赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

2014年 10月 26日 ( 1 )


2014年 10月 26日

間もなく入線?「なつかしの磐西客レ」セットのこと

c0155803_2155456.jpg

私の客車趣味は昨日今日に始まったものではありません。
二次資料たる商業誌からデータをピックアップしフィールドノートに纏めるといった作業は、10代そこいらから始めていました。逆に言えば今は全く行っていませんが・・・。もっというと旧客が全ての嗜好ではありません。確かに大井川や高崎といった動態保存車ではない「現役」の旧客に接し得なかったが故の焼けつくような「憧れ」もありきですが、50系(以下、特に断りの無い限りレッドトレインの事を示す)のような自動扉エイジの客車は現役時代に接し乗車もしていますから、これはこれでそれなりの思い入れもあるわけです。

前置きはさておき、その50系ですが私が実際に乗車したのは久大本線、筑豊本線、磐越西線、そして北海道の51形(快速「らんしま」)となりますが、他にも乗車し得なかったものの星ガマEF81が間合い牽引する盛岡~青森間の東北本線客レなどは目にしています。表題にある「なつかしの~」はトミックスが磐越西線における50系引退後に発売した限定品のそれであり、三つ目ガマとして当時人気を誇ったDD51 745と50系を4両セットしたものです。
c0155803_21552538.jpg

磐越西線の50系に乗車した事があるとは言いながら、証拠のプリントがついぞ見つからなかったのは片手落ち・・・。ただ、それが載った別の媒体ならなくもないのですが(意味深 それはさておき、今回の「なつかしの~」はいつも通りというか中古品でポチったわけで、現物はまだ手許に無いもののお迎え準備?として、その磐西客レについて少々予習をしておこうと思います。

磐越西線の50系は1995(平7)年12月のダイヤ改正で引退しましたが、最終日となった同年11月30日概況は、電化区間では所定4本のうち3本(1221レ、1222レ、1237レ)が50系で運転され、1236レが電車(455系?)へと先行して置き換えられました。新津口の非電化区間では朝の223レ(会津若松→新津)が前日に運用終了した4両+所定4両の8両で運転され、更には牽引機にDD51 745が抜擢され華を添えました。夜の236レ(会津若松→新津)も50系で運用され、翌12月1日には電化区間における運用終了車4両を足したやはり8両で、これもDD51 745が会津若松から所属区の上沼垂まで回送を担っています。

「なつかしの~」セット内容は件のDD51 745の他、50系がオハとオハフ各2両の合計5両となっています。翻って当時の記録を見てみますと、4連中の3両がオハフ(JRマークがあるので遠目にも判る)というケースもあったようで、確かに当時の上沼垂運転区(新カヌ)の50系の配置表の限りではオハフが圧倒的に多いものの、これは需給の都合というよりは運行上の都合と言ったほうが良いかもしれません。即ち、無人駅での集札を考えると編成両端にドア扱いの出来る乗務員室が在るよりも、編成中間でドア扱い可能なほうが都合の良い場合もあるわけで、このあたりが意識されて組成されていたはずです。これは磐越西線に限らず、50系運用線区においては概ね共通して見られた事象ではないかと思います。

で、その当時の上沼垂運転区の配置表(1995(平7)年4月時点)から50系をピックアップしてみますと・・・


・オハフ50
2045 2047 2048 2053 2058 2293 2294 2295 2296 2297 2300 2301 2308 2309 2310 2311 2312 2313 2314 2315 2316 (計21両)

・オハ50
2034 2035 2037 2041 2042 2193 2194 2205 2206 2207 2208 (計11両)


となります。これではオール「オハフ」の編成が組まれても不思議はありませんね。兎にも角にも、私にとって「なつかしの~」は初めての50系モデルとなるわけで、これまでの古色蒼然とした客車模型趣味に華が咲くのも間近で楽しみな限りです。

以下、オマケ
c0155803_21493340.jpg

磐越西線ネタではなく恐縮ですが、筑豊本線の対向列車車中から捉えた50系・・・ですが、最後尾にはスハフ12が連結されています。それも俗に言う1000番台の類の一般型化改造車ではない、ノーマルです。
c0155803_2151236.jpg

更に私が乗車した50系列車の最後尾は・・・
c0155803_21514740.jpg

なんと「シュプール大山」用の12系、つまりリクライニングシート装備車!が連結されていました。この当時の筑豊本線においてはこのような組成がデフォだったようです。
c0155803_21522856.jpg

c0155803_21523441.jpg

若かりし日の私と50系・・・顔が隠れていたら若いかどうか判らないって?ご想像にお任せしますw

※参考文献:「鉄道ファン」№411、№418
[PR]

by ar-2 | 2014-10-26 21:58 | 記憶のレール(国鉄~JR) | Comments(6)