赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2010年 12月 31日

さようなら2010

昨年の弊ブログの大晦日記事を読み返しますと、私は終電で帰宅した旨の記録があります。
しかし今年は仕事の進め方というかシステムチェンジもあったので、「遅目」という程度での帰宅となりました。

本年も色々ありましたが、これだけは記させて下さい。
c0155803_23553259.jpg

美しき君よ、永遠(とわ)に。

2010年6月28日、総356両の内の最後の仲間が使命を全うしました。
私からは20年に及ばないものの十数年に亘るラブコールを発し、そして今も尚それは続いている事を留めておきます。

本年も、弊ブログをご覧いただき有難うございました。
来年も数多の方々に幸多からんことを祈念し、ぎっりぎりの2010年を締めくくりたいと思います。多謝。
[PR]

by ar-2 | 2010-12-31 23:59 | ある日の出来事 | Comments(2)
2010年 12月 30日

鉄道コレクション「京浜急行電鉄1000形」を買ってきました

と、まあ結局行ってきたわけですが・・・。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2010-12-30 19:06 | 鉄道模型(京浜急行) | Comments(8)
2010年 12月 29日

前夜・・・しかし

c0155803_23554834.jpg

改めて記すまでもありませんが、鉄コレにおける初の京急モデル発売が明日に迫りました。販売箇所の京急百貨店のサイトにおける
商品画像の限りでは、いわゆる1001~1068の「背中合わせ」グループがそのタイプという解釈が市井ではなされています。
このグループはパンタ付きのM1車が中間のみという特異なもので、前面二枚窓で落成した1001~1048と、
貫通型で落成した内の1049~1068において(いずれも4連=4M)採用されました。

この2グループにおける各々の前面貫通化改造後は表面上の差異が無いようにも思えますが、それが実はあるところが1000形(Ⅰ)の
奥深いところでして、前者の1001~1048は前面のアンチクライマ最下段が半分の長さでしかなく、後者は冷房化改造後に
連結妻の縦樋が露出している(21世紀まで残存した昭36・37製グループの生き残り1071-1072もこのスタイルでした)
というポイントがあり、その点を含めて鉄コレのそれがどのような姿態で製品化されるのか興味深いところです。

私は以前にも記しましたように仕事柄故に平時から休日が一定せず、殊更年末年始に跨る長期休暇なぞお呼びの境遇には無く、
今期もお約束通り?大晦日(12/31)から三が日(1/1~3)は全日とも出勤の予定です。そして明日30日は本年最後の公休、
前記の鉄コレ購入に適った絶好の機会ということでかねてより臨戦の意気満々でした・・・が。

酔ったアタマで冷静?に考えてみると、アンチクライマの云々とか造形を別にすればGMキットからでも仕立てられそうなアイテムに、
早朝からの寒冷陽気にさらされてまでそのエネルギーを傾注すること、もっというと連日の激務の疲れが拭われずに良いのかという
嫌疑もあり、明日は「起きれた時刻」からの出撃に改めて無理をせず鉄道模型フェアを楽しもうと思います。
鉄コレについては運がよければ・・・程度としましょうか。それ以上に重要なアイテムもありますからね・・・。
[PR]

by ar-2 | 2010-12-29 23:59 | 鉄道模型(京浜急行) | Comments(0)
2010年 12月 28日

2次が3次になる・・・そして1次(謎

c0155803_1281065.jpg

判る人には判るらしいですが・・・その「一角」がとうとう成就するらしいです。

そしてその「伴侶」として別の「10両」アイテムも展開されるとか。
が、私の手許の資料の限りでは「10両」時代は既成アイテムで賄えてしまうという・・・。いやしかし、「荷」に期待できるか?
ネタは公となっているので敢えてコソコソするまでもないのですが、一応お約束ということで(笑 で、その資料を以下に記しますと

★1972・3・15改正 301レ 302レ
←上野                                               直江津→
   郵便車 荷物車 オロネ10 スハネ16 スハネ16 ナハ ナハ ナハ ナハ ナハフ

★1978・10・2改正 301レ 2322~302レ
←上野                                             直江津→
   郵便車 オハネフ13 オロネ10 オハネフ13 ナハ ナハ ナハ ナハ ナハフ
(※郵便車は上りの長野→上野間のみ連結 上りは直江津→長野間普通列車)

となります。つまり荷物車を連結していた頃が10両となるわけで・・・。個人的にはオハネフ13を期待して色めき立ったのですが(汗
かつて有井の「九州観光号」のナハネフ11からオハネフ13を苦心して仕立てたのも思い出ですが、果たしてどのような布陣となるか
大いに興味の持たれるところです。
[PR]

by ar-2 | 2010-12-28 01:40 | 鉄道模型(総合) | Comments(2)
2010年 12月 24日

心はともかく懐は(ry

世はクリスマスイヴです。しかも金曜日、下手すりゃ給与日ってことで方々は潤っている様子。

そんな本日はまず出勤前に東京駅の栄◎堂に立ち寄り。
「年鑑バスラマ」では来年中の引退が決まった関東バスの3扉車に因み、1960~70年代の同社の3扉車特集を掲載。
一見同じに見えるスタイルでも仔細に分類し、各々の公式側を中心とした貴重な記録が散りばめられさすがといったところ。
更にはバスコレ第15弾シクレアイテムの「北村3扉」の実車も当然のように掲載!見所満載です。
c0155803_2329667.jpg

とか言いながらも実際購入したのはこちら。
カタログを思わせるような厚みの体裁、それは誌面内容の充実ぶりが表れたものといえましょうか。記事中でも断っているように焼き直し的な
内容もありますが、それでも加筆・追録されたデータの多さは特筆に値し、実車・模型を問わず東武ファンに絶対的に勧められる一冊でしょう。
c0155803_23331254.jpg

そして遅めの退勤後、5Eが好き、関東が好き、3扉が好き・・・。だからこその満を持しての1台がようやく出回りました。
こういう時、量販店舗は遅くまでオープンしていて有り難いです。因みにに某掲示板にもあったように道北のほうが生産数の違いからか
実際に店頭のタマが少ないようでしたが、それはそれで関東がマッタリと入手できてこの上無いことですね。
私はこのタイプ、いわゆるリベットを有す初期3扉は実見したことがありませんが、その戸袋窓のHゴムの細っさが実によく再現されていて、
かつての地元で目にしていた江ノ電の5E初期リベット車を想起させる仕上がりに感嘆するものです。

他にまぁ・・・コミック数冊ですがそれは置いておいて(謎 兎に角年末のファーストステージは突破しました。
残るセカンドステージまでに、これらのアイテムで燃料満タンにしたいところです!
[PR]

by ar-2 | 2010-12-24 23:42 | 買い物 | Comments(2)
2010年 12月 23日

PLAY BACK~あのとき何処で(2000・12・23)

年末のネタ欠乏に窮したしたというわけではないのですが(汗 某商業誌よろしく過去年における同日の記録を、自らのアルバムから抽出して気が向いた時に不定期で展開していきたいと思います。かつて私自身が現役であった頃はネガ入れの紙ケースにコマ毎の撮影地や、その他概要を細かく記したメモ紙を添付するという「マメさ」があり、それは今からすれば到底信じ難いものの、故に過去の記録における情報が割合保全されているという実態があります。勿論、その記録全てがプリントされているとも限りませんし、全ての日付において必ずしも記録のあるということはありませんから、前述の通り不定期ながら展開できればと思います。そんな第1回目は・・・

本日は12月23日です・・・
[PR]

by ar-2 | 2010-12-23 22:31 | 記憶のレール(総合) | Comments(2)
2010年 12月 23日

キター!!のか?

http://www.keikyu-depart.com/calendar/06.html

下へ。

その「伝説」が破られようとしています。冷改の決定版になりうるか?画像の限りでは明らかに先・中!
[PR]

by ar-2 | 2010-12-23 07:09 | 鉄道模型(京浜急行) | Comments(0)
2010年 12月 21日

ブログを通じて振り返る2010年

本年もあと残すところ10日ばかり。一年が始まったかと思えば一年が終わる・・・人間年齢だけは平等に重ねるものとはいえ、
これまでの消化不良を来年に良い方向へ色んな意味で反映できるのか、期待と不安との混沌たる所感でイッパイです。
そんな2010(平成22)年ですが、今回は弊ブログにおける記事を軸に、ダイジェスト形式で主な出来事をピックアプして行きます。

としのせ!!
[PR]

by ar-2 | 2010-12-21 00:24 | インテリジェント | Comments(2)
2010年 12月 19日

思い出したような工作

ここ数日の動静です。

こうだん!
[PR]

by ar-2 | 2010-12-19 23:10 | 鉄道模型(ジオラマ) | Comments(2)
2010年 12月 19日

朱に交われば

某氏も「けいおん!」に憑かれたようです。先日のバスコレ授受の場における会話で、当の本人曰く

「アニメを見て面白いと思ったので、(今度のさいたまスーパーアリーナの)ライブに連れてけって(けいおん厨の)知り合いに言いました。
あ、でも自分はフィギュア集めたりとか豊郷に行ったりとかはしてないんで(ry 」

という内容だったのですが、以前から私が入れ込んでいる事を知っている筈の対外者、それも「まさか」と思うような人物が憑かれた事に
驚きを禁じ得ません。ライブ観覧を希望しながらドライ嗜好を主張する「にわか振り」がどうにもこうにも怪しいですが、
その来年2月20のライブ観覧権は抽選によるものとされています。つまり万人にチャンスがあると。

で、私はというと前回の横浜アリーナでも動かなかったのですが、平たく言えば声優しか出演しないライブは所詮「動員」に過ぎず、
考え方の古い私はこういった流れがどうにも解せないのです。確かに「けいおん!」の楽曲が披露される事は魅力ではありますが、
往復800キロという労をおしてまで赴いた「とよさとアニソンライブ2010」のそれと比べれば興味を大いに浅くしています。

出演バンドとか楽曲とかじゃない、「けいおん!」のライブは豊郷でやってこそ意義がある!という偏執狂の主である私にとって、
この手のライブは遠い遠い存在のようです。いっそ、2月20日は豊郷に・・・な~んてね(笑
[PR]

by ar-2 | 2010-12-19 00:47 | アニメ・フィギュア他 | Comments(2)