赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:多事壮言(旧・雑言)( 212 )


2012年 08月 12日

一昨日あたりからの・・・

お盆休みだよ、◎◎◎ちゃん!


って、まあ元ネタは特に無いんですが(何
そんなグダグダな滑り出しの近況ですが、簡潔にダイジェストで・・・。
c0155803_21345244.jpg

★10日(金曜)
ある方からの頂き物が着荷しました。もちろん新品です(謎
実際には昼間に配達に来ていたみたいですが気付かず・・・orz そんなわけで受領は夕方となり組み立ての時間がもてなかったので、それについては後日にでも。本アイテムには我が汚部屋の環境改善の一助となる期待がかけられています。
c0155803_2138926.jpg

★11日(土曜)
退勤時に京葉線の丸ノ内側フォーラム改札から出て、スカ線の丸ノ内側改札までの地下通路を抜け切ったあたりに画像のような臨時の手荷物預かり所が設けられていました。昨年までに見かけたかな~?とアタマを捻ったものの、お盆出勤がデフォでも往復におけるコース取りはスカ線か東海道かで流動的ですから、偶々見かけていなかった可能性はあります。何あれ、昨今のシーズンを物語る風物とも言えましょうか。
c0155803_21412967.jpg

でもってその後は横浜に寄り道し、ムズムズしてならなかった薄い本の入荷状況をチェック!本格的な入荷はC82会期終了後と見込まれますが、サークル如何によっては早い段からの入荷もあるので・・・という事で、厳選してとりあえず2冊を購入となりました。嗜好対象は限られたものであっても、内容的にオールカプとかありますからね。そこを今回は尚一層絞ったのですが、2冊とも良作で満足しました。

で、画像はそれとまるで関係無いのですが、そのアシでサマーセール開催中という黄色いお店にも凸。ただそのセール期間が今月の上旬から下旬までと永いので、値引き率が渋いのではと踏んでいましたが・・・まあ想定の範囲内でした。以前になされたセールよりも買い得感は薄そうですね。確かに3050中間車の半額とかはありましたが・・・これといった買い物はせずに帰途につきます。

そして漸くの画像の中身ですが、GMから発売されたサードレールのアイテムチェックも先ほどの黄色いお店凸の目的であったわけですが、何というか道床付線路に無加工で充当すると集電靴とは乖離したポジションにサードレールが来てしまうので要加工・・・という印象があります。それよりもGMのパーツは木製の保護板とサードレールのクリアランスが開き過ぎに感じたというか、それを確認するために画像の撮影と相成った次第でもあり・・・。結局これは、ほぼ毎日に亘ってサードレール集電の電車で通勤しているヲタの性ということでしょうか。このあたりは言い出したキリが無いのですが(汗
c0155803_2152693.jpg

★12日(本日・日曜)
戸塚5:41発の東海道上りが2番線を発ち、5:44発のNEXも1番線を離れようかというタイミングで2番線に通過アナウンスが・・・この頃合いの旅客線通過には思い当るスジがあり、5:50発(平日)のA線発車数分後にロングレール輸送の工臨チキが東日本のPF牽引で通過することがあるのです(稀ですが)。で、今回は時刻的にそれの前倒しかなと思いながら見やろうと思っていたのですが・・・

時に5:46、何と愛知のEF64 1000でした!って、ええ~!?
確かに、今春の改正から愛知機関区カマの首都圏運用の送り込み(戻しも含む)が中央線経由からメガロポリス経由になった・・・とはアタマの隅にありましたが、この時間なのでしょうか。しかも旅客線経由とは・・・。
で、やはり気になって調べたのですが、この愛知からの往路である5090レは本来なら新鶴見(信)着が1:35のようで、何か理由があって遅れていたようです。それ故の旅客線経由だったのかも知れませんが、その後の5:48発A線で新鶴見(信)通過時には停車中の画像の1025をしっかと確認しましたので、まず間違いなく鶴見で旅客線から貨物線へと転線したのでしょう。

同じ横浜市内でも、根岸あたりであればさほど珍奇でない同型ですが、早朝のメガロポリスであまつさえ旅客線経由とは・・・う~む、イレギュラーなのがはなはだ残念。愛知にはオリジナル塗装のカマも居るようなので(あの淡泊な貨物色は好きになれません。国鉄型直流機は濃蒼にクリームの警戒色に限る!)接していれば親近感も湧くでしょうが、そんなわけで私が(現役機の)カマ屋になる事はまず今後もなさそうですw

私は仕事柄、例年ですとあえて冒頭の「お盆休み」となはらないのですが、今年はちょっと事情が変わって日帰りながら佐久往還となりました。これは来月も予定しています。そんなわけで明日は・・・なのですが、5月を含めて年に3回の信州入りは「超」異例です。この顛末についてはいずれにでも・・・。
[PR]

by ar-2 | 2012-08-12 22:12 | 多事壮言(旧・雑言)
2012年 08月 08日

本日も・・・

何とか生きています(謎
さて、いよいよ薄い本の季節となりましたが、それに関わる字書きの真似事はすっかりご無沙汰になっています。まあ何というか・・・まだまだだったんですよね。鉄模然り、良い作を目の当たりにしインスパイアされる事はもとより、それを上手く消化せねば次に繋がりません。で、本日退勤時に魔?が差してモバイルで半年振り以上のブランクを経て渋の特定カテゴリを目にしたのですが・・・近い公休に時間をかけて熟読したい気に駆られました。

そんな混沌とした近況ですが、過日には運命の悪戯如何によっては「碍子のプロ」になっていたかも知れない某氏との間で「交直流電車の碍子の色」について云々・・・と。私見ではこれまた別の某氏が最近勤しんでいる色挿しよろしく「緑色」という概念があったのですが、手許のアルバムをひっくり返してみますと全く相反する実態(といっても十年前くらいですが)が浮かび上がってきました。
c0155803_22271435.jpg

例えばこれとか・・・
c0155803_22273383.jpg

これも元は白色ですね。
c0155803_2228955.jpg

でもって「王道」の屋上・・・ですが
c0155803_2228353.jpg

ちゃんと同形式で緑色がありました!

というか、この差はいわゆる製造年次によるものなのか、はたまた後天的改造、若しくは材質違い・・・など推察は尽きませんが、このあたりの経緯は興味深いですね。やはり某氏には碍子のプロになっていただきたかっt(ry

それにしても「現役」であった頃の私が当時からこのような角度のショットを押さえているあたり、何というかやはり本能的にモデラー視点というものが潜在的であれ有していたようです。あの頃はそんな事、微塵も意識していなかったのですが・・・w
[PR]

by ar-2 | 2012-08-08 22:34 | 多事壮言(旧・雑言)
2012年 07月 28日

本日は・・・

相変わらずの早漏記事ですが、まずは概況をば。
本日の寝覚めは自宅裏手から聞こえてきた「チャンチャカチャカチャカ・・・」というレディオ体操のそれ。このあたり如何にも「夏本番」と言えば聞こえはイイですが、うだるような外気の陽気はもとよりルーティーンの作業場における機械熱(ということにしておきましょう?)が尋常ではありません(暑 翻って退勤後には舞浜のホームからスカイツリーの傍らで花火がポンポンと上がっているのが見え、いよいよ夏本番を刻み込まれたりもしました。
c0155803_23461544.jpg

でもって件のニューアイテム・・・多々記したい事はありますが、何よりも連結妻さえ麗しい!?
c0155803_23484498.jpg

前面窓のHゴム化に際してはオリジナルの窓枠下辺の凹みが残ったままでしたが、その微妙にして繊細なディテールは透かさなければ判読し辛いものの、ちゃんと再現されています!
レビュー&インプレは明日のupを見込んでいますが、どうなることやら?
[PR]

by ar-2 | 2012-07-28 23:52 | 多事壮言(旧・雑言)
2012年 07月 21日

本日の・・・夏のご予定は?

梅雨明けのはずが、あたかも季節が逆戻りしたような陽気・・・お陰で市井は夏休みに突入したにも関わらず初動が「!?」な状態であり(謎 まあ本番は来月でしょうね。そんな本日ですが、出勤時に目にした戸塚5:58発沼津行は本春で静岡行からカットされたにも関わらず、やはり接続の良さ故にか週末という所為もありましょうが立客御礼の様相を見せていて、何だかんだ?で18きっぷのシーズンに突入したのだなと実感させられました。

そんな夏季の中枢となるであろう8月、私は例年通りとりたてての予定も無く・・・ですが、ここで鉄分と二次元の大きなところでのイベントを洗い出してみますと・・・

8/1(水)~6(月) 牛めし屋ショウ
8/10(金)~12(日) C82
8/17(金)~19(日) JAM

となっています。これらへの照準を私はいずれも合わせてはいないのですが、その実はC82とJAMの間に一月前倒しの法事が入っているのが例年と違うところ。事由は色々あるのでしょうが、異色ずくめです。何も盆期間のピークにしなくても・・・わけがわからないよ(謎
c0155803_19452118.jpg

そんな本日の画像は涼感を醸すべく夏場の外濠でも・・・撮影時期は2000(平12)年前後と思われます。
深緑の背景に映えるカナリヤイエローが鮮やかにして印象的ですが、今や無塗装の電車が殆ど全てになってしまいこのようなシチュエーションを堪能する事は出来なくなってしまいました。
[PR]

by ar-2 | 2012-07-21 19:49 | 多事壮言(旧・雑言)
2012年 07月 20日

本日の・・・(迷えど拡大版)

本朝はここ数日とうって変って涼しい陽気・・・。
このところのルーティーンが遅番でありその時間帯もありましょうが、自宅から最寄駅までの道すがらはうだるような熱気と照りつける太陽光により滝のような発汗を伴い、漸く交通機関にありつける頃にYシャツは完全シースルーとなる始末(ここで凄い色気)だったのです。
それが本日は早番出勤の時間帯であったとはいえ、曇天なうえに10°近い寒暖差とあっては・・・何と汗滴一つかかず最寄駅まで到達してしまったのです。どういうことだ、オイ!

そんな本日の記事は近況というか半ば適当なチャンポン記事(!)です。許せる方のみ続きをどうぞ~。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2012-07-20 22:04 | 多事壮言(旧・雑言)
2012年 07月 11日

とうとう・・・

c0155803_20573715.jpg

★2002(平14)年5月20日 大和田

いささか旧聞ですが、京阪8000系8030番台(3000(Ⅰ)系)が引退することが公とされましたね。走ったり41年は鉄道車両としては完全燃焼、定年退職ではないでしょうか。貫通扉とパノラミックウインドウを突き合わせたフロントと、狭窓が居並ぶサイドビューのカップリングはデザイン的に傑出したものであるに留まらず、料金不要の優等車両としては阪神5011、阪急2800、西鉄2000、そして京急2000のような多扉化の施しを受けず、そのオリジナルのままである事によってアイデンティティの色褪せぬ事は大変素晴らしく、また羨ましくもあります。

そんな時の移ろいを感じさせるニュースと共に、梅雨明けも間近との報せ。ここ数日は夏のような陽気で、数年前よろしく「梅雨、明けてました」的なオチがつきそうなほどに梅雨の成分が少なかったです。とはいえ皮肉にも梅雨明けによって湿度は上昇し、塗装に不向きなシーズンの本番が到来します。時間帯を選べばそれほどでもないようですが・・・。

で、塗装塗装と宣うぐらいですからやはりスプレーワークが気掛かりなわけですが、やはりというかなし崩し的に部屋の整理とそれによるラック(小さなもの)の設置をせねばならないようです。青写真はバッチリなわけですが(汗 とはいえ今月はもはや忘れかけ?のfigmaほむほむの着荷(先月末の予定から二度も順延しているという)が控えていたりし、あれもこれも・・・と動けない手前もあるので、せいぜいイメージトレーニングに精を出したいところです。まあ実際にやるのとでは随分違うでしょうけどw
[PR]

by ar-2 | 2012-07-11 21:14 | 多事壮言(旧・雑言)
2012年 06月 16日

最近・・・

c0155803_005152.jpg

ますますキモくなっているね・・・というお褒めの言葉wを頂戴したので、その作業環境をupしてみる。

まあ何というか、その作業環境自体は悪くないと信じて止まないのですが、いかんせん細かいパーツを飛ばしたら発見が困難にはなるんですよね。てことは、結果的に作業環境は良くないと言えなくもないと(汗

そういえば今日(というか昨日)は干葉県民デーでしたね(謎 その余波ではありませんが、変則勤務で日付的には昨日の遅番から本日の早番へとスライドしています。もう寝ないと・・・。
[PR]

by ar-2 | 2012-06-16 00:05 | 多事壮言(旧・雑言)
2012年 06月 13日

仕掛かり品が出来る仕組み

とりあえず塗装前でお預け状態となっている京急500を尻目に、スチロール樹脂の削りカスを量産しています。
c0155803_21194471.jpg

これと・・・
c0155803_21195458.jpg

これ。
2アイテムですが、後者はどのような仕様とするか確定していないのに組み始めています(ぇ 両者とも記事化しないのは、言うまでもなく仕掛かり品となる公算が強いから(というか確信犯的にそれ前提というハナシも)に他なりませんが、かといってモノのはずみで割合早く完成まで持ち込むペースが保てる可能性も否定できないので、その折には改めて稿を上げられればと思っています。
c0155803_21242488.jpg

「困ったときのピク頼み」

京急2000が竣工を迎えた所為か、このところ気がこちらに向いています。というか私には京急ヲタのみならず国鉄型至上原理主義者としての側面もあるわけで(何 そのピク誌は最近めぼしい特集が私的に無く疎遠になっていますが、系列特集ってのはどうしても10年ぐらいしないと一巡しないので、纏まって刊行されてしまうと続かないのでしょうね。ま、燃料には事欠きませんがw
[PR]

by ar-2 | 2012-06-13 21:28 | 多事壮言(旧・雑言)
2012年 06月 08日

最近の・・・先立つものは

何というか、無茶し過ぎで・・・今朝方は猛烈にうなされました(謎
そんな今日この頃ですが、件の500については合宿までの竣工を見限りました。というのも当日までの公休日が本日を入れて3日であり、俗に言う土日休みで計算しても4日ですから大差は無く決して少ないとは言えないのですが、天候の保障もありませんし2000の時分のようなリトライも考えられるからです。無論、製作自体は継続して行きますが・・・。
c0155803_16152479.jpg

過日竣工した2000のその後ですが、側面行先字幕にステッカーを貼付。デハ2011前面と海側側面は「久里浜/wing」、デハ2018前面と山側側面は「快特/品川」としました。そして2000を収納するためのケースはGM製を退勤後に立ち寄った浜丼で調達。この時レジカン前には新製品が所狭しと陳列されており、その中にはGM塗装済京急1000(Ⅰ)新製冷房車(更新後)の再生産分も・・・。今月というか、以後の予算配分をザックリ見ても厳しそうなので、見なかった事にしました(汗 まあ、数か月後にどこかで残っていたら購入に至るやも知れませんが。

で、その予算配分というか投資先見込みですが、今後の判明分だけでも備忘録的意味合いを含めて整理してみました。

★6/下旬 倶楽部合宿
★6/29発送予定 figma制服ほむら(予約済)
★7/7(土) 「魔まマ劇場版【限定特典付き】 劇場窓口販売前売券第1弾」発売
★8/26(日)  杏さやオンリーイベント「一人ぼっちは寂しいもんな3」開催
★9/30予定 1/8スケール佐倉杏子(予約済)
★10/6(土) 「魔まマ劇場版[前編]/始まりの物語」公開
★10/13(土) 「魔まマ劇場版[後編]/永遠の物語」公開
★10月予定 figma佐倉杏子(再生産分)(予約済)
★10月予定 figma美樹さやか(再生産分)(予約済)
★10月~11月予定 MODEMO京阪60形「びわこ」
★来年? 鉄コレ第17弾

う~ん、これは(汗
9月下旬には京阪大津の603F特急色復活と併せ、近江平野を彩る曼珠沙華鑑賞にと湖国逍遙を考えていたのですが、想像していたよりもカツカツでチョッと厳しいです。劇場版前売券のような確実性の無いものも含まれてはいるものの、今後の鉄模への投資は完全に在庫のキット組みで戦う流れになりますね。とは言え「びわこ」に鉄コレ第17弾という例外もあるわけですが、それとて上記の決定項以外の割り込みによって断念せざるを得ない可能性も皆無とは言い切れませんから、本当に読めません。

※末筆ながら業務連絡、運行灯窓を埋めたカナリヤイエローの103ですが、当該画像を載せた記事がありましたので、参照下さい。
[PR]

by ar-2 | 2012-06-08 17:16 | 多事壮言(旧・雑言)
2012年 05月 31日

最近の・・・

c0155803_21202186.jpg

動静をば。
京急2000の工作は予告通り進んでいませんw そんな最近ですが、昨日は秋葉へと立ち寄り某一席・・・相変わらず呑み方間違えています(大汗
c0155803_21334040.jpg

で、その合流前に気になっていたアイテムを探して某量販へ・・・スンナリありました。トレーラーはもう無いべな~と思い込んでいたのですが、さすがにモデルタイプが古すぎたかのか、若しくは生産量が潤沢であったかのどちらかなのでしょう。そのアイテムとは、再生産の153系やニューアイテムの111系のお供にピッタリなクモユニ74です。そのプロポーションはカトーのキャラに違わぬカッチリしたもので、前面の交換式方向幕やユーザ取付のジャンパ栓といった仕様から、作風は近年のキハ30系あたりに倣ったものでしょうか。カプラーをアーノルトとしているあたり、連結相手を縛らないようにとの配慮が見え好印象です。
c0155803_21351296.jpg

私が何故にクモユニ74?というのは、単に吊り掛け電車であったからですw というか鉄コレや色替えアイテムを除けば、マスプロ完成品における旧国のニューアイテム自体久し振りなわけで・・・やはり手に取ってみたかったのです。気になる?売価はトレーラーでも定価で¥3K。前尾照灯ON/OFFスイッチを両エンドに備える豪華仕様ですから無理もありませんが、モデルは20世紀アイテムであれど額面は21世紀なんだなと感ぜずにはいられません。

そしてもののついでで手許の荷電モデルを引っ張り出してみました。カトーのクモニ143です。これのリリースは実に30年前になりますから、カトーの当時から今日に至る水準がどれほどのものか窺い知れましょう。そして最近においても再生産の実績があり、それに値するという点ではベストセラーモデルと言えるのかも知れません。

実車が存在しなかったスカ色モデルも一時は高騰していたような記憶がありますが、今となってはネタ的なコレクターアイテムに過ぎません。ケースは純正のはずですがインサートの品番に枝番が与えられていないのはちょっと新鮮。翻ってクモユニ74の品番は「-1」とされているあたり、スカ色のリリースが期待できるのではと勘繰ってしまいます。
c0155803_21484387.jpg

秋葉詣はこれでは終わらず・・・というより、昨日に店頭で見かけなかったので杏子そ(今日こそ)はと本日も寄り道してきました。その目的は画像の「魔法少女まどか☆マギカ KEY ANIMATION NOTE 4」です。私にとって「薄い本」ならぬ「分厚い本」の購入は珍しい事ですが、その内容が原画集という専門性の強いものであっても「杏子編」という手前で買い洩らす理由はありません。売価の¥4.2Kに対しての躊躇いの無さも、私なりのある意味決意です。
c0155803_215484.jpg

これまで本シリーズはvol.1のオープニング編、vol.2の死闘マミ編、vol.3の挺身さやか編と刊行されてきましたが、キャラクター編におけるタイトルのコピーがまた読み手の心象を捉えて離さないものであり、特にさやか編の「挺身」にはグッと来させられました。故、vol.4の杏子編におけるコピーはどのようなものが飾られるのかと気になっていましたが・・・読んで字の如く、正にこれ以上にピッタリ来るフレーズが思い浮かばない「孤高」が与えられたのです。

そんなvol.4を求めてまずは駅近場のメ口ンを覗くも見当たらず・・・やはり1日遅れなのでしょうか。でもって河岸を変えて虎へ移動。ここではフロア入口の目に付きやすいポイントに積んであり、早速購入と相成ったわけです。特に意識していたわけではないのですが、虎では購入特典としてオリジナルプラスチック製しおりとプラスチック製ケース(スリーブ)が付録し嬉しい限り。なんかこう、林檎が食べたくなってきますよねw

そんなこんなで秋葉詣の大義は果たされたわけですが、こうして見ますと過日の東急6000やクモユニ74のような例外はあれど、鉄模は能う限りキット組みで戦い続け、主たる投資は二次元系へと注がれる・・・というのが潮流のようです。これ自体は私にとっても理想的ですので、今後もチャンネルを絞ったスタイルを貫いて行ければと思います。
[PR]

by ar-2 | 2012-05-31 21:42 | 多事壮言(旧・雑言)