赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

カテゴリ:未分類( 3 )


2014年 08月 01日

旅立ち

実母にあっては本日、無事に荼毘に付せられました。
親類縁者の方々のご支援、そして多くの方のお心遣いに感謝する次第です。
[PR]

by ar-2 | 2014-08-01 18:58
2014年 07月 28日

訃報

今朝、実母が急逝したとの報せを受けました。
暫く記事更新についてはお休みさせていただきます。
[PR]

by ar-2 | 2014-07-28 08:50
2013年 12月 11日

ありがとう、守 俊一郎さん

去る12月3日、鉄道模型趣味を通じて知り合った友人、守 俊一郎さんが、7ヶ月に及ぶ闘病の末にこの世を去りました。
享年35。

思い返せば彼と初めて顔を合わせたのは、今を遡る事7年前の2006(平18)年5月の事。倶楽部における初のモジュールオフに向けた調整ミーティング後の酒席の場であり、既存メンバーからモジュールオフに興味を抱く友人が居る・・・というかたちで紹介されたのです。

彼は鉄道乗務員が生業のそれであり、まさに公私共に鉄道一色というイメージが当初の印象だったのですが、バイタリティーに満ちた彼は鉄道関連の分野に留まらず多方面で活躍し、その人徳溢れる様は去る12月8日に催された「お別れ会」に居並んだ沢山の顔ぶれが証明していました。

彼の実家と私の現住所が極めて近い(歩いても無理ない)事や、趣味における嗜好が似通っている部分もあってか、倶楽部という枠内のみならず数多の機会で時間を共有し、ホビーライフを充実したものとさせてくれたのです。倶楽部内でも散発する諸問題やオフ会に向けた企画や準備一括に対し、常に先頭に立って正面から取り組む心強い姿勢で臨んだのも他ならぬ彼であり、彼なくして倶楽部の今日までの存続は無かったと断言できます。
c0155803_1238125.jpg

・2010年6月20日「第6回モジュールレイアウトオフ 於いこいの村あしがら」
金属キットをモノに出来るのは私から見れば羨ましい限り。慣れればプラよりもとっつきやすいと力説されていたのを、先日の事のように思い出します(手前の阪神「喫茶店」が彼の作)。
c0155803_12421494.jpg

・2010年1月16日「第5回モジュールレイアウトオフ 於いこいの村あしがら」
競作もまた楽しいものでした(手前から1、3、4本目が彼の作で2、5本目が拙作)。
c0155803_12435170.jpg

・2010年6月19日「第6回モジュールレイアウトオフ 於いこいの村あしがら」への途
彼のキューブの助士席に何度お世話になった事でしょうか。
c0155803_12454080.jpg

・2010年1月17日「第5回モジュールレイアウトオフ 於いこいの村あしがら」
モジュオフへの情熱を、彼は決して途切れさせる事はありませんでした。
c0155803_1253568.jpg

・2010年2月5日 「はやて91号 車内」
目線を入れるつもりはありませんでしたが・・・丁度?のカットが残っていました。会長のグラサンでご満悦な彼です。

かくして彼と出合ってから僅か7年間、あっという間の別れとなってしまいました。私よりも2ツ年下という若さも然りですが、それより何より、守 俊一郎さんという存在それそのものを喪った悲しみはあまりにも深く、最後に顔を合わせた8月下旬の一時退院時でもこれからの事を語っていただけに、私を含めた皆が未来のある事を信じていました。

ありがとう、守 俊一郎さん。
遠いところからでしょうが、私の拙い工作とあぶなっかしい?倶楽部の行く末を、どうか見守って下さい。
そしてまたいつかきっと、巡り逢える事を信じて。

合掌
[PR]

by ar-2 | 2013-12-11 13:07