赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

<   2008年 12月 ( 25 )   > この月の画像一覧


2008年 12月 31日

2008・この1年に~

残すところ本年もあと僅かとなりました。弊ブログをご覧の皆さんは、いかがお過ごしでしょうか。
私はというと、仕事柄が故に今日も明日も出勤です。どちらかというと、平時通りの日常というイメージが強いでしょうか。
終夜運行の鉄道などの現場に携わる方たちもまた同じ。人込みに年末年始を実感すれど、特別な感傷は無いとも聞きます。

私の場合、強いて言うなら「この1年を振り返れる瞬間」となるでしょうか。
そこで今回は、この1年間でモノになった模型を中心に少々振り返りたいと思います
c0155803_2218497.jpg

いきなり模型ではない画像で恐縮ですが、私にとってライフワーク?の核の一つである京急の1000形です。
来年は更なる置き換えが進み、目にする機会が大幅に減るであろうことが予想されます。残すはあと60両…。

さて、話を模型に戻します。今年中に竣工したモデルを列挙してみますと…

・東武3000系3127編成タイプ(クロポ)
・国鉄ク5000メークアップ(関水)
・東武8000系8R・登場時(クロポ・未塗装)
・国鉄EF16 24タイプ(トミーベース)
・国鉄マニ44(GM)
・東武73形・メークアップ(鉄コレ)

何だか嗜好がハッキリしてますね(笑 趣味ですから当然のこととは思いますが。
次に、購入した完成品(後天改造品は除く)というと…

・有井 都営地下鉄5300形ロングスカート
・有井 国鉄EF61 改良品 青

これも好みなんでしょうか(苦 しかしまあ、嫌いだったら購入したりしませんからね~。
キット組であれ完成品であれ、楽しんだ者勝ちですよ!そして、これら以外にモノにしたものといえば…

・バス営業所モジュール

初めて自分なりに納得できるカタチで製作に取り掛かれたモジュールとして、その意義は大きかったと思います。
上を見れば限がありませんが、良いと思うところはどんどん盗んで(←ココ重要!)、自分なりに消化して採り入れていきたいです。
これは車両工作もまた然り。現在進行中の東武の工作についても、多くの方の作例あってのことなのは言わずもがなでしょう。

最後となりましたが、お世話になっているクラブにおける既存メンバーとの、そして新たな方々との交流の種々。
出会いの数だけ刺激があるといっても過言ではないでしょう。来年はどんな出会いがあり、またどんなインスパイアを受けるでしょうか。
去り行く激動の平成20年…その重みを受け止めつつも、満を持して平成21年を迎えたいと思います。

それでは皆さん、どうかよいお年を!
[PR]

by ar-2 | 2008-12-31 22:39 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(0)
2008年 12月 30日

ナナサンのその後

c0155803_22474463.jpg

昨晩の退勤後、探していたTM09動力を地元の某量販で購入してきました。帰宅して事前に準備してあった床下機器と台車の塗装を実行します。
その動力に台車レリーフを嵌めこみます…が、これは決してカメラが傾いているわけではありません。
点対称の位置関係でこうなってしまいます。ですのでレリーフの突起のうち1箇所を位置決め用に残してカット。ゴム系接着剤で固定しました。
c0155803_22501377.jpg

モデルのモハ7300形は台車振替(FS10化)で、且つ後パンタの2連というごく限られた仕様となっています。
中間に組み込み動力化したモハにはクハ付属のDT13レリーフを充て、73本来?のスタイルとして変化をつけてみました。
c0155803_22555588.jpg

この「後パン・FS10・2連」のモハ7300は、私の調べた限りで該当するのは7320、7321、7324。晩年は本線で活躍していたようです。
そこで今回は本線仕様としてメークします。とはいってもステッカーの貼付けだけですが…。
上り方モハは「準急浅草」、下り方クハは「杉戸」としました。

幌枠などまだ手を加えるところはありますが、動力も無事組み込めましたので一応の完成とします。
次は8500ワンマンに本格的に手を付けたいところです(帰宅時間次第ですが…)。

※08年12月31日訂正補足
クハとモハの向きを勘違いしていました。正しくは「上り方クハ、下り方モハ」です。
行き先もそれぞれ「浅草」「準急伊勢崎」に貼り直ししました。
[PR]

by ar-2 | 2008-12-30 23:05 | 鉄道模型(東武鉄道) | Comments(0)
2008年 12月 28日

動力はどこ?

昨晩にとりあえずの完成を見た鉄コレの東武73ですが、やはりN化したい気持ちが強く、退勤後に寄り道してきました。
しかし、場所が場所だけに人が集まり易く、目当ての動力やカプラー、パンタ等がなかなか揃いません。
指定動力のTM09に至っても店舗によっては品切れというのも珍しくなく、やや品薄感が漂ってきたかも知れません。

それはさておき、そうこう巡っているうちに某店で某氏とバッタリ鉢合わせ。今後の事等について話ながら夕食を摂ってきました。
目当ての品が揃わなかったので、本日は堂々?の休工。
明日は出勤時刻も早いですが上がりも早い(筈)なので、今度は河岸を変えてなんとかブツを確保したいところです。
[PR]

by ar-2 | 2008-12-28 23:37 | ある日の出来事 | Comments(2)
2008年 12月 27日

冬晴れの東武づくし(よもやの後編)

c0155803_18491074.jpg

某店舗でしっかりと73を購入して帰宅。出掛けが早かったおかげでまだ陽が昇っています。
現物を改めて見てみますと、モハの1両に少々目立つ塗装荒れがあります。この手の商品ではよくあることですが、
ペーパーがけよりも塗りなおしたほうが見栄えが良いでしょうから、単色なので早速実行です。
記述が前後しますが、8000系の工作を進めている間にIPA漬けして塗膜剥離…厚くなりそうなので一応。
成型色は画像ですと白く飛んでいますが、実際はスカ色のクリームに近い濃いものです。これなら発色もよさそうですね。
c0155803_18502059.jpg

73の工作と絡めて、併せて8000系の工作も進めます。まずは撮影画像を参考に床下機器を接着、接着…。
イメージ重視ですので大分異なる点がありますが、雰囲気は出せたかなと思います。
c0155803_1852540.jpg

ついでに、8000系のコンプレッサーとして使えそうなパーツを紹介しておきます。
但し、C-2000以外は8000系キットには含まれないものですから、近似であるかどうかは私の独断によるものです。あくまでも参考程度にどうぞ。

上から
・HB-2000…(京急1000キットから)
・D-3-FR…(クロポ東武3000キットから、出自は阪急2800完成品?)
・C-2000…(東武8000系キット純正)
・HS-20…(バルク棚で見つけたもので、出自不明)

c0155803_1904863.jpg

73の工作に戻ります。
車体は塗り直し以外に弄る部分も無いのですが、やはり屋根は「焼け目」でないと…ということで早速分解。
ベンチレータを外そうかと思うも、裏返してみればクハのみが何故か接着剤(流し込み?)でガッチリ固着されています。
モハのほうは固着こそされていないものの、取り付け孔の寸法はタイトなようで、いたずらに外すと思わぬ破損をしかねません。
そこで、先に屋根色であるクレオスのマホガニを吹いた後に、ベンチレータのグレーを吹くという段を取ることにします。
c0155803_22512331.jpg

これは「逆マスキング」とでもいうべきでしょうか?(笑
キノコのような傘状のグロベンだからこそ何とかマスキングできるようなものですが…。
c0155803_22534387.jpg

ベンチレータのグレーは当初クレオスの軍艦色②を吹きましたが、どうも濃過ぎるので改めて軍艦色①を吹き直しました。
車体のほうはいつものGM28番を吹きます。画像の上車両が製品のまま、下車両がGM28番で塗ったもの。
製品のままのほうが俗に言うセイジクリームに近いのではないでしょうか。
ただ、私の中の73・78、つまりカラーブックスで見たイメージですとGM28番のような褪色気味もありだと思います。
c0155803_22594956.jpg

焼きたてのカステラの出来上がりです。

塗り替えなかった2両についてはとりあえずこのままにします。編成でツヤも色調もバラバラなのが却って東武らしいかな?と思いますので。
M化に必要な動力や前頭部のTNカプラーについては追々準備することとしましょう。
何あれ、私にとって初の「後パン」の73が新しい風を運んで来てくれました。既存のクロポ編成とも是非組ませたいところです。
[PR]

by ar-2 | 2008-12-27 23:11 | 鉄道模型(東武鉄道) | Comments(4)
2008年 12月 27日

冬晴れの東武づくし(まさかの前編)

c0155803_17315356.jpg

本日は予告通り、東武亀戸線への資料撮影と少々の買い物に行ってきました。
撮影対象や購入品目がハッキリしている上、帰宅してからも工作をしたかったので早めに出掛けます。
駅までの道すがらから見える富嶽もすっかり冬の装い…連なる丹沢山系もボチボチ白くなり始めました。
c0155803_17342178.jpg

いきなり飛んで亀戸です。ホームには…65Fですがパンが下りています。車内では清掃が行われていました。
日中留置でしょうかね。足回りはどうにもならないのですが、車体関係の撮影を済ませておきます。
c0155803_17361267.jpg

ホームに居た70Fを見送り、もう1本の運用編成を確認します…すると68Fキター!
春日部支区に在籍する8000系ワンマンカーのうち、FS056・356台車を履くグループはこの68Fと65Fのみでして、
大師線では撮影に向きそうな場所が無いため、亀戸線で狙った次第です。早起きの役得でしょうか?
c0155803_17401074.jpg

光線状態の兼ね合いから、隣の亀戸水神で反対側のホームで1往復してくるまで待ちます。
そして、ここにもあった構内踏切。さらに隣に東あずまにも存在します。23区内とは思えぬローカルな雰囲気です。
c0155803_17424128.jpg

資料撮影とはいっても、実車に備わっている機器や部品の全てを再現しようなどという目論みは更々無く、
あくまでもイメージ把握のためであるのと、キット付属の床下機器をベタ付けするのに飽き足らずが故、という意味合いでのものです。
それと、実車が現存していてその訪問が困難でない限りは、出来るだけ現物を目にしておきたいというのもあります。
c0155803_17512434.jpg

その後、曳船でも撮影を済ませて秋葉原へ。ヨドバシとGMのみに立ち寄ります。
GMでも鉄コレの開封売りをしていましたが、プレ値であろうにも関わらず73形の姿はありません。
買い物を済ませたので本来ならそのまま帰宅…となるはずですが、某氏から73形の開封売り店舗を教えて頂き、寄り道をします。

昨日の今日で、あれだけ「買わない」と言っておきながらコレです…でも「軟弱者!」と罵られようが、73(78)好きなんだもの。
それが本能ってやつです。東武好きの方なら判りますよね?(苦

続きます…。
[PR]

by ar-2 | 2008-12-27 18:00 | 鉄道模型(東武鉄道) | Comments(2)
2008年 12月 26日

ナナサン尻目にワンマンカー

世の鉄道ホビー界?では鉄道コレクションの第9弾がアツいようです。
とりわけ、そのラインナップの中でも東武の73形がダントツといってもいいほどの人気振りのようで…。
人気があるのは東武好きの立場からすれば結構な事と思う反面、開封売りでも付加価値がついたりして厄介な現実もあるようです。

かくいう私も発売前は購入意欲がそこそこあったのですが、既にクロポのキットで73・78形編成をモノにしている上、
4年前の初回生産分で未だに手付かずのキットがあるという事などから、今回はきっぱり見送ることとしました。
まあ、件の「ギャラリー号」2編成を予約したからってのもありますが…。
c0155803_206360.jpg

この画像はいつか見た画像、とピンと来た方は鋭いです。実は08年9月4日記事の使いまわしです(汗

私はこれまで8000系ですと4R非冷房、6R、8Rの各編成をセイジクリームで製作して来ましたが、
未踏?の2Rは時計の針を現代に戻し、画像のワンマン仕様を製作しようと思います
…というか、以前にもそんな事を書ていたような…いや、もうし切り直しってことで(笑 

実は本日はこの画像の車両の製作に手を付けようかと思ったのですが、やはり床下がイマイチ判然とせず、結局何もしませんでした。
明日も冬らしく寒いようですが、快晴の見込みですので亀戸あたりに資料収集に行ってきます。画像の68Fか65Fが動いていますように…。
[PR]

by ar-2 | 2008-12-26 20:33 | 鉄道模型(東武鉄道) | Comments(2)
2008年 12月 25日

仕事帰りの…

某掲示板において、去る19日に横浜に「ポポンデッタ」(別名:某P店)が開店したという、にわかには信じ難い書き込みを見つけました。
そしてそれは確かな事のようですので、本日の退勤後に様子を覗ってきました。店舗の所在は横浜西口のビブレ8F。
立地的に「イ◎ン」と「ぽ◎」の間です。狙ったのでしょうか?

8Fの隅に確かにポポンはありました。面積的には拡くもなく狭くもなく。現時点では余裕をもって陳列されているので、
秋葉の店よりは見やすいかと思います。品揃えはごくありふれたものですが、それまでの横浜駅周辺の鉄道模型扱い店舗
(ヨドバシ、イモン、ぽち)のどれともまた異なる商品展開ですから、それなりの意義はあるでしょうか。
各店舗で御馴染みの「二層式レンタルレイアウト」もあります。ちょっとした試運転には向いているかも知れません。

営業時間が21時までというのも有難いです。ただ、あまり遅くなるとビブレ自体の風紀がアレですので…
まあ、それさえ気にしなければ有用な店舗になると思います。
c0155803_23333584.jpg

でもって、有井の最新カタログを購入してきました。このメーカーから感嘆符を取ったら何も残らなそうですね(笑
表紙のうたい文句は伊達ではなく、総項数450は確かに圧巻です。創刊号カタログ(2002年11月発行)の総項数が162ですから、
その間のアイテムの爆発的増加は推して知るべしでしょう。尤も、その殆どのアイテムが一発屋だったりもしますが…。

それでも項をめくれば、こんなアイテムがあったのかという発見があったりして結構面白いです。
そして特記すべきはアイテム毎に発売年月が記されており、再生産されたものについてはその年月も併記されています。
何の参考になるかは微妙ですが、手持ちアイテムの購入時期を想起したり、また改めて歳月の経過を実感したりもします。
c0155803_23434561.jpg

その後、某店でハラ決めて予約してきました。再生産なんて無いだろうし、後で絶対欲しくなるだろうと思ったので…。
ちなみに横幅寸法が各々異なる客扉ですが、改修されている気配はありません。勿論、期待もしていません(蕨
[PR]

by ar-2 | 2008-12-25 23:46 | 買い物 | Comments(4)
2008年 12月 23日

「ありがとう」&「110年の歴史」、ギャラリー編成引退

京急創立110周年を記念して本年2月より運行されてきました「ありがとう」「110年の歴史」各ギャラリー編成が、本日を以て引退しました。
1000形への初ラッピングという極めてインパクトのあるイベントでしたが、その独特の出で立ちは多くの旅客の目を楽しませたことと思います。
私は本日は出勤でしたのでお別れは出来ないものと思っていましたが、何とか間に合いそうということで出向いてきました。
c0155803_21533039.jpg

※画像は過日撮影のものです
往年のツートンカラーが鮮烈な「ありがとうギャラリー号」は、ここのところ朝・夜間のみの運行が目立っていましたが、
最終日である本日はしっかり日中にお披露目されました。運行は99ゥ。
運用自体は特徴的ではありませんが、後述の「110年の歴史」編成と弘明寺や南太田で並ぶ!という憎い演出がなされたようです。
c0155803_21574790.jpg

※画像は過日撮影のものです
鉛丹色の屋根等、芸の細かい「110年の歴史ギャラリー号」は、大師線運用が基本でしたが、
過去に朝のB快特の増結編成に充てられる等の名シーンを展開、その後を含めて二度ばかり本線での幻の運行がありました。
しかしそこは最終日ということもあり何と本線の53ゥに充当!堂々新逗子にも入線を果たしたようです。
前述の通り「ありがとう」編成との並びというホットなシーンも展開されました。居合わせた人達は羨ましいです。

友人からのメールによれば、「110年の歴史」編成は新町19:36着で運行終了とのこと。
退勤後イソイソと神奈川新町に向かい、この時間は下りの新町行設定が無いので上りホームで待ちます。
ベンチに座っている間も、通過するSH快特の基本編成やA快特の付属編成にN1000のステンレスカーの姿が連続し、
新たなる時代の到来を確かなものとして実感させられます。もう、1000形の時代はとうに終わっているのだと。

そうこうする内に、数人のファンと構内運転士の出迎えを受け、新逗子からの「110年の歴史」編成が無事到着。
乗車していたファンも一斉に降り撮影会となりましたが、字幕回転も早々にねぐらへと引き上げていきました。
ちなみに私は情けないことにコンデジは不持参、ケータイは電池切れですので見送りだけです。
でも、この場に居合わせられただけでも幸せというものでしょう。お疲れ様、「110年の歴史ギャラリー号」。

程なくして反対側の下り副本線に「ありがとう」編成の文庫行が入線。「110年の歴史」編成に乗車してきた友人曰く、
本来なら新町で両編成が本線を挟んで並ぶはずだったが、ダイヤ乱れにより実現しなかったーとのこと。
まあいいでないの。とりあえず通過待ちの「ありがとう」編成で横浜へ帰ります。聞けば本編成も、この文庫行が最終運用とのこと…。
横浜ではねぐらへと帰る同編成を見送ります。お疲れ様、「ありがとうギャラリー号」。

以上、実に慌しいものでしたが何とか両ギャラリー編成の最期の姿を見届けることが出来ました。あとは、久里浜への回送をこなすのみです。
そして、これは単にギャラリー号の引退という事のみならず、10両の1000形が運用を離脱→廃車となるということ。
その日は、確実に迫ってきています…。
[PR]

by ar-2 | 2008-12-23 22:20 | 京浜急行 | Comments(2)
2008年 12月 23日

E331系、復活!

c0155803_846203.jpg

昨年3月のダイヤ改正時に土休日限定で営業開始したものの、車輌瑕疵により僅か二週間ばかりで早々に運用から外れたE331系。あれから約一年と九ヶ月、本日の東京0829発で復活を確認しました。「14両編成 3扉」のホーム乗車位置票は、あたかも都市伝説のごとく存在し、1年9ヶ月ものあいだ主を待ち続けました。京葉線の虎の子E331系が、今後安定して運用されることを期待します。
[PR]

by ar-2 | 2008-12-23 08:46 | ベイシティライン・京葉 | Comments(0)
2008年 12月 20日

労力とか投資とか

昨晩の続きに取り掛かりました。時間もさほど多くはとれないので、段取りを考えながら進めます。
台車枠や床下機器といった足回りの塗装、IPA漬けしていた屋根の塗装剥離、通風器の切り出し等…。
車体をマスキングしている最中、集中力が切れ作業を取りやめ…マスキング途中になんて今までなかったのですが。

単に齢をとっただけなのか、それとも工作の題材に対する意欲があまりにも低い「ながら工作」なのか…。
ダメだ。ヘタに忙しい時に工作することほどの「空転遊戯」も無いようで、しばらく様子見で工作から離れたほうが良いかも知れません。

今回もまた高い授業代を払ってしまったようです。
[PR]

by ar-2 | 2008-12-20 23:38 | 鉄道模型(総合) | Comments(0)