赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

<   2012年 03月 ( 29 )   > この月の画像一覧


2012年 03月 31日

春の嵐、乱す

「約束するわ。どんなに右往左往する事になっても、必ず職場に辿り着いてみせる!」

ACE行と思しき旅客で占められた東京9:02発上総一ノ宮行きを見送り、少しでも空いている便をという事で続発の9:05発の武蔵野でいつもの湾岸を目指します。何もなければ余裕で始業に間に合う案配ですが、既に一部区間で徐行措置というのが少し気掛かり。そしてその不安は最悪のカタチを次駅の八丁堀で迎えてしまったのです。

「全 面 抑 止」

後部車掌からはテンプレみたいなアナウンスが繰り返されますが、そのうち更に強い風が吹くかもしれないという煽りまで入れてくる始末。抑止から15分ほど経って振替乗車の案内の流れた頃合いに、もうこれは浦安回りのほうが固いんじゃないかと思い始め、用足しがてらにエスカレータを上がり改札を目指します。

するとそこで視界に飛び込んできたのは振替乗車証の配布や乗車券の区間変更、更には諸案内を求む旅客の長い列!怒号の飛ぶ有人ラッチは穏やかではありませんが、こんな列に加われるほど悠長な事態ではありません。時にレジャーもその立場が変われば大事そのものですが、こちとら春期の繁忙期にして期末というナイスタイミングのルーティーンにつき、寸刻も速く向かわねばならないのです。

「もう、振替乗車証なんかに頼らない」

八丁堀を定期券券面区間内で降車し、日比谷線からの茅場町を介して東西線にスイッチ。果たして浦安に降り立てば、案の定タクシー乗り場は長蛇の列にして至近道路の両車線にそれぞれ位置する南回り(新浦安経由)・北回り(堀江or市役所経由)のバス停も烏合の衆!特に北回りは行先に沿線某園とあるだけに、その旅客でもとより広くない歩道を真っ黒に埋め尽くしています。

「こんなのってないよ、あんまりだよ!」

そこで私がとったのは、葛西への逆走です。京葉線沿線への非常時のアプローチはとかく浦安ばかりがクローズアップされ、そのお陰で旅客も集中しますが隣駅についてはノーマークな気がします。そこならば体よくタクシーが捕まえられるのでは・・・と思ったのですが、甘かった。解りきっていたつもりだけれど、みんな浦安に吸い取られています。何せクルマが来ない。小さなタクシープールには10名前後の待ち客・・・。

ここで思慮に煮詰まった私は、浦安の西船橋寄り一つ向こうの南行徳からベイシティバスの37番系統が舞浜まで結んでいるのを思い出し、再び東西線へとすがったのです。そしてホームに上がれば強風で地上区間は一時運転見合わせ。それについては程なく解除され、動き出した各停は順調に南行徳に到着。そして当該の舞浜行は・・・おぉう、一時間あたり一本、しかも行ったばかり・・・。

その上ここは葛西以上にタクシーの待ち客が多く且つクルマも来ず、至近の幹線道路で網を張るも全く当たらず。クソッ、手詰まりか!?といよいよ覚悟を決めて、クルマのまるで来ない列はに加わるかと絶望しかけた刹那・・・
高架下の一路地、「支払」の表示を出したタクシーが一台。運チャンと目が合う。間髪入れずに私は右手を挙手、運チャンは「えっ」みたいな。

聞けばこの運チャン、4時からの乗り出しでいつもなら10時ぐらいに飯が食えるのが、今日は件の京葉線麻痺でそんなヒマも無いと笑顔でボヤく始末。そんな導入を端緒に、徒歩行軍が目につく大三角線をやや詰まりながら進み雑談や交通に関わる情報を交わします。
やがて目標地点手前でメーターを倒してもらい恐縮しつつ、私を最後の乗客とし営業所へ帰るという運チャンに「ここから乗ろうとする人は居ないですよ」という太鼓判?を押して降車。果たして所定より1H30Mのスライドでしたが、辛くもルーティーンの起点に立てたのです。無論、その埋め合わせはキッチリしてきましたよ(ドヤァ

帰宅後別記事up予定でしたが、気が変わったのでナシで(汗
その替りではないですが以後の湾岸の顛末を記しますと、京葉線は夕刻近くになって漸く運行を再開。その他の線もおしなべて乱れはいましたが、京葉線のキャラの健在っぷりをこれでもかというくらい改めて思い知らされたのです。
果たして、明日の異色?のプライベート湾岸や如何に。
そしてまたもや余計な捜索品が発生し・・・ですが、これについては改めてにでも。
[PR]

by ar-2 | 2012-03-31 20:27 | ベイシティライン・京葉 | Comments(2)
2012年 03月 31日

ルーティーンの朝に見たものは

c0155803_235663.jpg

11年度の千秋楽たる本日3月31日。昨日からの強風で案の定断続的規制で湾岸の路には少なからぬ乱れが発生しています。そんな地下ホームに降りれば9:02発上総一ノ宮行に長い列、しかし沿線某園行の雰囲気は漂わず安定の黒率・・・?
そう、これは限りなくですが本日/明日とメッセで催されるACE(アニメコンテンツエキスポ)目当ての向きなのでしょう。そして姿を見せたのはE233一群中にあって気を吐く209-500のY34編成でした。

そのACEにおける「魔まマ」のノベルティ付き劇場版前売り券は売価約¥4000・・・こちらとしては上映開始日が知れれば程度ですから、この額面ではちょっと・・・ですね(以下、訂正事項につき削除しました)。と、言うからには明日はプライベートな湾岸行を予定しているわけです。おっとり刀?で楽しめればと思っています。

そして京葉線全面抑止のお知らせorz
[PR]

by ar-2 | 2012-03-31 09:21 | ベイシティライン・京葉 | Comments(0)
2012年 03月 30日

本日の・・・

c0155803_23232956.jpg

無事?鉄コレ東急6000のメークアップも了した本日、某氏の呼び掛けの一席に参じるべく秋葉まで出向いてきました。
その某氏は14:00過ぎから徘徊しているとか・・・早すぎですw なので夕刻から一軒目・・・
c0155803_2323411.jpg

後続の二方を加え計四名での二軒目・・・ですが、呑み方を間違えました(汗
そのネタ内容ですが、大いに気になったのは某貸しレの宿泊プラン(!)ですね。チョッと検討してみたいところです。
c0155803_23252634.jpg

秋葉詣の副産物的成果。
何だかんだで入手した弘南6000は、敢えてこどもの国予備とせずこのままでもイイような気がしたりもして。トミーの旧集電銀車輪は手許の他車装備分から借用して試用したところ微妙だったのですが、とりあえず必要両数分を入手。あとはお約束の薄い本・・・といった内容です。何あれ、お疲れ様でした。
[PR]

by ar-2 | 2012-03-30 23:30 | ある日の出来事 | Comments(0)
2012年 03月 30日

何の因果か鉄コレ東急6000のメークアップ(よもやのact.3で了)

c0155803_13543461.jpg

いま手を付けるべきは魔譚の記事編纂か6000メークアップの継続か?
モデリングは気分がノッていないとウンともスンとも言わなくなる事をこれでもかというぐらい経験していますから、やはりここは無難に6000のメークアップを継続させる事とします。ハナシが前後するのですが、偶数車の内の一両のヒューズボックスを1ケ不手際で紛失するというドジを踏み、これの代品でGM東急8500系キットのモノを充当しました。似ているというだけでそのものズバリではないのですが・・・あまり扁平な形状のヒューズボックスパーツって無いんですよね。
c0155803_1425466.jpg

前面の行先はガラス内側から掲示したほうが立体的ではありますが、その表示器の印刷表現がナカナカ良いのでそのままとしました。バランスを揃えるため当然運行灯も外側からの表現としましたが、このあたりはある程度目を瞑ります。その運行灯は表示器を強調するべくワザと余白を残して切り出し。行先については逆に文字が切れないギリギリのラインで切り出します。でないと表示器に収まりません。
c0155803_1492761.jpg

画像がステッカー貼付前ですが、これにて一応の竣工です。元が完成品状態のモデルに色付けを加えただけでヘビーな事は何もしていませんが、それでも「吊るし」の状態から自分なりのイメージに近付けられるという、一つのケースとして捉えていただければとも思います。因みにカトーの中空軸により金属化した車輪ですが、やはり自然落下という事象が発生(台車枠を馴染ませたり対処はしていたのですが)したので、何かしらの対応をせねばなりません。最悪、旧集電の黒染で我慢するか・・・これからの外出でちょっと探してみます。

最後に私から見た6000の補足イメージを一つ。
その東急6000系という電車を知ったのは他ならぬカラーブックスではありますが、それよりもずっと後に医院の待合室だったかで目を通した特撮モノ(ゴ◎ラとか)の絵本の一項の片隅に、何とその6000が描かれていた事が今でも朧気ながら忘れられません。それが国鉄の特急形とか新幹線といったメジャーどころならまだしも何故東急6000だったのか、絵師次第の采配とは言え突拍子もない6000の描画に衝撃を受け、以後の私の中で「怪獣に壊されそうになる電車」というけったいなイメージが、6000に対する一つの印象として植え付けられたのです。
[PR]

by ar-2 | 2012-03-30 14:14 | 鉄道模型(その他の民鉄) | Comments(0)
2012年 03月 30日

何の因果か鉄コレ東急6000のメークアップ(番外録のact.2・5)

c0155803_23364221.jpg

敢えて記事化するような内容でもないのですが、雑言を兼ねてということで・・・。
どういう風の吹き回しか件の鉄コレ東急6000のメークアップが(他作に比べれば)進んでいるように思えます。しかし忘れてはならない?のが「中京魔譚」の続編。1日目記事すら了していない絶望的状況ですが、何にせよ書き出してはいるので時間はかかっても完結はさせる方向です。

一方の鉄コレ東急6000ですが、あれこれ弄っていたら弘南バージョンの二灯シールドビーム車も欲しくなってきました。色を落としてシルバー一色に吹き直し、こどもの国線用予備の最晩年仕様もいいかも知れません。明日は午後から出掛ける予定なので、ちょっと探してみますかね・・・。
その6000の鉄コレのメークアップに際して一応私が目安としている時代考証が、以前の記事でも触れた保育社のカラーブックス「日本の私鉄」刊行の頃。ここではその「昭和56年6月30日現在」である巻末収録の編成表から6000をピックアップしてみましょう。

←大井町

 6001-6002+6201-6302-6301-6202

 6003-6104-6101-6102-6103-6004
 6007-6108-6105-6106-6107-6008

 6005-6006

※偶数車番がP車、パンタはユニットの内側向き

この時点における20両全車が大井町線所属とのことですが、6005-6006の2Rはこどもの国線用予備です。他は6R×3に纏められていますが、2R+4Rと貫通6Rとでバリエーションがあります。特に6200/6300番台は試作に留まった東芝製の直角カルダン駆動とされ台車も他車における東洋製とは異なっていますが、そのビジュアルはパッと見似ていなくもないので、小煩い事を言わなければ模型でも上記バリエーションが愉しめましょう(鉄コレの6000は東洋仕様)。

兎に角、かかる今後の課題は中京魔譚の記事編纂と6000の進捗・・・ルーティーンとの兼ね合いもありますから、結構引っ張ってしまいそうです(汗
[PR]

by ar-2 | 2012-03-30 00:11 | 鉄道模型(その他の民鉄) | Comments(0)
2012年 03月 29日

何の因果か鉄コレ東急6000のメークアップ(まさかのact.2)

c0155803_2353122.jpg

「一日一枚」

漸く4両目ですが・・・まあ、それが実践できれば良いほうです。明日以降とか暫く無理かも・・・。
c0155803_23541525.jpg

「ブーメランアンテナ」

カラーブックスを参考にアンテナ台座は成型色のままで無着色とし、アンテナ本体は屋根色と同じクレオスNo.35でメリハリをつけておきます。
c0155803_2356346.jpg

6000系の両先頭車には東横線基準で言う海側に栓受けがあるのですが、それがグレーの台座?を介して装着されていて地味に目立つ事から再現してみました。モノはGMの東武8000系キットのダミーカプラーパーツを加工し充当、栓受けの数が実車とは異なりますが雰囲気と強度?重視ということで(汗 これだけでも表情が「らしく」なったような気がします。
[PR]

by ar-2 | 2012-03-29 00:00 | 鉄道模型(その他の民鉄) | Comments(0)
2012年 03月 27日

或る公休日(後編)~何の因果か鉄コレ東急6000のメークアップ

c0155803_22471947.jpg

数日前からこれを弄り始めました・・・が、この鉄コレ東急6000、電車市場からの発売アナウンス時には買う気満々であったものの、種々の事情から予算が付けられず代購の打診についても断っていた経緯があるのです。ところが最近になって友人から「いいから持って行け」と体のいい押し売りwを受け、一部相殺による決済ではあったものの一度は蹴ったはずの東急6000が6連で転がり込んできたわけです。まあこのあたりは・・・大人の事情というやつです(汗

その東急6000(今は二代目もあるので厳密には初代ですか)、私は東急沿線での在でもなければ通勤/通学に供した事も無いのでその思い入れの度合いは限りなく怪しいのですが、この時代の私鉄電車は好き、みんな好きです。だから弘南鉄道で実車を目の当たりにした時は本当に感動しました。恐らくその機会はもう二度と無いであろうだけに・・・。

実車については他所でも散々触れられていますが、私見での印象は「東急ステンレスカー史の揺籃期そのもの」であるという事です。5200系と7000系の間における過度的なビジュアルデザインはもとより、高経済車化を目論んだ1台車1モーター・四軸駆動というスペックからして異端的要素を孕んだ個性派とも捉えられますが、6000系で確立された戸袋窓解消、両開き客扉、2両1ユニット、電力回生ブレーキといったスタンダードが以降の東急ステンレスカーで引き継がれて行った事は特筆に値し、そういった点で私は前述の印象を抱くわけです。
c0155803_22473663.jpg

そんなこんなでまさか?の入手となった鉄コレ東急6000ですが、買うだけ買って積むだけという「買い物依存症の典型」みたいなナリにいい加減辟易しつつあるので、お手軽でもそれなりに手を加える事としました。手許の資料として有用なのはカラーブックスの「日本の私鉄8 東急」でして、これを参考にしながらメニューを立てて行きます。まず屋根板は明るめのようなのでクレオスのNo.35明灰白色(三菱系)を吹き付け。無線アンテナ用の孔はガイドが裏面にあるのでそれを頼りに1mmで開けておきます。
c0155803_22474590.jpg

床下機器/台車枠の足回りと、画像にはありませんが積載するGMのウェイトはクレオスNo.33つや消しブラックを吹き落ち着かせます。台車枠とウェイトへは予めプライマーを吹き付け、またそれらを含めた全ての塗装対象パーツは一点ずつ脱脂洗浄を済ませておきます。台車枠裏側の軸受けは塗料による埋没を避けるため、いつも通りにマスキングしておきます。
c0155803_22475647.jpg

車輪は動力ユニットとビジュアルを揃えるべく金属化としますが、要らぬカプラーやショボいウェイトが抱き合わせされたN化パーツを買う気にもならず、かといってトミーのオーソドックスな金属車輪は生憎店頭で品切れ・・・なので手許のジャンクボックスからカトーの中空軸をギッて充当しました。本当はもっとピボットが長いと安定するのですが、もともと集電板を挟む構造ですから無理を承知の上です(汗
c0155803_22482338.jpg

鉄コレの床下機器に考証を求めるのは野暮というものですが、それはそれで直す愉しみ?もあるわけで。C-1000と思しきコンプレッサーは6000系では奇数車に備わっているのですが、鉄コレでは何故か偶数車(P車)に取り付けられているので一部配置替えをします。完全に自己満足ではありますが、それも実車への思い入れありきでしょう。
c0155803_22483258.jpg

そしてトドメの大仕事?がこちら・・・施工すべきかどうか迷ったのですが、結果正解でした。その立体感は想像以上のものです。もとより鈍るほどのウデも持ち合わせていませんが、何というかまだギラギラしたものが自身に残っていたんだなと内省させられた瞬間です。とはいえ3両が連続施工の限界のようで、目が非常にしんどかったです。このあたりは確実に衰えているのでしょうね。
c0155803_22484629.jpg

動力は手許に18M級A(京急1000非冷房のためだったもの)が在庫しているのでこれを充て、先の車輪の件にしろ実車同様エコノミカルに纏めたいところですw 残る3両への墨入れや小物パーツの取り付けは以後の施工となりますが、流石にこればかりは仕掛かり品になる心配をせずに済む・・・はずです(汗
[PR]

by ar-2 | 2012-03-27 22:44 | 鉄道模型(その他の民鉄) | Comments(0)
2012年 03月 27日

或る公休日(前編)~市電全廃40年・特別展「横浜にチンチン電車が走った時代」

c0155803_1613438.jpg

本日は横浜都市発展記念館で催されている特別展「横浜にチンチン電車が走った時代」の観覧に出向いてきました。1月末から開催されているにも関わらずなかなか機会が設けられず先送りしていたのですが、4/1で終了との事ですので夏休みの宿題よろしくギリギリの観覧となったわけです。遠出を別とすれば私の公休日の外出は珍しく、折角なので他の買い物と併せ更には某工作の時間も確保したいという欲目から早めに向かいました。
c0155803_16135546.jpg

開催場所である横浜都市発展記念館の最寄りはみなとみらい線の日本大通り駅とのことですが、関内から歩いてもわけない距離ですので地下鉄で一本。スタジアムの脇を斜めにショートカットしつつ、我が国の帝冠様式建築の代表格とも言えるキングを眺めながら歩みを進めれば程なく到着です。
c0155803_1617899.jpg

みなとみらい線日本大通り駅の3番出口が組み込まれた建物に入れば、エントランス突き当たりでその告知が目に飛び込んできます。ここを右に曲がればグッズショップと入館受付のカウンターがあり、入館料(¥300)を支払って3階の会場へと入ります。会場内は撮影禁止とされていますのでその様子は前記リンクが参考になろうかと思いますが、決して広いとは言えないスペース(ぶっちゃけ想像以上に狭かった)にも関わらず気が付けば1時間をオーバーするほど私は展示に見入っていました。その内容は当然ながら資料展示が主となるも横浜市電保存館でも見られないようなモノが多く、故に私自身が見込んでいた観覧時間を大幅に超過するに至ったわけです。
c0155803_16261310.jpg

平日午前中というのもありましょうが、この時目にした他の観覧者は私よりも遥かに年上のそれこそ市電を実際目にしてきたであろう世代が多く、それが例え郷愁であっても今尚市電への関心の向けられている事実に、如何に市電が横浜の街並みと人々の生活に溶け込んでいたかというのが窺い知れるような気がします。
そんな充実した催事のお土産は本催事の「図録」(右・¥1500)と「方向幕手ぬぐい」(¥500)です。図録はその名の通りで催事における展示資料がほぼ収録されており、横浜市電に関わる資料としても価値のあるものです。
c0155803_16361758.jpg

そして「方向幕手ぬぐい」ですが・・・このセンスは素晴らしい!
実物のカラフルな方向幕が布製であったという点を踏まえ、それを「手ぬぐい」に転化させた発想は脱帽です。勿体無くて使えませんw というかこのまま吊るしてインテリアにもなってしまいそうです。因みにこのカラーパターンですが、赤色は進行方向が北、青色は同じく南、白色は同じく西・・・という意味合いを持たせていたそうです。また図録については何とも言えませんが、手ぬぐいは横浜都市発展記念館のグッズショップのみでの取り扱いとなっています。
c0155803_164961.jpg

戻りは横浜に寄りますので素直にみなとみらい線で。横浜では薄い本や塗料を調達し車輪に悩んだ?挙句に帰宅しました。画像は催事会場外に何となく貼られていた告示ですが・・・驚きました。このまま朽ち果てるのではと思われるほど絶望的な状態であった久良岐公園の1156号修復の手が差し伸べられ、現時点では再塗装はもとよりアクリルながら窓ガラスまで誂えられています。今後の動向が大いに注目されましょう。
[PR]

by ar-2 | 2012-03-27 17:00 | 外出・旅行 | Comments(2)
2012年 03月 26日

中京魔譚(1日目その3・奇絶なるバス~ゆとりーとラインに乗る)

c0155803_2017669.jpg

「1日目その2」に続く「1日目その3」です。

勝川着12:13の城北線119Hから6分のインターバルで中央線の快速2611Mへ乗り継ぐという事前の机上プランも、勝川で撮影に時間を費やしてしまいあっけなく崩壊。とはいえあの距離ではフツーに歩いてももとより6分では間に合わなかったのではと思われ、後にJRの駅?で目にした乗り換え時間の目安は10分となっていました。
プラン修正の手段としては単純に後続で追っかけてもよさそうですが、そうなると次の目的地の予定であった美濃川合までの太多線の連絡が悪くなってしまいます。なのでここは進路修正を兼ねて今朝方の出発時に地元の地下鉄駅ホームで閃いた追加プランを実行。向かう先は大曽根・・・ガイドウェイバスこと「ゆとりーとライン」です。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2012-03-26 22:59 | 外出・旅行 | Comments(2)
2012年 03月 26日

ハセガワ・1/12「学校の机と椅子」を組む

c0155803_13111920.jpg

可動式フィギュアを有していないにも関わらず早漏故に手掛けずにはいられなかったハセガワ・1/12「部室の机と椅子」の製作からほぼひと月を経るも、フィギュア飢餓状態のモチベーションは下がる事を知らずにいよいよ「学校の机と椅子」に手を付けるに及びました。パーツの構成やスナップフィットである点などは「部室の~」と共通であり、その組みやすさ、合いの良さ、シャープさ加減はまさにプラモのハセガワ面目躍如といったところでしょう。
c0155803_13191311.jpg

ランナー構成は大別して脚部と座面/背面/卓面でありそれぞれ成型色でランナーに収まっています。無論そのまま組める気軽さもありますが、やはりプラっぽさが気になってしまいお約束の如く塗装を施します。
c0155803_13222461.jpg

明るめのブラウンで成型された座面/背面/卓面ランナーパーツですが、これに似た色合いのスプレーを店頭で見つける事が出来なかたので別の手段でプラっぽさを解消します。まずペーパーで磨きワザと傷をつけてやります。これにより艶は消えてプラっぽさは薄らぐのですが、逆にキズがオーバーに見えて(ペーパーの目にもよると思いますが)ホコリっぽく映ってしまいます。
c0155803_1330750.jpg

結局、それを改めるために艶消しクリアーを吹き付け・・・最初からそうすればよかっただけですw
画像は左が製品状態のまま、右がペーパー掛け&艶消しクリアー吹き付けの状態ですが、画像ではその差分が明確ではありません(汗 現物を手にすれば瞭然なのですが・・・。
c0155803_13342692.jpg

そんなこんなでパチクミして2組竣工です。前回の「部室の~」同様、脚部パーツについてはランナー状態で塗装を施しましたが、切断面のリタッチ箇所が多くなってしまったのが反省点。パーツの構成や造型上やむを得ない面もありますが、もう少し何とかならなかったのかとも思います。まあアクセサリィとして割り切ってしまえば良いのですけどね。

おまけ:
c0155803_13393166.jpg

※「魔まマ」展名古屋会場にて

4月末発売とかマジ拷問ww
そもそも予約してあるのでモチベーション如何に関わらず入ってくるのですが、こうも待ち焦がれる期間が長かった経験ってあまりありません。さやかは二度の延期で二ヶ月もお預け喰らっているし・・・とはいえそれもあと一ヶ月です。
[PR]

by ar-2 | 2012-03-26 13:51 | 鉄分の無い模型たち | Comments(0)