<   2008年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧


2008年 11月 30日

マニ44の製作(お布施編)

本日は公休日。朝から絶好の行楽日和でしたね。南栗橋やさいたま東でのイベントもあったのですが、
急遽別の所用へと家族で外出。昼食を済ませた後、以前より気になっていた在庫を見に某模型店に寄りました。
モノは有井のEF62茶色なのですが、それとは別に見てはイケナイ?在庫を発見…。
c0155803_21361324.jpg

お布施しちゃいました(蕨
有井のEF61改良品の青色塗装です。以前より欲しいとは思いつつも、気がつけば店頭から姿を消していた同品。
購入は諦めてすっかり忘れていた頃に、先の運転会で会長が持参されたのを見て改めて購入意欲が発した次第です。

そして今、マニ44の製作真っ只中という絶好のタイミングであり、これを逃す手はありませんでした。
額としては大それたものではありませんが、気分的にはIYHですね。
マニ44が未完成でありながら、我慢できずに荷レを組成して走らせてしまいました…堪りません。
c0155803_21431112.jpg

実車は1984(昭和59)年2月改正で全機引退ということですから、ヤマを下りて来たEF62とは丁度入れ違いです。
以前に、このEF62に関してゴハチの置き換えという表現をしましたが、実はEF61の置き換えでもあったのかも知れません。
事実、ゴハチそのものはその後も残っているわけですからね。
新性能機にして比較的短命だった理由としては、電気には大敵の「水と油」が車内に同居したというのもありますが、
車体構造がゴハチ等の旧形電気と比して、ある程度の合理性を持って設計・製造されていることも災いしたと言われています。
c0155803_21573836.jpg

直流新性能機唯一のSG搭載形式、単一発注両数の18両が全てという少数派…まさに異色の存在であったEF61。
これでもう完全に後が無くなりました?マニ44の製作、今夜ラストスパートです。
[PR]

by ar-2 | 2008-11-30 22:09 | 鉄道模型(国鉄・JR) | Comments(2)
2008年 11月 29日

マニ44の製作(番外編)

マニ44の製作はまだ半ばですが、荷レ編成のパートナーともいうべきカトー製のオユ10に手を加えました。このオユ10、RMM誌の95年3月号記事中で「実車は冷改時に屋根色を銀色からねずみ1号(or灰色)に変更されている」という記述を目にし、確かに冷改後の銀色屋根という記録は思い当たらず、なるほどと思いました。

その記事に感化されて直ぐに灰色に塗り替えてはみたものの、色味が明るすぎるのと妙な塗膜段差があり、そのままにしていたもの。今回の再塗装にあたってはIPA漬けにし二晩ほど放置しておきました。灰色はすんなり剥がれたものの、銀色は結構ガンコです。そこで銀色の上にプライマーを塗布し、その上に別のグレー(クレオスの軍艦色2)を再塗装することとしました。
c0155803_23125597.jpg

ねずみ1号ではなく軍艦色2を選んだのは好みです。画像ですと随分明るく見えますが、実際はもっと暗いですクーラーも先の記事に倣って、ルーバがメッシュタイプのものに変更してあります。荷レ構成車両も漁ってみると結構出てきました。あとはマニ44の竣工を目指すのみです。
[PR]

by ar-2 | 2008-11-29 23:18 | 鉄道模型(国鉄・JR) | Comments(0)
2008年 11月 28日

3◎歳の誕生日

昨日は「真冬並みの寒さ」という予報でしたが、今朝のほうがヤバかったのではと思います。雨降ってましたし・・・。それはさておき、本日は僭越ながら私の3◎歳の誕生日でした。今更やれパーティーだのケーキだのという柄ではないですが、思いの外?早々に退勤できたので、帰り道がてらに少しひっかけてきました。

誕生日、それは一人の例外も無く全ての人々が有する、生涯でただ一つのかけがえのない記念日であり、この世に生を授けてくれた両親に対し、己が生き続ける限り感謝を新たにする、そういう日だと私は思います。・・・とか何とかエラそうなことを記しても、最終的には酔っ払うのですから始末におえませんけどね(汗
c0155803_23174339.jpg

私のガキ時代の場合、誕生日・クリスマス・お年玉が割合近接しているので、一括りとはいかないまでも纏められることが多かったです。そんな中で「お年玉」は対外的?な要素(額面)もあって、魅力的でした。生まれて初めての車両セットを購入したのも「お年玉」でした。忘れもしない、今から20年前の事です。モノはカトーの「ビッグスニーカートレイン」。何故このアイテムを選んだのかと言えば、もちろん額面的なこともありますが、そのデザインが当時は何とも先進的で、カッコよく映ったからだったのではと思います。売価は¥11000…消費税導入前のことです。

封入の検査証を見れば「63.1.04」の日付と「横浜そごうホビロット メカホビー売場」のスタンプが。当時の横浜そごう8階の模型売場前にはガラスで仕切られた大ジオラマレイアウトがあり、常に人だかりの絶えなかったことを覚えています。購入時の試走で室内灯の点くことを知り興奮、単純オーバルで部屋の明かりを消して走行させる日々が続きます。カトーカプラーなるものも初見で、ただただ驚かされるばかりでした。当時は実車・模型に対するスキルなど殆ど無かったのです。

今はモノも情報も溢れ、それはそれで楽しむことが出来ます、ただ、一つのモノに対して「愛着を持って保有する」という、ごくごく当たり前のようで実は大切な接し方が、やはり薄くなってきているように思います。中古模型店に溢れる商品がその証左でしょうか。勿論、模型を手放す理由は一概ではないことも承知していますが・・・。ただ、やはり聴くところによると「飽きて」手放す向きも少なくはないようです。もっと、愛を持ってもいいと思います。

スリーブはボロボロで、ケースも部分的に変色しています。それでも蓋を開ければ、当時と変わらぬ光彩を放つ車両が目に飛び込んできます。この4両は今も当然のように稼動し、室内灯も問題無く点等します。これまでの20年間、そしてこれからも20年間、この車両が動かなくなっても私は保有し続けることでしょう。
[PR]

by ar-2 | 2008-11-28 23:43 | 鉄道模型(国鉄・JR) | Comments(6)
2008年 11月 27日

酒と睡眠と

何をしても上手く行かない日もあります。
こんな夜は気紛れに工作を…しないに限ります。チョンボをやらかしそうで怖いので…。
とりあえず昨晩までのマニ44の進捗状況をば。
c0155803_2257249.jpg

細部の色挿しはこれからです。色々必要なものはあるのですが、それらの買出しは早くとも日曜までお預けです。

※画像は演出です。平時でこんな状況はありえません(笑
[PR]

by ar-2 | 2008-11-27 23:03 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(0)
2008年 11月 24日

横浜税関「庁舎見学会」に行って来ました~横浜三塔を愛でる


本日は朝方に古くからの友人が訪ねてきました。しばし雑談の後、横浜税関の「庁舎見学会」へ行かないかとお誘い。
この横浜税関「庁舎見学会」は、通常は非公開となっている旧税関長室等が見学できる機会でして、
ここ数年は税関記念日である11月28日の直前の休日に催されているようです。このような見学会があることは初めて知り、
生来の横浜市民としても興味深い行事ですので、肌寒い陽気ではありましたが早速出掛けてきました。

まずは幻のホームから
[PR]

by ar-2 | 2008-11-24 22:18 | 建築物・建造物 | Comments(2)
2008年 11月 23日

鉄コレを妄想する

明日はようやく休日。ですが午前中には友人が来訪する予定なので、そう惰眠をむさぼってもいられません。
マニ44の製作ですが、明日はどうも天候が崩れるらしく、塗料も調達していないので塗装は先延ばし。
脱脂洗浄も今晩は行わず、車体の四隅と中央部に補強のため瞬着を点付けしておきました。

今朝の出勤時、駅までの道すがらでボンヤリと鉄コレ第9弾のことを考えていました(我ながらおめでたい思考回路だと思います)。
弟9弾はピンと来ない山陽を除けば大変好ましいラインナップでして、BOX購入でも遜色無いものと踏んでいます。
そしていつもながら気になるシークレットアイテム。これは私はズバリ「前パン」だと思うのですが、如何でしょうかね。
「前パン」ですとペアのクハに影響はありません。要は西武クハ1651や新潟交通と同じパターンです。

「前パン」ついでに言うと、7300に関しては多少盛り込んだ価格であっても開封売りに手を付けてしまいそうです。
クロポのキットと比べたら安いもの、という相対的考えですが、果たしてそうは豚屋が卸すでしょうかね。
国鉄モハ62の台車もDT17で、大井川モハ1000と共に台車だけでも需要がありそうです。
これまで9ミリでは製品化や流通経路に恵まれなかったマイナー台車群が、車体付き?とは言え全国流通で入手できるのですからイイ時代です。
[PR]

by ar-2 | 2008-11-23 22:07 | 鉄道模型(総合) | Comments(2)
2008年 11月 22日

マニ44の製作(其の三)

世は三連休らしいです。私の場合は仕事柄関係無い様であったりもする?のですが、電車が空いているのが何より。そこで本日は、近日中に某所に貸与する車両(ブックケース2本)を勤務先に持ち込み、ロッカーに一時保管しておきます。こうしておけば平日朝ラッシュの殺人的混雑時に搬送せずに済みますからね。
c0155803_22345324.jpg

帰宅後、マニ44の製作を進めました。今回は床下機器の造成です。説明書の指示通りにパーツを接着していきます。汎用の一体パーツを充てる電車キットとは異なる客車キットならではの楽しみ。上の画像を眺めていましたら車軸発電機?の位置が微妙にズレているのを発見。よく見れば床板裏側のリブのピッチが異なり、床板にも前後の向きがあるようです。実用上は問題ありませんが、気になるので後で修正しておきます。
c0155803_22512148.jpg

気になるとか言っておきながら、しっかりとスルーした箇所もあります。車体中心線上に並ぶ4器のガラベンですが、両妻側の2器の位置が実はエラーなのだとか。正しくは赤丸で囲んだ位置です。この事は本作を手がけるまで知らなかったうえに、リブに挟まれた穴を奇麗に仕上げる自信も無いため割愛しました。
c0155803_22553734.jpg

台車を装着し、トミーのR280で曲線通過時のクリアランスを見てみます。ギリギリ接触を免れていますが勾配だとアウトかも。実際走行させて不具合が出てきましたらその都度修正していきます。

実車のマニ44ですが、製造が1978~83年の5年間で総数161両。JRに継承されたのはカートレイン用の僅か16両のみで、それ以外の145両は1986年11月改正での荷レ廃止による使途喪失でJR化までに全廃。年次だけ見てみますと、実際3~4年程度しか使われなかった車両が存在したのではないかと思えるほど、短命です。私の知る限りではDD54のように会計検査院から指摘され国会問題とはならなかったようですが、これはマニ44の全廃時期が国鉄分割民営化が目前であったことが奏していたのかも知れません。

その登場時期は結果として恵まれませんでしたが、末期の荷レを飾った形式としてその知名度と人気は今尚健在のマニ44。模型の世界では末永い活躍を期待したいところです。
[PR]

by ar-2 | 2008-11-22 23:25 | 鉄道模型(国鉄形客車) | Comments(2)
2008年 11月 21日

マニ44の製作(ハコになったよ其の二)

c0155803_23132760.jpg

思っていたよりも早く退勤できたので、引き続きマニ44の製作に手を付けました。接着前に各部材の合いや向きをチェック。ヤスリで微調整を行って箱組みへ…改めて説明するまでもない手順ですね。そうはいっても久し振りの板キットですから、本能的に要所要所を確認してしまいます。

私のこれまでのセオリーですと、側と妻板を「L」状に組んだものを接合して「口」状に組み、その後に屋根を合わせてきましたが、本キットの場合は屋根に側・妻板を接着していく「屋根基準」としました。そうしたほうが位置合わせがし易かったためです。仮組みの大切さを改めて認識した次第。流れを掴めば後はおぼろげな勘を頼りに組み、ご覧の通りのハコになりました。

あとは時間を掛けて乾燥させ、その気になったら塗装…の前に床下の製作を忘れてはなりませんね。
カタチが見えてくると気分もノッてきます。ただ、部屋に居ても震えるほどの寒さにには閉口しますが…。
[PR]

by ar-2 | 2008-11-21 23:26 | 鉄道模型(国鉄形客車) | Comments(0)
2008年 11月 20日

頭寒足熱

判ってはいたのですが、ここ数日は忙しくなり帰宅が遅くなりそうです。
マニ44の製作もいきなり出鼻をくじかれた格好ですが、少しずつでも進められばプラスになりますから、
先ほど妻板、屋根、床板を切り出し、ゲートの処理と整形を行いました。こうしておけば次回直ぐにハコ組みが出来ますからね。

ハナシは変わりますが、一昨日の夕方頃から風が冷たくなり、昨朝はとうとう冬型気象が姿を現しました。
朝の通勤時、駅までの道すがら向かって左側、まだ半分ほどの冠雪を纏った富嶽と連なる丹沢山系。
済んだ紺碧の空に浮かび上がる様は「美しい」の一言。文字通り「気持ちが洗われる」思いです。

どこかのブログで「頭から風邪をひく」なんてありましたが、この時期の風邪予防として有効なのは「うがい」と「ソックス」。
タイトルにもあるように、寒さを感じやすいのは足許です。就寝時にそう思った方も多いのではないでしょうか。

私自身は数年前からこの時期になると就寝時に必ずソックスを着用するようにしています。
アタマは布団を被れば寒さを感じませんが、足許は布団内でもソックスを着用しないと実に寒く感じますし、
これが因子となって風邪が発生する場合もあるようですから、ソックスの着用は実に有効だと思います。

今夜も寒い晩になりそうです。
[PR]

by ar-2 | 2008-11-20 23:16 | インテリジェント | Comments(0)
2008年 11月 19日

マニ44の製作(とりあえず其の一)

先日のEF62がアタマから離れず?以前に購入したGMのマニ44キットを引っ張り出し、あろうことか組み始めてしまいました。改めて説明するまでもありませんが、本キットは走行性を考慮した設計のようでして、プロポーションが腰高になっています。「マニ44 車高」でググるとこの腰高を改善した作例記事がそれなりにヒットします。考えることは皆同じなのでしょうね。

腰高を改善するといっても、走行に支障が出るようでは本末転倒。今回はそれらの作例のいいとこ取りで、走行に支障の無い腰下げを目指します。
c0155803_2361242.jpg

昨晩に手を付けたのは、車内リブの一部の切削。マジックで黒く塗ってある部分がその対象箇所です。
c0155803_2372889.jpg

続いて本晩に手を付けたのは、残した中央のリブ下部に、t0.5プラ板を接着し逆に「かさ上げ」したということ。これは、単にリブを切削しただけで組み上げますと台車が車体に接触する(らしい)ので、このような措置を講じた次第です。詳しくは他サイトを…って他力本願もいいとことろです(笑

とりあえず現状はこんなところです。また進捗がありましたら掲載して行きます。
[PR]

by ar-2 | 2008-11-19 23:11 | 鉄道模型(国鉄形客車) | Comments(4)