<   2010年 03月 ( 21 )   > この月の画像一覧


2010年 03月 31日

EF15&EF16、そしてカプラー

c0155803_1826684.jpg

先日、相次いで入線したカトーのEF15と16。特に手を加える必要の無いくらい素晴らしい出来の完成品ですが、
ナンバーを装着しないことには見栄えがしません。今回はそのナンバー取り付けを行いました。
カトーのナンバーというと凹みにプレートを接着して・・・という概念であったのですが、オフセットされた「ほぞ」と「ほぞ穴」という本製品の様式に、
浦島太郎の私はその古びれた既成概念を塗り替えねばならないようです。念のためにセオリー通り微量のゴム系を塗布して嵌め込みましたが、
実際は接着剤に必要も無いくらいのジャストフィットな上に、プレートのランナーからの切断位置も工夫がされています。
c0155803_18325550.jpg

カトーの現行の機関車製品をロクに購入していないのがバレバレな所感を抱きつつ、EF15は96号機、EF16は21号機とし、
手持ちのゴハチの上越形(ノーマル)と並べてみました。国境の役者も揃い雰囲気満点。走行の機会が待ち遠しいです。
c0155803_1837317.jpg

そんなこんなでニヤニヤしながら、15と16を連結させてみました。しかし・・・そう、これは「模型」、あくまでも「模型」・・・ですよね・・・。
スノープロウとの干渉を避けるべく、カプラーの柄が長いものになっています。う~ん、でもこの開き具合は何とかならないものか・・・。
「原則アーノルト」の私でも重連前提のEF16とのカップリングはカッコヨクさせたいので、そこで私にとっては禁じ手とも言える
カプラー交換を片エンドずつに実行することとしました。交換カプラーは製品附属の「KATOナックルカプラー」です。
c0155803_1844692.jpg

交換作業中にカプラー押さえを弾き飛ばす(無事発見)など己の不器用さを痛感しながらも作業終了。
その成果は・・・瞭然ですね。機能保持と外観向上の両立が見事になされているといったところでしょう。
とは言いつつも私が前述の通り「原則アーノルト」に拘るのは、固定編成の電車ならまだしも、客貨車においてカプラーをいたずらに交換すると
互換性が保てなくなってしまう懸念があるのと、自慢できるほどではないものの「それなりに」保有する車両群への交換カプラーのコストと手間を
疎んじているからです。しかし、今回の15と16のように限定的な組成であればカプラー交換も有用であると感じたのも事実です。

昨今は複数のメーカーから複数種のカプラーが展開されていて、固定編成の電車のみならず気動車や客車群にまでそれが及んできました。
例えば10系「能登」はスニ41以外は既成の車種構成ですが、中間連結部のカプラーは台車マウントの「カトーカプラーNJP B」となっていて
そのままでは単品売りのアーノルトの車種と混成出来ませんし、スニ41についても同様のことが言えます。
カプラーポケットがあればアーノルトへの交換も可ですが、台車マウントとなってしまってはどうすることも出来ません。
尤も、端から「能登」というある意味固定編成での商品展開ですから、そもそもそこまで配慮する必要が無いと言ってしまえばそれまでなのですが・・・。
c0155803_21425464.jpg

最終的にはメーカーの裁量によって標準装備がアーノルトであるか否か判れるところですが、やはりかつてのようにメーカーを問わず
どんな車輛とでも連結できた時代が懐かしく思えます。今回は「外観向上」という、以前の私からすれば思ってもみない理由での
カプラー交換でしたが、今後の時代の流れの中で「異形のカプラー」と上手く付き合って行かねばと、思いを新たにする機会となりました。

※ゴハチのカプラーは勢いでカトーカプラー化したものです
[PR]

by ar-2 | 2010-03-31 20:25 | 鉄道模型(電気機関車) | Comments(2)
2010年 03月 29日

箸休め

色々と記事ネタが溜まっている最中ではありますが、今回は先日のEF15捜索の帰途に日頃は乗車しないバスで・・・と思い、
4月18日の新バスセンターへの移転も間近い戸塚バスセンターに向かいました。そこで目にしたのが↓のクルマです・・・・が
c0155803_2231827.jpg

( ゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ

(;゚д゚)

(つд⊂)ゴシゴシ
 _, ._
(;゚ Д゚) …?!

う~ん、これって造り手としては「共通化」が図れますし、乗客の立場からすればアタマを天井にぶつけるリスクはグッと減りますよね。
なかなか相思相愛?のデザインというのも稀なのでしょうけど、趣味的視点で勝手放題言わせてもらえば正直「ダサすぎ」ですorz

それより何より、この造形を目にして瞬間的に「松本電鉄浅間線のホデハ」を連想してしまった私はビョーキでしょうか(笑
よく似てますよね、イメージが。
[PR]

by ar-2 | 2010-03-29 22:13 | バス(BUS) | Comments(6)
2010年 03月 28日

EF15!

c0155803_1822927.jpg

やってしまった・・・いや、決してメーカの策にハマったとは思っていません。補機があるのなら本務機もあって当然なのです(汗

本日は西武のE31さよならイベント、東武東上線のファミリーフェスタと「東西」でイベントが重なるという稀な日でした。
私も事前段階では迷っていたのですが、折角の休日なので朝寝坊を優先・・・どちらにも足を運びませんでした。
一方、地元に目を向ければ恒例の「桜と京急」を撮影したいところですが、開花しこそすれ冬に戻ったような陽気のお陰で満開までは足踏み状態。

そんなわけで本日はそのEF15を探しに心当たりの模型店を巡ってきました。結局4軒目にしてようやく発見!
バス利用を伴ってまでというあたり、ヤ◎オクの割引価格新品を送料・手数料加算で購入した方が安上がりだった気もしなくはないですが、
足を運んで自分の手で購入し、ドキドキしながら家まで持ち帰るってのがまたイイのですよ。もう定価とかそんなの関係ないんです。

出来は先日発売のEF16同様カッチリしたもの。砂箱の数もちゃんと15と16で違えているあたり、クオリティに煩い時代故とはいえさすがカトー。
四半世紀以上前の西武E851形旧製品からして、足回りを専用に用意するという「密かな拘り」は相変わらず健在なようです。
先のEF16同様何台でも欲しくなりますが、こうなると鉄コレの70系新潟色も・・・って、これは何かのフラグでしょうか(謎
[PR]

by ar-2 | 2010-03-28 22:20 | 買い物 | Comments(0)
2010年 03月 28日

名残りの春を行く「四社直通」DC列車(前編・邂逅のキハ8500)

c0155803_1559514.jpg

大分前のある席で「(会津の)キハ8500がそろそろらしいね・・・」などと話しているウチに、何だかんだでハナシが纏まって日帰り行が決まりました。そのプラン練成においては、東武の100系「スペーシア」も以前から度々去就が話題となることもあって行程に組み入れることとなり、東武線から野岩、会津を経てJRで戻ってくるオーソドックスなプランが組みあがりました。

このコースですと未乗の東武鬼怒川線鬼怒川公園~新藤原間のみならず、野岩鉄道と会津鉄道の全線が踏破できてしまうというもの。事前に東武の株乗(約¥800)もチケットショップで購入し準備万端、あとは当日を待つのみとなり迎えたるは3月23日・・・。

懐かしいキハ8500の姿を求めて・・・
[PR]

by ar-2 | 2010-03-28 17:20 | 外出・旅行 | Comments(0)
2010年 03月 25日

近況ダイジェスト

c0155803_21142548.jpg

先の「架線障害」を含めた道中の記事については、後々纏まった時間のある折にupしたいと思います(ズルズル行きそうな気もしますが…)。
「多忙」とか言いながら寄るべきところはちゃっかり寄っていたりもします。カトーのEF16、昨日の発売日に購入しました。

・栗色の郷愁・・・それは国境の番人
兄弟製品のEF15は何だかんだで買いそびれたのですが(それでも捜せば普通に売っているらしい?)、今回は発売日をシッカリと見極め
満を持しての入手です。出来はカトーらしいカチッとしたもので、それぐらいしか表現方が思い浮かばないくらい秀逸なものです。
それにしても先の有井のEF56他といい、このところ旧形電関ファンは(私を含めて)嬉しい悲鳴を上げているのではないでしょうか。
c0155803_21143485.jpg

購入店舗の動作チェックの際、ケースから出したる車両に見えたのは画像のホルダー状のモノ。これはケース内で車輪が遊ばないようにか、
はたまた車輪がスポンジに触れ食い込まないようにか…の何れかどうか判りませんが、何にせよ品質保持への心遣いが感じられ好ましいです。
製品では屋上の通風器がグロベンであるのがデフォですが、何と付け替え用のガラベンパーツも附属していまして、
ナンバーによる形態差を楽しむことが出来るようになっています。これは何でしょう・・・

 も  う  1  台  買  え  っ  て  こ  と  で  す  か  ? (笑

ちなみにEF16のグロベン仕様は5台のみ実在したとかで、どちらかというと少数派だったようです。
こうなってくるといよいよ相棒のEF15も欲しくなり、ガラベンのEF16も増備したくなります。
手持ちのゴハチの上越形(ノーマル)とのカップリングも早く試したいですね。10系寝台でオーソドックスに「能登」か、
12系を連ねた「スキー臨」か、はたまた14系寝台を何とか揃えて「北陸」にしましょうか・・・。EF16、色々遊べます!
c0155803_2145538.jpg

・久し振りの「そらおと」
そういえば第8巻が明日(26日)発売だったような~と思い出し、前日なのに何故か書店に立ち寄ればもう並んでいました。
それより驚いたのが2期決定!私にとっては「けいおん!」に続くサプライズです。どのような描写になるか楽しみです。
c0155803_21491857.jpg

・甦りし「P形の血統」 (※画像は大幅にトリミングしてあります)
先日の架線障害、これは東武100系乗車による会津行の帰途の出来事でしたが、その遭難前の道中の郡山において、
今話題のEF510形500番台の試運転列車(with12系客車)と遭遇!勿論事前のリークもサーチも無い完全な偶然です。
元来貨物機であるEF510形、これまで特段の興味を持たずに接してきましたがこの500番台はカッコイイ!
どちらかというと日本離れしたスタイルながらも、ブルトレで御馴染みのパターンをベースとしたカラーリングの出で立ちがよく似合っています。
カシオペア塗装のデビューもアナウンスされていますが、こちらのイメージイラストから受ける印象もまたグッドですね。

そして注目すべきはその形式付番、「500」が果たして「ショウ」なのか「ロジカル」によるものであるのかを私は知り得ませんが、
かつてのEF60形500番台、EF65形500番台に続く「ブルトレ牽引」のために設けられた「P形の血統」の復活を見る思いがし、胸が熱くなります。
私は金帯の客車もE26系も保有していませんが、カトーから発売される同形のモデル、ちょっと手が伸びてしまいそうです・・・。
[PR]

by ar-2 | 2010-03-25 21:58 | 買い物 | Comments(4)
2010年 03月 25日

運命の1290Y~今年「2度目」の停電事故遭遇に(予告編)

各報道機関により知らしめられている昨日の埼京線における架線障害。
新宿~池袋間で3本の列車が駅間に立往生し、約3700人の旅客が缶詰になるという稀に見る大規模輸送障害。
この「缶詰の3700人」の中に、実は私と同行の某氏も含まれていました。

そのアクシデントにおける列車長(車掌のこと)の対応は冷静沈着であり、その折の「パラボラアンテナ落下」による障害という伝達からも
「しょうがないよね・・・」と某氏ともども同情的でした。

しかし本日(24日)の報道によりこの障害がJR東日本の「責任事故」であると知らされ、今更ながら驚愕し失望を覚えたのです。
この事象関連については近日中に個別記事を組みたいと思っていますが、多忙につき・・・今月中は正直微妙かも知れません。
c0155803_044048.jpg


JR東日本は、「ハード面」というものをどう考えているのでしょうか?


※お断り
あえて特記するまでもないことですが、私はたとえ京急であれ他事業者であれイイと思うことは「イイ」と、悪いと思うことは「悪い」と表現します。
「最大公約数的範囲において偏向は無い」という自覚に基づく活字化ですので、以後の記事についても同様のスタンスです。ご承知おき下さい。
[PR]

by ar-2 | 2010-03-25 00:08 | ある日の出来事 | Comments(2)
2010年 03月 22日

京急詣~春の予感

前回の訪問(3/7)では悪天候なうえに消化不良であった京急詣。好天の本日は久々に南部にも足を運びました。
c0155803_15332950.jpg

杉田・・・
c0155803_15562434.jpg

仲木戸・・・
c0155803_155726100.jpg

はっきり「延伸」と記してあります。先程の杉田も同一内容の作業でしょう。
某板では完全にネタバレ状態ですが・・・「何か」が始まろうとしています。

おまけ:「一世紀」を迎えるレンガ積み構造物
c0155803_1630154.jpg

仲木戸界隈では、京急においては数少ないレンガ積み橋台が幾つか現役です。昭和開業の湘南電鉄区間は別として、
いわゆる京浜電鉄区間においてはレンガ積みの構造物がかつては大なり小なり存在し、代表的なところでは六郷川橋梁、鶴見川橋梁、
穴守線(現空港線)の六間堀橋梁などが挙げられます。しかしながらその後の付け替えや高架化等によってレンガ積み構造物は
次第に姿を消して行きました。ここ仲木戸の橋台は明治43(1910)年の横浜鉄道(現横浜線)の貨物線敷設による高架化における構造物で、
本年で実に一世紀を迎えるいわば「京浜電鉄」の貴重な生き証人的なものです。
c0155803_1639134.jpg

京急におけるレンガ積み構造物としては大師線の京急川崎~港町間の掘割にある擁壁が有名ですが、意外にもこの区間は大正15年に
併用軌道から付け替えられたものでして、レンガ積み構造物として貴重ではあるもののその歴史においては仲木戸界隈の橋台に一歩譲ります。
時代は変われど見た目にはシッカリしたレンガ積み橋台は、これからも現役であり続けることでしょう。
[PR]

by ar-2 | 2010-03-22 17:01 | 京浜急行 | Comments(2)
2010年 03月 22日

「春の嵐」そして・・・

c0155803_23532441.jpg

世の就学児童・生徒の春休み期間を迎え、色んな意味で京◎線は連日大盛り上がりです(汗 本日の始発からのダイヤ乱れ・抑止は事前想定の範囲でしたから、これについてはいつものように「リムジンバス」で対応しました。前回と違うのは湾岸線封鎖によってK1経由であったのと、一部で357を経由した即時判断性の強い機転の利いたコースであったこと・・・でしょうか。

しかしながら夢の島付近で京◎線の高架線に目をやれば、何と運転再開しているじゃありませんか!視界に飛び込んできたのはダイヤ乱れ時の名物・武蔵野の8連による「各駅停車 西船橋行」ですが、車内が見透かせない程のスシ詰めで「真っ黒」であり、まるで大昔のトミーのスプリングウォーム仕様の動力車のようになっています。私は過去の経験則から「午前はムリ」と思っていたのですが、これが完全に覆されてしまいました。この時、私が思わず

「こんなの京◎線のキャラじゃないよ・・・」

とボヤいたかどうか。そんなこんなで私の中の「第一波」は終了。うたかたながら安息です。
[PR]

by ar-2 | 2010-03-22 00:20 | ベイシティライン・京葉 | Comments(2)
2010年 03月 21日

人出はアイテムのバロメーター

今朝方の京◎線内がパニくっていたのは489が原因だったか!

舞◎の東京方も「構造物」の設置によりスペースが大幅に減り、その難民が葛西や新木場に流れているのがひしと感じられました(笑
出勤時にはちょうど「わくわく舞◎・東京」とかいう勝田の1500番台が姿を見せましたが、これだけでこの動員は無いな・・・と思えば
案の定でした。おまけに「ふりいざ」も入線していたようで、京◎線内は時ならぬ「特急形祭り」だったようです。

ま・・・いいか。そんなことよりあと一日・・・。
[PR]

by ar-2 | 2010-03-21 00:48 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(0)
2010年 03月 20日

お知らせ

日頃有り難く戴いているコメントですが、ここ暫くの動静判断により今後は「承認制」を採ることとしました。
よって、コメント戴いても記事に反映されるまでに時間を要することがあります。悪しからずご承知おき下さい。
[PR]

by ar-2 | 2010-03-20 01:06 | インテリジェント