉が「一枚扉」とあるので、103系車体への更新車という設定ではないようですが・・・)。まあフィクションをあれこれ突いたところで実は無いのですが、これも根っからの国鉄(国電)沿線生まれ/育ちの性でしょうか(汗 蛇足ながら記事中にあった「月給:ワイン1本」の総裁は実在しましたね。かの石田禮助・・・ヤング・ソルジャーです。氏の半生を綴った文庫「粗にして野だが卑ではない」は、私の書架に収まっています。
c0155803_23461929.jpg

閑話休題。
もう1冊はピク誌最新号。このところは車両形式単位特集から離れていますが、これはある意味ピク誌のバイオリズム?それでも「信号場」とはなかなかナイスではありませんか(信号所とは違いますゾ!)。記事中では特に東塩尻信号場(スイッチバック)痕にホームの現存する事(本年初頭時点)や、路面電車の信号装置に関わる記事に目を惹きました。これが購入動機になったようなものですw 鉄道趣味の月間商業誌は、どちらかというと時勢に則った総花的内容に走りがちですが、ピク誌のような資料性に富む有益な書籍には頑張って欲しいと思います。
[PR]

by ar-2 | 2013-09-21 23:52 | 買い物 | Comments(0)
2013年 09月 20日

渡島有情(2日目その3・七飯への途と藤城線余話)

c0155803_11153874.jpg

渡島有情(1日目・「あけぼの」に見るブルートレイン象)
渡島有情(2日目その1・回遊!函館市電)
渡島有情(2日目その2・満喫!函館市電)

函館駅前で函館ハイカラ號を降り、後ろ髪を引かれるように市電散策を終了。これより函館本線に乗車し、七飯へと向かいます。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2013-09-20 13:49 | 外出・旅行 | Comments(2)