赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

2013年 08月 13日 ( 1 )


2013年 08月 13日

木曽路はすべて山のなか~準急「きそ」の製作(ナロハネ10編その4)

木曽路はすべて山のなか~準急「きそ」の製作(序)
木曽路はすべて山のなか~準急「きそ」の製作(ナロハネ10編その1)
木曽路はすべて山のなか~準急「きそ」の製作(ナロハネ10編その2)
木曽路はすべて山のなか~準急「きそ」の製作(ナロハネ10編その3)

インテリアの仕立てを了したナロハネですが・・・
c0155803_23224094.jpg

「窓から覗く巨大寝台!」


※マイク口工ース風に

薄々気づいてはいましたが・・・こんなバカデカい寝台仕切りを有した形式って、あったっけ?
兎に角色々と興醒めであり、そうとなれば・・・
c0155803_23263283.jpg

モリタの寝台終了のお知らせ


となるわけで・・・
c0155803_23272767.jpg

床板裏側の補強とホワイトメタルの水タンクも除却します。
では、代替の寝台は?ウェイトは?となるわけですが、寝台については・・・
c0155803_2328469.jpg

これです。一時期集めた旧・マイクロエースの10系寝台です。青ラベルは90年代頃の再生産品で、茶ラベルが80年代初頭の生産品です。
c0155803_23383761.jpg

この10系寝台、何が凄いかって集電版を挟んだナハネフ10(オハネフ12)の転がりの重さが天下一品であり、画像でそれは確かなものとして見ていただけましょう。当然のように、接着剤も魔法も高速シャッターも使っていませんw
c0155803_23314598.jpg

角度を変えて撮っても同じですが、こんなんではマトモな走行(機関車に与える負荷を含めて)は出来たものではなく、これまで走行の機会はゼロに等しいものです(少なくとも記憶には無い)。かつての棚卸しでも内訳に含んではおらず事実上の部品扱いであり、故、インテリアはこれらの車両の内から充当しようと思います。10系ハネの非冷房は「彗星」セットのバラなどで集めたフシもあるので、それほど困らないというのもありますが・・・。いずれはこれらの旧・マイクロエース製品のリメイク(青色塗装で三等表記とか笑わせてくれる様式のモノもあるので)もやってみるか?塗装の直しはもとより、非冷房には不要なディーゼル発電機&発電機燃料タンクの撤去とか・・・。

ウェイトについてはGM製の短いほう(17M旧国等用)を床板裏側に吊る予定ですが、ここにきてルーティーンが遅番サイクルへとスライドし、「自分に時間」は暫くお預け・・・退勤後の寄り道もままならない見込みですので、進捗は暫く先になりそうな予感です。

その5に続く)
[PR]

by ar-2 | 2013-08-13 23:44 | 鉄道模型(国鉄形客車)