赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:外出・旅行( 281 )


2015年 03月 07日

鉄道博物館へ行ってきました(終章・美しきかなEF81 81)

・鉄道博物館に行ってきました(その1・埼玉入りが久し振り過ぎる件)
・鉄道博物館へ行ってきました(その2・保存車両の視るべきポイントをズラしてみる)
・鉄道博物館へ行ってきました(その3・てっぱく落穂拾い)
・鉄道博物館へ行ってきました(その4・新幹線高架下で本気出す)


本日の〆はやはり動く車両を?ということで、EF81牽引で話題になっている「カシオペア」を見に行くこととしました。田端には6台のEF510が居ますが、うち半分の3台が入場や故障で運用を離脱しており、「北斗星」が3月改正まで定期で残る以上は予備機を含めると3台のEF510ではまわせなくなるわけで・・・ここにEF81がまさかの登板相成ったという事のようです。
c0155803_1714841.jpg

大宮からE231のボックスに座ってトロりとしつつも、尾久で同業が集まっている姿を見つければ眠気も吹き飛びます。どうやら「カシオペア」客車への機関車連結が間もなくのようで・・・
c0155803_1724283.jpg

するとやってきましたEF81 81!!(画像は後打ち)
機関庫側から一旦青森方に引き上げて転線し、連結されます。
c0155803_174115.jpg

それにしても「大宮の本気」というか「田端の底力」というか、細部への色挿しの徹底さ加減然り、昨年8月の出場から半年以上が経っているにも関わらず、遠目に見ても何と艶やかで血色の良いこと!
c0155803_175593.jpg

びゅーてぃほー!!
c0155803_1755324.jpg

連結するで~
c0155803_176994.jpg

連結完了!!
E26系とEF81のカップリングは運転開始当初以降見られましたが、専用塗色機や星ガマ牽引とは違い、銀帯を入れた高貴さが漂うお召仕様機の牽引は風格に満ちています。いや、美しい・・・。
c0155803_179266.jpg

とりあえずは上野へ出ようということになり、16:20の発車まで小一時間あるな~などと頭端ホームのそばで待ちぼうけかと思いきや、何と15:30過ぎにはもう入線し客扱いを始めました。13番線の入線列車が時間帯的に少ないのもありましょうが、何とも優雅でサービスに満ちています。そしてホーム先端は案の定の様相ですw
c0155803_17124417.jpg

「北斗星」の廃止とリンクしてやにわに注目を浴び始めた「カシオペア」。
1999(平11)年7月16日の運行初日にも私は上野駅13番線で「カシオペア」を見送ったクチですが、あれから16年、思えば随分と時が経ったものです。精悍なパーイチの顔立ちに過ぎ去りし日々の感傷は駆け巡り、群がるギャラリーに夜行列車終末の実感を噛みしめるのです。
c0155803_17243290.png

あまりの美しさに打ちひしがれ、感激する。
私が記撮に及ぶのは、そういった瞬間なのだなと思います。
c0155803_17265333.jpg

その後は得も言われぬ充実の余韻に浸りながら久々にアキバへと出、ひとしきり巡回してから某様が見つけたという唐揚げのお店へ。画像のブツが名物のようですが、見ての通りですからイチイチ剥かねばならないので正直大変です(汗
c0155803_17261228.jpg

その後は真っ直ぐ帰るだけ・・・のはずが、何と間の悪い事に「ホームライナー逗子」の発車30分前に東京着してしまうという(爆 衆議一決、さっそくライナー券を求め列に加わります。
c0155803_1730784.jpg

金曜日だからというよりは、ウチら含めてのヲタのお名残り乗車もあるせいか普段より混んでいるそうです。東京駅乗車客の割り当ては後部の4・5号車ですが、乗り口は4・5号車どちらにもあるので結構早くに席が埋まります。
c0155803_1732960.jpg

新橋で3号車、品川で1・2号車に旅客が乗車すれば、あとは大船までノンストップ。
やはり普段のローカル帰りとは異なり駅という駅を通過するのが新鮮で、アッという間に大船に着いてしまった感があります。でももうこれも来週一杯でジ・エンド。博物館行で始まった1日は充実に終わりました。

c0155803_22491664.jpg

おまけ:

大船のホームに見慣れない「新宿」行が・・・。
はて、またダイヤでも乱れたのかと思いきや、何と21:31発の所定で金曜日運転の臨時電車「花金電車」なのです。といっても金曜日ならいつでも運転されているわけではなく、期間限定なのだとか・・・。新宿到着後は折返し大船行となるようで、思わぬ列車の存在に認識を新たにしたのです。
[PR]

by ar-2 | 2015-03-07 17:43 | 外出・旅行 | Comments(0)
2015年 03月 07日

鉄道博物館に行ってきました(その1・埼玉入りが久し振り過ぎる件)

c0155803_1333392.jpg

昨年12月の予告の通り、昨日に地元の某様と鉄道博物館へと出掛けてきました。

まず某様からは大船始発のSSでの大宮入りが提案されましたが、オフの日にまでラッシュの時間帯に関わるのは御免だ!として激しく抵抗w 結局家事云々を口実にウチは遅れて東京経由で、某様は先行して所定のSSでと別個で向かったのですが、SSは輸送障害で10分以上遅延し後発のウチとの差が縮まるというスッタモンダの末、上野からガラガラの高崎線に乗り赤羽で某様が合流したのです。
c0155803_1462211.jpg

ようやく大宮着。
c0155803_1464479.jpg

大宮に楽しい所は、このように「あずさ」色のモハユニットや・・・
c0155803_1471684.jpg

205系各色など、無秩序的に色んな入場車が見れるところ。
して、205系は・・・
c0155803_147591.jpg

車番はクハ205-107ってあるけれど、これって埼京線のラス1のやつ?
因みに隣の武蔵野線色は増発用に充てられる元ナハ車のようです。
c0155803_1410997.jpg

西口からニューシャトルの乗場に向かいます。
シーサイドラインやゆりかもめと同じゴムタイヤのあれですね。しかしこの3者の中ではニューシャトルが元祖です。
c0155803_1411371.jpg

ニューシャトルの大宮駅はループ状で、それに接して改札からホームまでがストレートなのが特徴。銀座線の渋谷駅にもこんなかんじの改札があるのを思い出しました。パッと見は階段だけですが、左端にスロープがあり車椅子対応もなされています。
c0155803_14143100.jpg

このループ線、新幹線高架の真下に位置しますから、ニューシャトルが潜り込んでくる様がとってもユニーク!
c0155803_1415636.jpg

「ニューシャトル」が字幕?で「行先」が看板とかよくわかりませんなw
c0155803_1415446.jpg

着きました。
c0155803_1416743.jpg

新幹線高架を挟んだ大宮方面行にはゴムタイヤプレハブが!まるで中央線みたいw
c0155803_1419048.jpg

「無節操な衆愚の傍若無人な立ち居振る舞いによって一部保存車両が公開中止に至るという博物館とは名ばかりの糞テーマパーク」

それが開館から8年目を迎えた「鉄道博物館」へ私が抱き続けてきた偽らざる所感です。
糞テーマパークへ逝きたいならば京葉線舞浜駅で強制下車すべきです。この考えは絶対に曲げません(謎
c0155803_14225464.jpg

今回とて、某様のご招待ありきですから、これが無ければ永遠に入館しなかったであろう可能性を否定しません。鉄道趣味繋がりであれ人並み?の付き合いのあるウチの周りに限って見ても、(鉄博へ)「行った」という向きもいれば「未だに行ってない」という向きもいますから、結局は嗜好の差なのかなと思います。

その2に続く)
[PR]

by ar-2 | 2015-03-07 14:30 | 外出・旅行 | Comments(0)
2014年 11月 13日

牛に牽かれて渋温泉 (2日目その4・終章~信州よまた逢う日まで)

c0155803_1691423.jpg

牛に牽かれて渋温泉(1日目その1・新幹線で錯乱の長野へ)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その2・21年ぶりの長電!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その3・愛するマッコウクジラ!!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その4・輝けるウイングマーク!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その5・湯の香漂うラビリンス~渋温泉徘徊)
牛に牽かれて渋温泉(番外録・愛するマッコウクジラは本当のマッコウクジラだった!!)
牛に牽かれて渋温泉 (2日目その1・九湯を振り返りつつ渋温泉を後に)
牛に牽かれて渋温泉 (2日目その2・ここは天国ですかっ!?我、須坂に咆哮す!前編)
牛に牽かれて渋温泉 (2日目その3・ここは天国ですかっ!?我、須坂に咆哮す!後編)

須坂での徘徊もそこそこに先に進みます。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2014-11-13 16:58 | 外出・旅行 | Comments(6)
2014年 11月 13日

牛に牽かれて渋温泉 (2日目その3・ここは天国ですかっ!?我、須坂に咆哮す!後編)

c0155803_13584996.jpg

牛に牽かれて渋温泉(1日目その1・新幹線で錯乱の長野へ)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その2・21年ぶりの長電!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その3・愛するマッコウクジラ!!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その4・輝けるウイングマーク!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その5・湯の香漂うラビリンス~渋温泉徘徊)
牛に牽かれて渋温泉(番外録・愛するマッコウクジラは本当のマッコウクジラだった!!)
牛に牽かれて渋温泉 (2日目その1・九湯を振り返りつつ渋温泉を後に)
牛に牽かれて渋温泉 (2日目その2・ここは天国ですかっ!?我、須坂に咆哮す!前編)


須坂の後編です。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2014-11-13 15:41 | 外出・旅行 | Comments(2)
2014年 11月 13日

牛に牽かれて渋温泉 (2日目その2・ここは天国ですかっ!?我、須坂に咆哮す!前編)

c0155803_12111522.jpg

牛に牽かれて渋温泉(1日目その1・新幹線で錯乱の長野へ)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その2・21年ぶりの長電!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その3・愛するマッコウクジラ!!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その4・輝けるウイングマーク!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その5・湯の香漂うラビリンス~渋温泉徘徊)
牛に牽かれて渋温泉(番外録・愛するマッコウクジラは本当のマッコウクジラだった!!)
牛に牽かれて渋温泉 (2日目その1・九湯を振り返りつつ渋温泉を後に)


信州中野での518レへの接続は無事果たされ、いよいよ本日メイン?の須坂へと向かいます。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2014-11-13 12:23 | 外出・旅行 | Comments(0)
2014年 11月 13日

牛に牽かれて渋温泉 (2日目その1・九湯を振り返りつつ渋温泉を後に)

c0155803_9174434.jpg

牛に牽かれて渋温泉(1日目その1・新幹線で錯乱の長野へ)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その2・21年ぶりの長電!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その3・愛するマッコウクジラ!!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その4・輝けるウイングマーク!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その5・湯の香漂うラビリンス~渋温泉徘徊)
牛に牽かれて渋温泉(番外録・愛するマッコウクジラは本当のマッコウクジラだった!!)

静かな一夜が明け、ヒトケタ台の冷気に包まれた11月8日の渋温泉の朝。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2014-11-13 10:13 | 外出・旅行 | Comments(0)
2014年 11月 11日

牛に牽かれて渋温泉(番外録・愛するマッコウクジラは本当のマッコウクジラだった!!)

牛に牽かれて渋温泉(1日目その1・新幹線で錯乱の長野へ)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その2・21年ぶりの長電!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その3・愛するマッコウクジラ!!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その4・輝けるウイングマーク!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その5・湯の香漂うラビリンス~渋温泉徘徊)

唐突ながら、長電に現存するマッコウクジラを、在籍・廃車済み如何を問わず此処で総括してみたいと思います。車番は全て向かって左側が湯田中方。

【在籍】
★2連「Normal」
c0155803_1612337.jpg

・N3編成
モハ3503+モハ3513
旧車番:モハ3049、モハ3050 (1964・2・11近車)
c0155803_1625561.jpg

・N6編成
モハ3506+モハ3516
旧車番:モハ3065、モハ3066 (1964・3・5日立)
c0155803_163334.jpg

・N7編成
モハ3507+モハ3517
旧車番:モハ3051、モハ3052 (1964・5・11近車)
c0155803_1644067.jpg

・N8編成
モハ3508+モハ3518
旧車番:モハ3039、モハ3040 (1964・1・14東急)

★2連「One man」(当初からワンマン、車内運賃収受対応)
c0155803_1655266.jpg

・O2編成
モハ3522+モハ3532
旧車番:モハ3037、モハ3038 (1963・12・19東急)

★3連「Long」
c0155803_1664416.jpg

・L2編成
クハ3652+モハ3602+モハ3612 
旧車番:モハ3055 (1964・4・8川車)、モハ3571 (1971・4・26近車)、モハ3056 (1964・4・8川車)



【廃車済】
c0155803_1685017.jpg

・N5編成(画像右)
モハ3505+モハ3515
旧車番:モハ3061、モハ3062 (1964・2・22川車)
c0155803_1691995.jpg

・O6編成
モハ3526+モハ3536
旧車番:モハ3075、モハ3076 (1966・8・27日車)



此処までの流れで、「車番」でピンと来た向きは相当なものでしょう。
事実、私は番号対照で漸く気付いた程ですから。
して、それが何なのかというと・・・
c0155803_20365121.jpg

1994年7月23日 モハ3055 南千住


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


c0155803_20422171.jpg

2014年11月8日 クハ3652 須坂



c0155803_20431817.jpg

1994年7月23日 モハ3056 南千住


↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓


c0155803_20434865.jpg

2014年11月8日 モハ3612 須坂



c0155803_20464138.jpg

2014年11月7日 朝陽~附属中学前


また、逢えたんだね・・・。


c0155803_2133959.jpg

※「鉄道ファン」1994年12月号(通巻404)より転載

記事中に編集サイドのソースとして「このままイベントなどを~」とありますが、結果としてこれは実現せず他車同様の長電仕様に収まりました。イベント用という、それこそ今からすれば奇をてらった使途に従ざれなかったからこそ、20年の悠久の時を経て今日に彼は生き永らえているのかも知れません。嗚呼マッコウクジラ、私が20年越しに対面したのは「本当のマッコウクジラ」だったのです。

つづく
[PR]

by ar-2 | 2014-11-11 21:02 | 外出・旅行 | Comments(0)
2014年 11月 09日

牛に牽かれて渋温泉(1日目その5・湯の香漂うラビリンス~渋温泉徘徊)

c0155803_1754230.jpg

牛に牽かれて渋温泉(1日目その1・新幹線で錯乱の長野へ)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その2・21年ぶりの長電!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その3・愛するマッコウクジラ!!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その4・輝けるウイングマーク!)

渋和合橋停留所で下車し、ブルリの姿を見送った私はいよいよ渋温泉へと足を踏み入れます。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2014-11-09 15:59 | 外出・旅行 | Comments(2)
2014年 11月 09日

牛に牽かれて渋温泉(1日目その4・志賀高原に挑む輝けるウイングマーク!!)

c0155803_14393863.jpg

牛に牽かれて渋温泉(1日目その1・新幹線で錯乱の長野へ)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その2・21年ぶりの長電!)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その3・愛するマッコウクジラ!!)

湯田中駅からはバス移動です。

続きを読む・・・
[PR]

by ar-2 | 2014-11-09 15:06 | 外出・旅行 | Comments(2)
2014年 11月 09日

牛に牽かれて渋温泉(1日目その3・二十年振りの逢瀬!!愛するマッコウクジラ!!)

c0155803_1274887.jpg

牛に牽かれて渋温泉(1日目その1・新幹線で錯乱の長野へ)
牛に牽かれて渋温泉(1日目その2・21年ぶりの長電!)

お次は有名な村山の併用橋です。 

続きを読む・・・  
[PR]

by ar-2 | 2014-11-09 14:06 | 外出・旅行 | Comments(2)