カテゴリ:鉄道廃線(廃駅)跡( 17 )


2013年 07月 01日

くらだし!田浦の相模運輸倉庫専用線跡を訪ねて(2010年1月26日記録)

c0155803_13455729.jpg

唐突ですが某氏の記事を見て懐かしいと感じ、そういえばボツネタになった画像があったはずだとメモリーカードを漁れば・・・ありました。タイトルの通り、2010(平22)年1月26日に思い立って現地訪問した田浦界隈における相模運輸倉庫専用線の記録です。この当時は既に専用線としての役目は終え切っていて、枯れたムード満点な廃線跡として面影を漂わせていましたが、2013年の今となっては平面交差部を残した他はほぼ撤去されてしまっているようであり、その廃線跡の大半ありし日を偲びたいと思います。

※画像の標識板は現在は撤去されています。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2013-07-01 13:27 | 鉄道廃線(廃駅)跡 | Comments(0)
2011年 09月 21日

潰えた橋頭堡~京成白鬚線跡を辿る(後編)

c0155803_9311769.jpg

都下における京成の一支線として昭和初期に存在した白鬚線。都心乗り入れの橋頭堡として嘱望されるも、歴史の波に翻弄され僅か8年でその歴史に幕を下ろしました。数奇と言うよりは地味に、そしてひっそりと潰えていった同線の「残り香」を求めての廃線跡探訪は既に潰えた橋頭堡~京成白鬚線跡を辿る(前編)として紹介済みですが、今回は京成玉ノ井より先について記したいと思います。また、探索のカギとなる、国土変遷アーカイブ空中写真閲覧システムも併せて参照下さい。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2011-09-21 13:26 | 鉄道廃線(廃駅)跡 | Comments(2)
2011年 09月 16日

潰えた橋頭堡~京成白鬚線跡を辿る(前編)

c0155803_1249639.jpg

読んで社名の如く東京~成田間を繋ぐ京成電鉄。1912(大元)年の押上~江戸川と曲金(→高砂)~柴又の開業から都心乗り入れ及び成田到達が叶うまでの過程は紆余曲折であり、その最中に僅か8年で潰えたのが今回紹介する白鬚線です。明治期から昭和30年代に至るまで、浅草界隈は公園六区に代表されるように有数の歓楽街としてその名を知らしめました。特に我が国初の地下鉄として名高い銀座線が浅草~上野間の開業を端緒としているあたりからもその地位の高さを窺う事ができ、界隈を埋め尽くした劇場や酒場は日夜を問わず賑わい「不夜城」の異名を有すほどの隆盛を誇ったのです。

その黄金時代ともいえる大正期から昭和初頭にかけては東京周辺における郊外鉄道の路線延伸が盛んな時期でもあり、京成とそのライバル東武によって「不夜城」浅草は城東のターミナルとしてターゲットとされるようになったのです。この両社は浅草乗り入れの権利を巡って火花を散らすわけですが、果たして1924(大13)年12月に路線免許、1926(大15)年6月に施工認可がそれぞれ東武に下り、1927(昭2)年12月の着工から3年余りを経て1931(昭6)年5月に隅田川を越え晴れての浅草乗り入れを達成したのです。

東武の浅草ターミナル着工を目の当たりにした京成はこの時点で諦めに傾いていたのか、別ルートでの都心乗り入れを模索し1928(昭3)年4月に白鬚線を向島(現在の曳舟~荒川間)から白鬚まで開通させます。この白鬚線についてはゆくゆくは白鬚から隅田川を越え三ノ輪まで到達させ、王子電気軌道(通称・王電、現在の都電荒川線)と結節のうえ直通運転する事を目論んでいたとされています。やがて1930(昭5)年に筑波高速度電気鉄道を合併し、都心乗り入れ案は上野コースへとスイッチ・・・したかにも見えますが、1931(昭6)年に京成電車疑獄事件なる大失態を犯してまでいるあたり、浅草乗り入れの未練はくすぶり続けていたようです。

浅草乗り入れを達成した東武とは対照的に世間体のダメージを受けた京成ですが、1931(昭6)年12月に日暮里、そして1933(昭8)年8月に上野公園(→京成上野)までが開通しようやく都心乗り入れの面目を施しました。しかしここで忘れることなかれ?の白鬚線ですが、もはや施しようのない程に中途半端なカタチで取り残され、折からの都市計画による水戸街道等との立体化の手間もあってか白鬚線は僅か8年という営業に終止符を打ち、1936(昭11)年2月28日(1月27日説もあり)に廃止されたのです。

都心乗り入れという大願成就への過程に生まれ翻弄されていった・・・というのが白鬚線キャラへの一定した見方かと思いますが、他方、向島から白鬚への分岐方向が「成田側からスイッチバックが必要」であるというおよそ都心乗り入れの機能と期待を盛り込まれたとは考えにくい点もあり、その実京成が白鬚線に何を求めたのかはもはや知る由もありません。

予告というか前置きが多くなりましたが、今回は先月に辿ったその京成白鬚線の跡について記して行きます。なお、京成白鬚線の廃線跡については「鉄道廃線跡を歩くIX」(宮脇俊三 著)でも採り上げられているとの事ですが、私は同書の内容について一切目にはしておらず、またその探査における認識や解釈の違いがあろうかと思います。本記事はあくまでもイチ素人によるものですので、内容の不正確性等については仕様としてご承知おき下さい。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2011-09-16 18:12 | 鉄道廃線(廃駅)跡 | Comments(2)
2011年 08月 07日

東武亀戸線・失われた中間駅を辿る(後編)

c0155803_1942167.jpg

前編に続き、亀戸水神駅から上り列車に乗車し小村井駅を目指します。隣駅の東あずま駅は1928(昭3)年の電化時に平井街道駅として設けられるも1945(昭20)年5月に廃止、後の1956(昭31)年5月に東あずま駅として同位置にて再開したという経緯があります。1945(昭20)年5月には平井街道駅の廃止のみならずに前述の北十間駅と後述の十間橋通駅の休止もなされていますが、これは東京大空襲において苛烈を極めた3月10日の下町空襲により再起不能とされたのがその因子とされています。後編ではその事を念頭に置きつつ残りの廃駅跡を辿ってみることとしましょう。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2011-08-07 22:15 | 鉄道廃線(廃駅)跡 | Comments(4)
2011年 08月 05日

東武亀戸線・失われた中間駅を辿る(前編)

c0155803_1752712.jpg

東武亀戸線は東武における都心に最も至近な一支線であり、延長3.4キロに全5駅(平均駅間距離約700M)という都市型ローカル線と言えます。そんな亀戸線ですが、かつての都心ターミナル乗入れに関わる思惑の移ろいにより開業から6年間だけ「本線」扱いだった時期があり、本年で107年の歴史を刻むのは伊達ではないようです。とはいえ輝かしい「本線」時代が終わった後の1世紀はローカル線として甘んじる事となり、現在の亀戸線へと至っているわけです。本日実地踏査した亀戸線における廃駅というのは、ローカル線化後になされた電化(1928年)により設けられたものが殆どであり、その点にチャンネルを絞りつつ記していきたいと思います。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2011-08-05 19:48 | 鉄道廃線(廃駅)跡 | Comments(0)
2009年 06月 17日

夢の街、夢の国、夢の跡 ~ドリームランドモノレール廃線跡を行く~(その5・本編最終回)

c0155803_1736233.jpg

その4に続く、先月初頭以来のレポート再開です。抱えているものも多いのですが私にしては真面目?に纏めたシリーズなので、いつまでも尻切れというのも不恰好ですから…・。前回は玉縄台住宅のはずれ、大規模な切通し跡を見渡せるポイント(U地点)までのレポートでした。今回はモノレール大船駅跡と、そこを俯瞰できるであろう社宅敷地へのアプローチを目指します。

目指す頂への遠い道程…
[PR]

by ar-2 | 2009-06-17 18:33 | 鉄道廃線(廃駅)跡 | Comments(0)
2009年 05月 05日

飯田線走破の旅特別編・鶯巣~平岡間旧線跡を行く

c0155803_12412335.jpg

飯田線全線走破の旅の途上、鶯巣~平岡間の線路付替えにより生じた廃線跡を辿りました。
この区間は1982(昭57)年の藤沢トンネル開業により現在線へと切り替えられ、複数のトンネルと橋梁を有する旧線は放棄されました。
今回はこの旧線に沿う国道を辿り、残された遺構を眺めながら平岡までを目指すというものであります。

汽車は出て行く…いざ出発
[PR]

by ar-2 | 2009-05-05 13:28 | 鉄道廃線(廃駅)跡 | Comments(0)
2009年 05月 01日

夢の街、夢の国、夢の跡 ~ドリームランドモノレール廃線跡を行く~(その4)

c0155803_2123128.jpg

その3からやや間が開きましたが、レポートを再開したいと思います。前回まではドリームランド~小雀信号所間を紹介済みですが、今回からは残りの区間を目指します。前回記事までの今昔定点対比では、gino-1氏ご提供の軌条残存時の貴重な画像を多用させて頂き、またshin_88888888氏からも貴重な画像の転載についてご了解頂きました。改めて御礼申し上げます。小雀信号所から大船までについては軌条撤去後の現景がメインとなりますが、軌条なき画像にその在りし姿をイメージするのも一興でありましょう。

山を越え、谷を越え…
[PR]

by ar-2 | 2009-05-01 22:17 | 鉄道廃線(廃駅)跡 | Comments(0)
2009年 04月 22日

夢の街、夢の国、夢の跡 ~ドリームランドモノレール廃線跡を行く~(その3)

c0155803_20234040.jpg

その2に引き続き、ドリームランドモノレールの廃線跡を辿り、大船を目指します。繰り返しになりますが、旧景画像はgino-1氏から全面的にご提供いただいたものです。また、コメントいただいたshin_88888888氏からも貴重な蒐集画像の転載についても了解いただけましたので、こちらも随時併せて記事中に紹介していきたいと思います。

緑のワゴンの箇所が軌条跡です…
[PR]

by ar-2 | 2009-04-22 21:37 | 鉄道廃線(廃駅)跡 | Comments(2)
2009年 04月 21日

夢の街、夢の国、夢の跡 ~ドリームランドモノレール廃線跡を行く~(その2)

c0155803_855684.jpg

前回(その1・ドリームランド~宇田川)に続き、ドリームモノレール廃線跡を辿り大船を目指します。繰り返しになりますが、旧景画像はgino-1氏から全面的にご提供いただいたものです。また、探訪時にはなんと地図を携行しなかったため、具体的な地名や地点を特定した記述については、
私の保有する「ゼンリン住宅地図2000 戸塚区」に基づいております。ご承知おき下さい。

エンパイアの存在感、いまなお!
[PR]

by ar-2 | 2009-04-21 11:00 | 鉄道廃線(廃駅)跡 | Comments(0)