赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ

2013年 07月 05日 ( 3 )


2013年 07月 05日

オロ80、高原のポニーとともに(その8・了)

本日3本目です。→1本目 →2本目
残すは窓セル貼りのみとなり、オロ80の製作も大詰めを迎えました。
オロ80、高原のポニーとともに(その1)
オロ80、高原のポニーとともに(その2)
オロ80、高原のポニーとともに(その3)
オロ80、高原のポニーとともに(その4)
オロ80、高原のポニーとともに(その5)
オロ80、高原のポニーとともに(その6)
オロ80、高原のポニーとともに(その7)
c0155803_19283279.jpg

ちょっと思案どころであった障子の表現ですが、オロフ80(カトーのオハフ33戦後型ベース)は嵌め込みガラス故に凸表現であり、無難に表現することを優先してガラス外側に白色を着色しました。と、ここで某氏連絡が入り・・・
c0155803_1932794.jpg

近所で昼食がてら画像のキットをお譲りしてきました。何というか、、キットもいよいよ品薄感強くなってきた・・・等が話題の中心となりました。
c0155803_19331427.jpg

そして某氏は、グレイスモデルの函館市電に手を付けた身内での一番乗りでしたね。板キットとしては比較的そつなく組めるようですが、やはり塗装をどうするかがカギとなるようです。
c0155803_19344184.jpg

取引を無事済ませ帰宅後、先程着色したガラスのマスキングテープを剥がした上で車体に嵌めてみますと・・・外側着色による肉厚感は無く、むしろ白色がボヤケておらず好ましく思えました。
c0155803_19371837.jpg

他方、残りの3両のGM製については窓セルの内側に無塗装のプラ板を貼ると言う、対極じみた表現としました。こちらは構造上嵌め込みガラスではないので、窓セル外側を白く着色したとしてもオロフ80の表現には並ばなかったと思います。何にしろこのあたりは好みが別れそうなので、いわゆる「表現実験」的一環の意味も込めて施工した次第です。
c0155803_19421451.jpg

車番については名ナコのナンバーが種車の都合上含まれていますが、オロ80は2002、2006、2007、オロフ80は2012としました。C56の「刺身のツマ」的なものを目論み、昨年末から仕掛けてズルズルと来たオロ80の4連・・・これにて一応の完成としました。あとは細かいところで等級表示灯に白色を挿してみたいと考えていますが・・・。
c0155803_19464821.jpg

完成・・・となると、やはり編成を組みたくなりますねw
高原のポニーことC56のプッシュプルでエスコートされた元祖・お座敷客車は、佐久平を抜け、八ヶ岳山麓を駆けて行ったのです。

(おわり)

※カトーのC56ですが、こちらの通り10月再生産がアナウンスされましたね。未だに潤沢に在庫している店舗もあるにはあるのですが、昨年秋発売で買い逃した向きにはチャンスでしょう。南武線貨物祭り?よろしくED16も再生産ですが、これも在庫している店舗があるにはあるわけで・・・(悩 新品にしろ中古にしろ、その「買い時」の判断に一喜一憂するのもまた愉しみでしょうか。
[PR]

by ar-2 | 2013-07-05 19:55 | 鉄道模型(国鉄形客車) | Comments(4)
2013年 07月 05日

昨日は・・・

本日2本目→1本目 →3本目

昨日は退勤時刻が微妙だったのですが、店舗営業時間に間に合いそうという事で寄り道・・・。
c0155803_8362083.jpg

消耗品の類と、不足分充填のためのバルクパーツ、塗料、台車を黄色いお店で入手してきました。レジの傍らには発売されたばかりのEVOシリーズが並んでおり、気になりましたが他に抱えているものが沢山ありますので・・・様子見ですね。そういえば某著名ガレキメーカの中の人が店内に居ましたが、イベントでもあったのかな(平日ですが)?
c0155803_850953.jpg

その後は別店舗で・・・ポイントを併用して買っちゃいました。私にとって初めて手にする、EF66(ロクロク)のモデルです!何故、いまロクロクか?

去る6月29の一席の帰り道の事ですが、戸塚駅ペストリアンデッキ上で涼んでいた折ほどなくして大踏切の彼方から、ダダダダダというジョイントと甲高いモーターの唸りをシンクロさせ、闇夜を切り裂いて飛び出してきたのがロクロクニーナこと27号機!そして更に7月3日の早番退勤後、スカ線での新川崎停車時に機関区構内を見やれば、そこにはパンを降ろし羽を休めるロクロクニーナが・・・。

この手のネタ釜の運用は、ディープな貨物ヲタや中の人であれば押さえているのは決して珍しい事ではないようで、事実前述の戸塚での遭遇時は深夜にも関わらず、ペストリアンデッキの端から俯瞰でレンズを構えている同業者が1名居ましたからね。で、ロクロクニーナを振りかぶって退散・・・とw しかし私は既に「現役」を引退した身。よほど特殊な場合を除いては「おいしいネタ」を持ち合わせる事は無く、全てが運と言ってよいほど。だからこそ「オンリーワン」との遭遇は、いやがうえにも鼓舞させらます。それが国鉄形なら尚更、です。

はからずも私は「国電」沿線に生まれ、育った身・・・だからこそ国鉄形をリスペクトするのは必定の理なのです。そんなわけでここ数日すっかりロクロクにやられ、手許のコキ10000やワキ10000のパートナーがEH10のみであるという現状への物足りなさから、いつかは増備をとの考えを有していたのも後押しとなって購入に至ったのです。
c0155803_8493066.jpg

メーカーは私的にはカトーをチョイスしそうなものですが、まず現時点でカトー/トミーともロクロクに関してはリニューアルモデルを発売している・・・という程度の識しか有さず、且つヒサシ無しが所望なので、これはトミーしかラインナップしていないだろうという思いこみもあり、トミー製の入線と相成ったわけです。結果的にはカトーからもヒサシ無しはラインナップされているのが判ったのですが、私的にはロクロクというとトミーのイメージが昔から強いので、こんな買い物?もアリでしょう。カトーと異なり国産ではありませんが、ディテールはさすが完成品だけあってシッカリしていて、印象把握も十分なもの。別体の開放テコが装着済なのを見て、これが21世紀の完成品か!と唸ったものです。

9ミリにおいてはカトーが先にロクロクモデルを世に送り出していますが、実車がブルトレ牽引へ大抜擢された1985(昭60)年頃にはトミーからもリリース。後発の強みとは言えカトーには無かったヒサシなしもラインナップされ、付属のヘッドマーク台座も屈曲した前面飾り帯にフィットする形状とし、且つ「富士」の富士山型台座もしっかり収録するぬかりなさで、俗にいう実車での「ニューブルートレインブーム」の潮流とも相俟ってクリーンヒットモデルとなったのです。その後もトミーは20号機の試験塗装機や100番台もリリースし、ロクロクに関してはトミーが熱心に取り組むカタチとなったわけで、これが前述の私的なイメージの根拠でもあるわけです。
c0155803_924536.jpg

単純にロクロクニーナとの遭遇に熱を上げただけであれば、ひさし付きをチョイスする流れもあるかも知れませんが、実物では労働環境の改善に寄与しているとは言え、あの頭上のハコは模型的にはいただけません。なのでロクロクの「あるべき姿」にして、且つ見下ろす格好となる機会の多さ故にひさし無しのほうが表情がハッキリするという好ましさから、ひさし無し一択だったわけです。というか、他にもバリエーションがあると思うと興味が(汗

ところでワキ10000ですが、モデルアイコンなるメーカーさんから、こんなキットがリリースされたんですね。昨日知りました(滝汗 9ミリ貨車のプラキットというだけでも珍しく、角屋根というのにそそられますね。特に「カートレイン釧路」用のシャッター付verはこれっきりの生産との事ですから注目されます。先のグレイスモデルの函館市電しかり、道内メーカがいまアツいのか?それにしても取扱い店舗がハッキリしないので、入手には一苦労?しそうです。
c0155803_9444949.jpg

おまけ:

もう、こんな季節です・・・。
[PR]

by ar-2 | 2013-07-05 09:34 | 鉄道模型(国鉄・JR) | Comments(0)
2013年 07月 05日

我々は一年間待ったのだ

本日1本目。→2本目 →3本目

少し前にリークで明かされていましたが・・・
c0155803_8204947.jpg

きったあああああああああ!!


c0155803_8253696.jpg

眩しすぎて直視できません・・・。


[PR]

by ar-2 | 2013-07-05 08:28 | アニメ・フィギュア他 | Comments(2)