赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 09月 ( 33 )   > この月の画像一覧


2010年 09月 30日

9月30日

1997(平成9)年・・・横軽廃止

2001(平成13)年・・・名鉄揖斐・谷汲線、黒野以遠廃止

どちらも最終日の現地に居合わせました。
前者は言わずもがなですが、後者はモ700・750やク2320に大いに惹かれ、通い始めた矢先の廃止告知。
黒野から乗ったモ750の運転席背面の仕切り板に掲げられた衝撃の告知を、忘れることは出来ません。
それも地元の同意無しに線路を剥がせるという「悪制」によるものですから、なお悲しきこと・・・。

そして2010(平成22)年は?
[PR]

by ar-2 | 2010-09-30 23:57 | ある日の出来事
2010年 09月 29日

絶、26話・・・そして映画化へ

ブルーレイを買えってことですか?えぇ!

しかしBパート後半の演出、最高でした!豊郷小学校旧校舎群もまた美しく・・・。

おまけの鉄分
[PR]

by ar-2 | 2010-09-29 23:10 | アニメ・フィギュア他
2010年 09月 29日

最後の切り札

あるとしたら年末ライブ告知か・・・いや、もしかしたらあるかも知れないと、アタマの隅にはありましたが。

ま さ か 現 実 に な る と は



映画館なんて「JFK」以来・・・むしろそのほうが事件です(汗
[PR]

by ar-2 | 2010-09-29 05:26 | アニメ・フィギュア他
2010年 09月 28日

あの講堂へ

http://bushitsu.blog47.fc2.com/blog-entry-551.html

まずはコチラ。実は10月の三度目の豊郷行はこれ目当てだったりもします。往復葉書による抽選制ゆえ必ずしもライブ観覧が叶う保証は無いのですが、
もし外れたとしても校舎と酬徳記念館は定例で見ておこうと思っていたのです。

と こ ろ が

募集開始から数日経ってメールでの申し込みも可能となり、更に数日後「申し込みさえすれば入れます」となり、更に更に当初は9/27必着であったのが
「観覧希望申し込みを1週間延長」て(汗 要は定員割れ起しているんですね・・・それなりの。催行側からすれば満員御礼が理想でしょうが、
マッタリであればそれに越した事は無いという「観る側」の勝手な希望的観測もあったりなかったり・・・。

このイベント実は昨年の9月にもなされていて、その折は「けいおんライブ」というタイトルでしたが今回は「アニソンライブ」となっているのがまず一つ。
とはいえ、昨年が「けいおん」の曲限定だったかというとそんなことはなく、~アマチュアバンド4組による~というフレコミも全く一緒。
他に目に見えない違いとして昨年は某コミュニティ主催で、今回は商工会主催というのがありますが、それが(定員割れの)理由とは考え難いです。、
そもそもイベント内容からして、声優やキャラにしか興味の無い層からの動員が薄いのかと思えば、昨年は結構な盛況振りだったようです。

で、どうもこれは当日(10/9)に東の聖地・鷲宮でのイベント(萌フェス)と四国徳島でのイベント(マチ★アソビ)が被っていることが大きく作用
しているという見方があり、生粋のアニメ・コミックファンの「兼業」の難しさ?を実感することとなったのです。つまり「けいおん」の専業ファンというのは
実は少数派ではないかと言うことで、鉄道趣味でも「特定事業者しか興味が無く、その事業者以外は乗らない・撮らない・気にしない」というファンが
果たしてどれだけいるかということを考えれば、何となく理解いただけるのではないでしょうか。

では何故私は豊郷の行くのかって?それは他に選択肢が無いからです(笑 というか、尤もな理由としてはあの講堂でのライブが観たいから
という一点に尽きます。キャラとか曲目云々とかではなく、二次元から三次元へと転化した空間の「ライブの空気」を感じ取りたいのです。
とりあえずそんな流れですから今のところはライブ観覧が叶いそうな雰囲気ですので、とりあえずその構え?で行きましょう。

おまけの鉄分
[PR]

by ar-2 | 2010-09-28 22:11 | アニメ・フィギュア他
2010年 09月 28日

京葉線に「お召列車」走る!

それはいつもの退勤時(9/27)でした。
折からの降雨の曇天と日没間近な頃合に染まり行く◎浜駅から、17:21発の各駅停車東京行のE233先頭車に乗り込みます。
空席に落ち着き朝方に購入したコミックに目を通すこと暫し、隣駅の葛西臨海公園に到着。ここで通過列車待ち合わがある旨と発車は「17:30」と放送。
実はこの時「おや」と思ったのですよ、ええ。平時でしたら葛西での通過待ちはせいぜい3~4分ですが、それが時計と照合すると実に
5分の待ちだったのです。とはいえありがちな「空スジ」の類だろうと判断、直ぐにE257の特急が通過した後は開通をジッと待ちました。

そのうち、私の背中のホーム側で「バシャバシャ」と人の走る音が複数しました。いまや京葉線では珍しくもない撮り鉄の類かとスルーしましたが、
それから程なく通過した2本目の上り列車を何となく見やれば、漆黒の外観と室内の電球色に全身の毛穴は瞬時にそそけ立ち、以前耳にした
「房総お召」を直感したのです。そうか、今日だったのか!うわぁぁぁ(以下自主規制
その列車通過後に慌てふためいてホームを見やれば、OKサインを出し合う背広姿の公◎。先程の音のヌシはこれだったか。
とはいえ、昔に比べれば目つきが軟らかくなったような・・・のは気のせいでしょうか。彼らはE233の上りに乗り込み後部へと歩いて行きました。

となると、行き止まりの京葉地下ホームでE655の晴れ姿が見れるかと期待し、果たして私の乗車した各駅停車は本日に限り4番線着とアナウンス。
お約束の着線変更にボルテージは上がり、2線隔てた京葉地下1番線にE655は見えます。ちょうどホームから上がったコンコースでは、
更に上を目指すエスカレータにおびただしい数の◎安が連なって行く場面に遭遇、間髪を要れず1番に下りれば・・・居ました!
c0155803_23414886.jpg

とりあえず、こんな日にコンデジ不携行の身をまず存分に呪いたいです(涙
そして私のケータイですが旧形でして画像添付というか投稿自体がままならない致命的環境故、画像の通りのショボさはご容赦ください。
既に菊座はカバーに覆われ、ダブル日章旗も畳まれん刹那ですが、生涯5度目とは言え「ライブお召」は本当に興奮します。

その5回の内訳ですが、高校の放課後に直行したクロ157witu185系(山貨)、ロクイチ初の平成お召(両毛)、DD51 842の大船渡お召、
ロクイチ最後のお召となった逗子お召、そして今回の房総お召というわけです。E655初のお召(常磐線)は体調不良を来たして目にすることは
叶いませんでしたが、今回の残した画像は拙いものの退勤時に目に出来たという「望外」のシチュエーションからも、その雪辱をは果たされたと
私は勝手?に思いたいです。いやしかし運が良かった!「お召列車」に追い越されるというのもまず得がたい体験だったと思います。

c0155803_23592294.jpg

おまけ:

帰宅したら届いていました。第2弾の記念券です。
しかし最終4巻発売日というタイミングだなんて(涙
[PR]

by ar-2 | 2010-09-28 00:00 | ある日の出来事
2010年 09月 27日

大団円、そして

c0155803_22525875.jpg

「君はまた、新しいストーリーを描けばいい・・・」

永かったようで振り返ればあっけなかったその「時間」。
いよいよ水曜日未明の放送を以てグランドフィナーレを迎える「けいおん!!」。原作であるコミック最終4巻がようやく本日公式発売日を迎え、
出勤途上の某書店で買い求めてきました。驚いたのは会計時にカバー装丁を申し出たところ、既に装丁済みのモノが出てきたということで、
店側もそれなりに売れるという目算があるのか、特設ブースが無いにも関わらずその扱いには大変な新鮮味を覚えた次第です。

作者の「あとがき」は・・・まぁ、市井では既出なところもありますが、そう大袈裟ではなくむしろ作者の率直な心境が滲み出ていて、
私のような誇大表現のカタマリとは対照的に「清清しさ」を覚えるくらいです。原作にもアニメーションにもそれぞれに秀でる場面は幾らでもあり、
更にはそれらの対比や仔細な観察といった愉しみの可能性も併せれば、「大団円を迎えど千秋楽に至らず」という最大限度にひねくれた解釈も
およそまかり通る?のではないかと思います。「けいおん!!」への傾倒が5年後10年後も保持できている保障はどこにもありませんが、
私にとって間違いなく後生において「記憶に残る」カルチャーであったと言い切れます。

4巻を最後まで読み切れない・・・嗚呼。
[PR]

by ar-2 | 2010-09-27 23:11 | アニメ・フィギュア他
2010年 09月 26日

読書の秋(違

c0155803_22242143.jpg

出勤途上に立ち寄った書店で、ついぞフラリと購入してしまいました。お人形さんには興味が無い・・・おっと、「金沢あるみ」が居ましたっけ(汗
というか、三次キャラを二次にするとどういったストーリーになるのか(逆パターンは無数にある)という点で興味を抱いたというのが
購入の本質的動機であった・・・と信じたいです(マテ その内容は、まあベタと言えばベタですが「雑」さは無く、これはこれで楽しめました。

そして何が一番の問題?なのかというと、巻中で採り上げられた事業者が銚子、三陸、広電・・・ってどれも私がご無沙汰な所ばかり!
c0155803_22255092.jpg

銚子はこの時以来行ってません。つまり赤黒の時代を知らないのですよ、ええ。吊り掛け駆動の旧形車もつい先日引退したようですから、
お別れフィーバーも終息してゆっくり堪能する機会が巡ってきたのかも知れません。ただ、現地までの便が悪すぎ。銚子電鉄に罪はありませんが・・・。

三陸には二度ばかり乗車していて、最新の記録は岩手県交通のバスを撮りに行った折の釜石~陸前赤碕間。
陸前赤崎の駅が築堤上にあって、そこから岩手開発鉄道の赤碕駅を見ながら岩手県交通の大船渡営業所まで歩いたことはよく覚えていますが、
肝心の三陸車中の記憶が「ゼロ」です。確実に移動手段として割り切っていた証でしょうか・・・ああ、何たること。
c0155803_2232195.jpg

そして広電。ここも最新の記録はバス絡みですが、それ以前の訪問時(10数年前)には画像の如く生意気にもリバーサル、即ちポジフィルム
(スライド用フィルム)を用いていました。ラチュードが狭く露出にシビアなポジフィルムは腕を上げるには格好のアイテムでしたが、
私のそれが果たして上がったかどうかは定かではありません(汗 それと、ネガフィルムと比べてポジフィルムはプリントの単価が3倍以上もし、
その現像の仕様自体もマウントなぞ消費本数からして到底有り得ず、スリーブ一辺倒にならざるを得ない等コストの壁は極めて厚く、
最終的にはネガフィルムの汎用度の高さには敵わず回帰していったのです。故、この時期のプリントは例外を除いた他は皆無に等しいくらいで、
記録性という観点では完全に本末転倒となってしまったのです。てか右のコマ、完全に露出不足ですが・・・(涙

何あれ、また1冊のコミックが旅愁を強烈に抱かせてくれました。広島・・・これは今行ったらアツくなりそうだ!と思うも、来月には豊郷再訪
そして再来月には別口の・・・が控えていますから、暫く夢を見させてもらいましょう。しかし銚子なら十分日帰り圏内・・・果たして?
[PR]

by ar-2 | 2010-09-26 22:47 | 買い物
2010年 09月 24日

日本の秋、嵐電の秋

ほんの少し前まで「猛暑」だとか「猛暑」だとか「猛sy(ry
それが昨日から急変し、おしなべて10℃以上気温が下がるといった極端な展開となり、特に昨日は無防備な半袖姿で震えた方も多いことでしょう。
本日も朝からどんよりで時折パラつき、更には退勤時には長袖でも思わず寒さを感じるほどに・・・いよいよ今年も終盤に差し掛かりましたね。

でもって先日に衝動買いした東武8000の中間車。これはある意図あっての購入だったのですが、この事を某氏に話したところ何と
私の買い方が「間違っている」のが見事発覚(泣 しかしこれの回避策も浮上したの、でそれに関わるパーツを捜すべく本日退勤後に
逆方向の街に向かいましたが不発でした。地元では既にその回避策も視野に入れて捜索済でしたがもちろんアウト。6Rに・・・できません(涙
c0155803_23385519.jpg

とか言いながらも久し振りの逆方向の街なので、冷やかすべきお店はしっかり冷やかして巡りますが、3Fの某中古店のウインドウには
嵐電モボ101の姿が!見せて貰うとワイパーやインレタ、ステッカーの類fが手付かずながらも遠方地のモデル故かお値打ちの売価・・・。
で、画像の通りとなったわけです。左端のモボ621は既保有車ですが、こうして並べてみると俄然生き生きしてきますね。

モボ101は以前から欲しかったのですが、こちら(関東)では動力ばかり目にする反面、先日の大阪日本橋ではトレーラーを見つけたのですが、
旅行中ということもあり搬送の不安や道中での予算云々で購入には至りませんでしたから、今回のペアでの遭遇は実にラッキー。
あとは走行・・・ですが、621にまだワイパーすら付けていませんでした(汗
[PR]

by ar-2 | 2010-09-24 23:50 | 買い物
2010年 09月 24日

久し振りのお湿り

本日(というか昨日)は朝から安定しない陽気でしたが、先日竣工した東武8000系2Rの試運転ということで大井町のイモンさんに出かけてきました。
余談ながら昨日のアクセス数・・・過去最高の「大台」でした。何処かにまさか貼られてしまったのでしょうか(汗

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2010-09-24 00:56 | 外出・旅行
2010年 09月 22日

記憶と記録の中の駅舎たち

c0155803_21345970.jpg

先日のある一件から四国は讃岐の琴電が気になって仕様がありません。
そこで十数年前に訪問した折のアルバムを漁ってみましたところ、志度線の琴電屋島駅駅舎のプリントが出てきました。琴電髄一ともいうべきクラシカルな外観が有名で現存もしているようですが、往来する電車は撮影時とはすっかり変わったようです。築年は判然としませんが、開業時の別場所から現在地に駅が設けられたのが1929(昭和4)年とのことですから恐らくその時期ではないかと。そこで?今回はこの琴電屋島を始めとして、少ないながらもこれまでの旅先で目にし撮り溜めてきた駅舎の画像を振り返ってみたいと思います。

お好みの駅舎は?
[PR]

by ar-2 | 2010-09-22 22:59 | 建築物・建造物