赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

<   2009年 10月 ( 28 )   > この月の画像一覧


2009年 10月 31日

終わった

長かった10月が・・・

c0155803_23201723.jpg


お疲れ・・・!

自らにとびきりの癒し画像プレゼントで、本月を締めくくりたいと思います。

が・・・仙台往還記事の完結はまだ先になりそうです(汗 
[PR]

by ar-2 | 2009-10-31 23:24 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(2)
2009年 10月 31日

地獄のマンスリー、グランドフィナーレへ…

そう、それは鉄道の日関連ばかりではなく…天下御免!の「カボチャ祭り」です。ねー。

横浜、海老名、日比谷には一切顔出し出来ず、それでいて気にはなるのだから根はミーハーな鉄ヲタ。
日頃の退勤がメチャメチャ遅くて模型店は軒並みクローズ、いっそ通販で買い物したほうが早くない?などと思い始め、
「模型店 近くにあって 遠いもの」
なる新俳句?を生み出すくらいなのだから実は余裕があるんじゃないかと(以下自主規制

もうグッタリです。明日(てか今日)が地獄のラストスパート。
それでも…私も先日のRT-235編成への心尽くしの装飾(HM取り付け等)で、「夢」を貰っています。我々もまた…然りでしょう。
[PR]

by ar-2 | 2009-10-31 00:43 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(0)
2009年 10月 30日

安全の最後の砦は人

仙台往還の記事は一休みして、今回は今朝(29日)目にした地元の乗換駅(JR戸塚)での出来事についてです。

私はいつものように上りホーム(1・2番線)の神戸方に向かって歩いていました。そうしたほうが下車駅での乗り換えの便が良いのです。
そして時刻にして7:52頃でしょうか、ホーム山側(1番線側)を歩いていた私の傍らでは上りのスカ線が発車の態勢。
やがて閉扉、やや神戸方に居た立ち番の職員氏が前後方向の安全を確認…がっ!?前方(東京方)見るや血相を変えてすっ飛んでいきます。

私も思わず「何ぞや!?」と振り返れば、場所にして基本編成の3号車、閉扉した側扉の外にはスクールバッグ本体がまるまる車外に露出しています。
本業でもないのに反射的に側灯はと見れば「滅」!上り列車は何事も無きが如く発車、加速してしまいます。
その刹那、「ヴァー!!」というあのイヤ~な連続警報音が。これは先程の職員氏のボタン操作により、速やかな緊急停止の手配がなされた故です。
しかし、肝心の上り列車はナカナカ止まらない?

 止まれっ!止まれっ!
もうダメかと思った矢先に上り列車はゆるゆると減速し、停止しました。このあおりを受け、並行して駅に進入してきた客線上り列車も抑止しましたが、
まずは大事に至らずホッとしました。私はそのまま神戸方へと再び歩いていったのですが、程なくして安全確認がとれたとのことで運行再開。
抑止状態の上り客線の後ろには、後続便が機外停車しています。私もイソイソと抑止解除された客線に乗り込み出発しました。
さて、今回の戸挟みによる緊急停止の原因は何でしょうか。単に車両混雑でバッグが収まりきらなかったか、はたまた
駆け込み乗車による「尻尾残し」か。まあ、実際アレだけモロにハミ出しているあたり後者ではないかと私は思うのですが…。

そして件のバッグですが、これは戸挟みの状況、即ち緊急停止後の開扉が無かった(というか不可能)ことと、
当該の側扉の側灯が「滅」であったことからも再開閉も有り得ず(というかそれが出来れば発車していない)、
結論を言えば車外から引張って撤去、回収されたのでしょう。上りスカ線はそのまま戸塚を後にしましたから、
哀れバッグの持ち主は再び戸塚まで戻って引き受けねばなりません。駆け込み乗車の「お叱り」と共にね。

私が乗車した上り客線列車が新橋に着くや、「只今JRでは駆け込み乗車防止キャンペーンを…」というアナウンスが聞こえてきました。
初耳のキャンペーンではありますが、十数年前の「きっぷは正しく目的地まで、フェアゴールキャンペーン」を思い出してしまいました。
…不正乗車は発覚の折には増運賃の課金というペナルティーが発生しますが、駆け込み乗車にそれはありません。
あったとしてもそれはせいぜい周りの他の乗客の冷淡な視線。しかしそれも、駆け込みを平然と行う無神経人間には苦にならないのでしょう。

不正乗車と駆け込み乗車、比較の次元が異なるのは百も承知ですが、それが何あれキャンペーンを張るほどに深刻化しているということだけは
事実なようです。それでも駆け込み乗車には前述したような明確なペナルティーがありません。
きっとその行為に腹を立てた周りの乗客が、当事者の乗客を集団リンチするような事件が頻発でもしない限りは、
駆け込み乗車は永遠に無くならないでしょう。もっとも、そうなっては同時に日本の治安も終了なわけですが…。

しかしながら今朝(29日)の一件を見て思うのは、「安全の最後の砦は人」であるということ。
最近は路線によってはワンマン化・ホームドアの設置などが進められていますが、モニター併用の後部からの確認だけでは防げなかった本件は、
まさに「立ち番」という目線があってのこと。ギリギリのラインは機械には任せられない、そこには人の目が必要なのです。
[PR]

by ar-2 | 2009-10-30 00:06 | ある日の出来事 | Comments(4)
2009年 10月 29日

仙台往還(後編・その2)~白石名産 「うーめん」(2009・10・20旅行記)

いきなり予告編とは異なるのですが…。
実は来仙時に何となくイメージしていたのは帰京過程で「うーめん」を食すというもの。
これは「うーめん」をこの世で知ってからの宿願?であり、本旅程を千載一遇の好機として捉えたのです…が。

いざ南下!
[PR]

by ar-2 | 2009-10-29 00:16 | 外出・旅行 | Comments(0)
2009年 10月 26日

仙台往還(後編・その1)~ 東北本線のお味はいかが(2009・10・20旅行記)


仙台駅仙石線ホームでRT-235編成の後姿を見送った私は、橋上跨線橋へと直結するエスカレータを上り、駅本屋コンコースへと戻ります。

束の間の杜の都の雰囲気を・・・
[PR]

by ar-2 | 2009-10-26 23:15 | 外出・旅行 | Comments(2)
2009年 10月 26日

ある解体場のハナシ

本日(25日)は朝から雨…。ブログ記事の更新をしたり、横になったり捜索活動?をしたりのグダグダではありますがノンビリできました。
夕方からは某氏との旅程擦り合わせと代金授受のために横浜へ出動…。

ある解体場とは・・・?
[PR]

by ar-2 | 2009-10-26 00:01 | フード | Comments(2)
2009年 10月 25日

秋の運転会2009・習志野サンスポーツ編

※本編upにつき予告編削除しました。

昨晩の予告通り、弊倶楽部定例の秋の運転会に参加してきました。今回の開催場所は千葉県習志野市の「サンスポーツ」さん。私自身にとっては実に3年振りの訪問ということで懐かしくもあるオフ会でした。まずは池袋10:10集合という告知が…。

方向違い?の果てはこちらをクリック!
[PR]

by ar-2 | 2009-10-25 10:41 | オフ会 | Comments(6)
2009年 10月 24日

お金で時間は買えない

奇跡というのは大袈裟でしょうか。
なんとか最悪の事態?は免れ、帰宅することができました。
明日・・・というか本日の運転会ですが、車両のセレクトも整備も済んでません\(^o^)/

その運転会の会場は、私にとって何と3年振りとなります。
今宵、どうなることやら・・・。

※仙台往還の(後編)については後々であっても必ずupします。ご了解ください。
[PR]

by ar-2 | 2009-10-24 00:07 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(2)
2009年 10月 23日

あれもしたいこれもしt(ry

この記事を挟むとヘンなことになるのですが・・・。

明日は運転会だったらしいです(驚 新作?ナニソレ、美味しいの?
つうかそれ以前に車両整備が全く手付かずです。出来れば明日は早朝から出かけたいところがあるのですが・・・ゆっくり寝たいし。
それ以前にカラダがもつか・・・本日(?)の帰宅時間を予想したらなんだか恐ろしいことに・・・これから出勤です。
[PR]

by ar-2 | 2009-10-23 07:03 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(0)
2009年 10月 22日

仙台往還(中編)~巨星、墜つ…再び逢うその日まで(2009・10・20旅行記)

c0155803_22255073.jpg

苦竹から乗車した674Sはあおば通に6:36に到着。
ここでは折り返し東塩釜行の741Sとして発車するまでに27分のインターバルがあり、RT-235編成の観察にはうってつけです。

「スーパー103系」に迫る!
[PR]

by ar-2 | 2009-10-22 23:37 | 外出・旅行 | Comments(2)