赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

<   2011年 08月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2011年 08月 31日

「復興居酒屋がんばっぺし」さん

c0155803_10253952.jpg

デスクトップの不具合ですが、思っていた以上に長期覚悟になりそうです(大汗
そのため記事更新に制約が伴い、予定していた某廃線跡記事についても大幅に先送りとなりますが、
記事更新は私にとって「生存確認」の意味合いも有していますので、ケータイからではありますが今後も更新を継続して行きます。

今回は異色?のフードネタ、横浜市内に在する「復興居酒屋 がんばっぺし」さんの紹介です。
その詳細についてはググっていただければ明瞭ですが(←単なる横着)、
月頭に新聞の横浜版に掲載されていたので少し前の事ですが出向いて来た次第です。

品書きは日替わりも多いのですが、当日の一品で出色であったのが画像の「黒潮盛り ハーフ」で、
確か¥900前後であったと思うのですが価格に見合わぬボリュウムがあり満足しました。
ドリンクアイテムも豊富ですので、近郷近在の方は足を運ばれてはいかがでしょう。
年内一杯の限定営業で、場所は横浜西口の岡野町交差点から平沼公園方に進んで程無いところです。
[PR]

by ar-2 | 2011-08-31 12:25 | フード | Comments(4)
2011年 08月 30日

消えた205、消えない205

c0155803_1023252.jpg

京葉線のE233が所要数に達した…と言われています。
画像の554/F54は現時点での最新分割編成であり、続番である555/F55の登場も
期待されていたようですが、201が晩年時において3本で回していた(K1/51は固定編成扱い)事を鑑みれば、
ただでさえ製造費の嵩む分割編成をダブつかせるとは思えず、554/F54がその悼尾となるものと考えられます。

それにしても思うのは、湾岸に205が君臨してからほぼ20年で撤退してしまった事は、他線区への転用を
配慮したとは言え早計では…ということです。このあたりの台所事情は中の人ではないので測りかねるものの、
京葉線よりも投入が早い埼京線や横浜線が未だにオール205であることを考えると、やはり訝らずにはいられないのです。

横浜線については南武線や鶴見線と同様、首都圏にありながら昭和50年代前半になって漸く新性能化された
「冷遇路線」(=外様)のイメージがありますからさほど違和感?は覚えませんが、首都圏の都心を貫く埼京線が
未だにオール205(直通相手の東臨70000は除く)であるのは何とも不可思議に思います。

とはいえ、そんな事を言えるのも今のうちであって、アッと驚くような代替計画があるやも知れませんね。
というわけでケータイ更新2日目…ですが、通常運行を早急に成したいところです。
[PR]

by ar-2 | 2011-08-30 20:26 | ベイシティライン・京葉 | Comments(0)
2011年 08月 29日

イレギュラー

c0155803_12445136.jpg

まずはいきなりですが、デスクトップからの更新が暫く出来なくなるかも知れません。
先日の某廃線跡記事も気合い入れて纏め始めた矢先だったのですが…何とかしたいところです。

また、近親者が昨日から某ライブのために渡道したのですが、
活動休止をその場で知らされ、かなりショックを受けたようです。前向きに捉えてくれればよいのですが…。

本日はケータイからの更新というイレギュラーですが、通常運行化が課題ですね。
あまり考えたくはないのですが…最悪のケースも(汗

いよいよ8月も終わりが迫っています。
季節の変わり目、体調管理には充分留意したいものです。
[PR]

by ar-2 | 2011-08-29 19:33 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(4)
2011年 08月 28日

二番煎じの強み

錦織(にしごおり)で撮影会って・・・何だよそれorz

尤も本日は出勤でしたからもとより無理なハナシではありましたが、こりゃあ9月末の訪近で記録できなかったら泣くに泣けませんな。
となると、残された確実な手段はもはや「二泊」しか無いのでしょうか。昨年のようにおいそれと簡単に訪ねられないので、
期間限定という条件とも相俟って正直焦ります。やられたよ・・・。
[PR]

by ar-2 | 2011-08-28 22:42 | アニメ・フィギュア他 | Comments(0)
2011年 08月 27日

或る夏の日

本日はチャリティーオークション(いい加減しつこいのでリンク省略しましたw)の第一回目の落札番号発表日。結果は・・残念でした。
因みに件の20枚セットは入札(落札)者があったようです。全体としては未入札の品は10品前後でしたので、結構な入札率に思います。
そんなわけ?で、懲りずに第二回目も入札参加・・・どうなるでしょうか。

本日はこれといったネタは無いのですが、近親者(謎 がギター教室に通い、いよいよブツを入手するとか・・・。
まあ噂レベルでは耳にしていたので驚きませんが、本気だったようです。そのブツはテーラー製の某モデルとか。
近いうちにその音が聴けるのか、色んな意味で楽しみです。
[PR]

by ar-2 | 2011-08-27 20:49 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(0)
2011年 08月 26日

チャリティ展示オークション~第二回目

c0155803_20153171.jpg

本日よりこちらの第二回目の展示オークションが始まりました。で・・・その展示場の様子を一目見るや否や、まるで昨日までの「急行」と「ローカル」の展示ゾーンを入換えただけではと思わせましたが、第二回目と謳うだけあって当然のように入札品は入れ替えてありました。まず画像の「20枚セット」(¥100000~)第二弾ですが、前回とは異なり伊東発着のモノとなっているうえ、予備品ではなくある程度の使用感があります(錆よりも赤文字がくすんでいるのがカギ)。

他にもローカルを含めて多々ありましたが、敢えてネタバレはしないでおこうと思います。というか・・・ここまで予備品が多いと「本当に予備品なのか?」とも思えてきますが・・・このあたりの事情を知りたいところです(謎
[PR]

by ar-2 | 2011-08-26 20:21 | ある日の出来事 | Comments(0)
2011年 08月 25日

カオスな8・25

c0155803_18373087.jpg

本日は公休日でしたが、所用があったので外出。そのついでとばかりに件のイベント会場へと足を運びました。公休日にまでわざわざ都内詣するのは余程の事なのですが、というのも某有名(と思う)ブログにおいて件のイベントにおける最低入札価格が「急行用が3000円、普通列車用が1000円」とあり、更には例の20枚セットについては「30万円とか」とあり、入札開始後に価格の変動なぞ有り得ないだろうと思ったのと、入札を兼ねての都内入りとなったのです。で・・・価格については案の定変更はされておらず杞憂に終わり、何だかんだで入札を済ませ東京駅を離れました。
c0155803_18373956.jpg

そして「OFF上京」のついでともいうべきか、事前に精査しておいた23区内の某廃線跡にも立ち寄ってきました。訪問履歴無しで、この画像だけで特定できたらフツーにビョーキですね(笑 いい病院を紹k(ry 赤のラインマーキングは当時の航空写真から凝定したコースですので、正確性は保証できませんが・・・。尚、某廃線跡のレポートは後日にでも纏めたいところです(こう書いたからにはボツは無いと思いますが(汗 )。
c0155803_18431485.jpg

でもってその帰り道は二次を堪能。思えば以前と比べてサブカルチャーにおける「鉄模」と「二次」の割合が同格化しつつありまして、、これは私にとってですが鉄模は「創作」であり二次は「鑑賞」であるという棲み分けのなされた結果・・・と思っています。
c0155803_1857072.jpg

★おまけ・その1
コンデジのまさかの復活記念ということで、これまでに組み上げた8000系グループ編成の上り向き先頭車を集めてみました。奥から、6R、4R非冷房、8R、2R、2Rワンマン、850、となっています。見所?としてはクーラーとベンチレータといった屋上機器類の色遣いや、クーラールーバーへの色挿しに試行錯誤が見られ、自身にとってのその経過の備忘録的なものとなっています。
c0155803_20122724.jpg

★おまけ・その2
特典で貰った「菊地 真」の直筆?サイン。でもこれって、どう見ても「菊地 具」・・・まあ、サインってそういうモノですよね。私の日頃のサイン?もミミズみたいなものですから(汗

※目線と反射は偽造対策です
[PR]

by ar-2 | 2011-08-25 19:07 | ある日の出来事 | Comments(6)
2011年 08月 24日

まさかのコンデジ復活!

3日前の8月21日の出勤前、水槽にコンデジを着水させてしまうというという大失態があり、代替機購入という手痛い出費を
ここ数日覚悟していたのですが、なんと今朝方に何事も無かったかのように復活してしまったのです。

その流れを振り返ってみますと、まず事故発生時にすぐさま引き上げ本体を拭き取り、電源をONにしてみると「ヴ~ン」というイヤな音。後で知ったのですが着水直後の電源ONはタブーだったようで、兎にも角にもバッテリーとSDカードを抜き取り帰宅後様子見としました。果たしてSDカードはというとPCで読み取る事ができ生存を確認。しかしそれが万一にも一過的であった場合を懸念し、当該カードの画像全てを落としておきました。次に本体ですが、事故時には密閉式ではないもののソフトケースに収まった状態であったのが奏功してか、事故の翌日には電源が異音無く入り、画像再生やPCへの取り込みも可能なまでに復旧していました。ただ肝心の撮影モードにおいては各種設定は出来るものの、モニターは真っ黒・・・レンズがやられてしまったのか\アッカリ~ン/状態です(涙
c0155803_16244034.jpg

というわけで昨日の退勤後にヨ◎バシに立ち寄ってパンフを持ち帰り検討を準備したのですが、今朝方にはやはりモニターが真っ黒であったのがその数時間後には何と撮影モードも復旧し、ストロボ等の動作も正常となり完全復活してしまったのです。カメラに限らず精密機械の類は、万一着水しても乾燥すれば復活する事がある・・・とも言われますが、それは確率云々で推し量れるものではないので決してアテにはできず、今回の復活もある意味「偶然」だったのではと思います。とはいえ着水直後の電源ONはアウトではあれど、バッテリーとSDカードを直ぐに抜き取っておいたのはどうやら正解だったようで、また代替機を即日で購入せずに数日間様子を見たのも結果論とはいえツイていたようです。これもひょっとして、持ち前の悪運の強みによるものか・・・何あれホッとしているところです。

さて、これで件の「近江二泊案」も再浮上!なわけですが、1日目における痛電との遭遇可否で後の行程が全然違ってきます。どうするか・・・。
[PR]

by ar-2 | 2011-08-24 16:30 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(2)
2011年 08月 22日

「痛電」ついに始動!&コトデン1300のエトセトラ

ついに降臨したようです。
我が国初の本格的痛電が本日より京阪大津における石山寺~坂本間で運行を開始しました。運行期間は全国ロードショウの12・3よりも先の12月下旬までとされており、期間限定ながらその痛々しさを極めたビジュアルは想像を超越したものであり、市井の「けいおん!」ファンはもとよりレールファンの注目をも集める事となりましょう。とりわけ私のような鉄ヲタ兼けいおん豚、更には鉄道趣味における嗜好の範疇に大津が含まれているとなればこの興奮の度合いはもはや常人には到底理解し得ないほどのものであり、来月下旬に控えた近江行まで正直待てる気がしません(汗

およそこれまでモデルとして世に送り出されてきた「けいおん!」の痛モノは団地やトラックといった「フィクション」で占められていましたが、そこにおいてすらアイテム化されなかった「痛電」が1/1の実車で登場するのですから、世の中何が起きてもおかしくありません。無論ながらディスプレイモデルでも構わないので、ア◎シマあたりが早く膝を叩いて欲しいものです。
c0155803_18591062.jpg

そして今回はその「痛電」とは何の脈絡もありませんが、先日コトデン長尾線向けとして京急から旅立って行った1000形改め1300形1305~1308の模型化の上でのポイントにスポットを充ててみたいと思います。まずはそのベースですが、車番選択式の塗装済キットの発売を待つよりは、クロポブランドの未塗装ボディキットから手掛けるほうが早いような気がします。ただ塗色のうちのグリーンの色合いが何とも絶妙に思え、缶塗りで対応出切るかは限りなくアヤシいところですね。
c0155803_193759.jpg

コンプレッサーは私の浅学故にAR-2から不変とばかり思いこんでいたのですが、実際にはレシプロ式の型へと取替えられています。といってもA-2へと回帰したわけではなく見た目は600(Ⅲ)に装備されているような型でして、駆動電圧がAR-2と同じ直流1500VであるC-2000ではないかと推測されます。また、これについては1300形1301~1304についても同様であるとご教示いただいています。
c0155803_1912176.jpg

2010年6月28日の京急1000(Ⅰ)における最終営業運転を飾った1305~のうち、先頭車のデハ1305とデハ1308は今回幸運にも讃岐入りを果たす事となり、1305は運命の悪戯か番号が不変!という偶然に恵まれ1305のまま、1308は1306へと改番されました。画像はその1305(M1C)の海側抵抗器、昭63~平3年施工の初期更新の配列でして、新造時のレイアウトのままとされています。
c0155803_1919263.jpg

そしてこちらは京急1000(Ⅰ)の最終増備編成(1978年10月入籍)である1243~の先頭車が、これまた幸運な事に讃岐入りとなり車番も1243→1307、1250→1308と改められています。最終増備編成でありながら空き番を埋めるようにナンバリングされたため、先の1305よりも若いナンバーとなっています。そしてこちらの1243(M1C)の海側抵抗器ですが平4~平6施工の後期更新の配列でして、初期更新とは一目瞭然、そのレイアウトに変化が生じています。この辺りは外観上の差に乏しい1000(Ⅰ)新製冷房車を模型化する上で目に付き易いポイントですので、多少の労苦はおしてでも是非に再現してやりたいところでしょう。
c0155803_19323243.jpg

そしてこちらは今回の2編成のうちの1307-1308における超目玉、CU-71F系クーラーです。1000(Ⅰ)末期のクーラーといいますとRPU-11006かCU-71DNが相場ですが、そのどちらでもないCU-71F系クーラーを此度の讃岐入りに際して1307-1308に装備したのはまさに驚愕であり、無論ながらこれは京急時代には実現しなかった事です。このCU-71F系は既に廃車解体されてしまった800形801+802のM2車(デハ8012、デハ8022)の発生品とのことで、比較的経年の浅い?事から再度の奉公に抜擢されたのか、はたまたコトデン側からスクロール式の要望があったのか(だとしたら1305-1306もCU-71F系となるはず?)、確たる理由は得ていませんがそのインパクトのあるビジュアルは模型化の上でも大きなポイントとなることでしょう。
c0155803_2031596.jpg

画像は1305-1306、見切れていますが1306(M2C)の第1台車には軌条塗油装置が設けられています。
c0155803_206309.jpg

こちらは京急時代の記録。結構目立つっちゃ目立つんですが、充当する素材とか強度とか・・・検討の余地はありそうです。以上、青写真を多々あげてみましたがこれらが果たしてどこまデモデル化に際して反映できるか・・・単なるパーツの寄せ集めの組み上げに留まらずいかに「美味しそう」に見せるか。その具現化こそモデラーにとっての本懐というものでしょう。
[PR]

by ar-2 | 2011-08-22 20:21 | 京浜急行 | Comments(2)
2011年 08月 21日

水没のお知らせ

さて、大津の本気が現出目前ですが、ここに来て私事ながら大ピンチの事態となりました。それは・・・


コ    ン    デ    ジ    水    没     o r z


いや~、全ては「一瞬の不注意」ですよね。今朝方の出勤前の寝ぼけ眼であったとはいえ、まさに注意一秒何とやらでありましょうか。結果、バッテリーとメモリーカードは直ぐに抜き取ったお陰か機能に問題はありませんが、カメラ本体はというと電気系は動作しますがレンズが・・・ヤラれてしまったようです。不幸中の幸いといっては何ですが、ディスク等へのバックアップを成していなかったメモリーカードが生存していたのは幸運以上の幸運であり、先日の1305~08を含めた画像の全てを失わずに済んだのです。

しかし・・・来月の近江行を控えていたこの時分の水没のタイミングはもどかしく、ただでさえその後の讃岐行の予算配分もある最中での出費は痛いです。とはいえコンデジについては大分以前から買い替えを検討していたフシもありますから、ある程度割り切って邁進するしかありません。ただ・・・近江行は初日に「痛電」が撮れなければ二泊を視野に入れていたものの、強制的に一泊となりそうです(涙

※修理という発想が無いわけではありませんが、この手の費用は新鋭の廉価モデルの価格と大差無いうえ、当該のモデルに対して機能面やレンズの性能的な面において色々と追いつかない部分のあったのも事実ですから、これを更新機会と捉え買い替えという判断の至りました。予算は・・・もうパンの耳でしょうか(汗
[PR]

by ar-2 | 2011-08-21 22:59 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(0)