赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2008年 05月 07日

我が街・本郷台、そして…(後編)

c0155803_19531887.jpg

側線と電留線の下を貫き、緩やかな傾斜を伴って改札まで続く通路。
右に見える階段状スロープや、エスカレータやエレベータもかつては存在しなかったアイテムです。




c0155803_1959774.jpg

改札を出た左手に、見立てこそ変われど今も大船軒のそば店があります。
かつてコンビニ「ゼロ」であった本郷台駅周辺を知る者からすれば、「NEW DAYS」存在は隔世の感ひとしおです。
c0155803_2023328.jpg

駅前のバス・タクシー乗場は昔のまま。
もっと昔はレーン形状が異なっていましたが、具体的には憶えていません。
左手に随分とミニマムなバスが居ますが…。
c0155803_204269.jpg

本郷台駅発着バス系統で唯一のドル箱路線(だと思う)の北本郷台行です。
かつては大形車で運行されていましたが、いくら日中とはいえチョロQサイズでの運行は軽くショックです。
バス事業を取り巻く厳しい情勢は、あらゆる路線に及ぶものなのでしょうか。
c0155803_2083635.jpg

本郷台駅駅舎を正面から望みます。
背後が…違和感ありまくりです。どうしてもマンションに目が行ってしまい、駅の存在が隠れがちです。
c0155803_20102397.jpg

15年前の駅前です。背後の景観が一変しているのがお判りいただけるでしょう。
c0155803_20163713.jpg

よろい寿司、エルム書房、ハンサム(理髪店)…懐かしい商店が並びます。
c0155803_20175376.jpg

駅前正面にある「マツザカヤストア」。
その昔は「イリク(入九)ストアー」でした。右側のマックが出来た時「本郷台に黒船来る」の思いだったことが忘れられません。
c0155803_20201685.jpg

ここにはかつて栄区唯一の玩具店「おもちゃのひょうどう」がありました。数年前に閉店しています。
店先にはゲーム機もあり、常に子供の溜まり場でした。今はあの頃の喧騒が嘘のようです。
時間帯のせいもあるのでしょうが子供の姿が少なく、逆に高齢者の姿が目に付きました。
かつてはもっと若い街だった筈だが…この街もしかるべき運命を辿っていくのでしょうか。
c0155803_20255930.jpg

いたち川(いでたち川とも言う)です。
ここの河川敷が整備されたのは私が小学生の頃でしたが、いつからこんなジャングルと化したのでしょうか。
あの頃の河川敷は子供たちで賑わっていました。私も腰まで浸かったものです(笑
c0155803_2028351.jpg

栄消防署です。
右側の一段高い部分は市営住宅です。現在、モジュールで住居兼用のバス営業所を製作していますが、
こんなパターンもあるのだなと認識しました。公の建造物には多いケースなのかも知れません。
c0155803_20312015.jpg

所用を済ませ、大船駅へ向かいます。
鎌倉街道も拡幅ですか…かつては考えられなかったことです。
なし崩し的に住民の高齢化が進んでいるのでしょう。戸塚駅西口の再開発でも全く同様のことが言えます。
そういえば環二の田谷インター計画は頓挫したのでしょうか。すっかり耳にしなくなったような。
c0155803_20331957.jpg

懐かしい路線バスに乗ります。江ノ電バスも随分キレイになりました。
c0155803_2034538.jpg

笠間十字路です。
実態は変則六差路、とでも申しましょうか。
ここは事故が多くて危ないか近寄らないよう、子供の頃言いつけられていました。
c0155803_20364148.jpg

ん~?ここはかつてセブン◎レブンだった筈です。
近くの営業所に帰る某社のバスが、よくここで寄り道をしていたので覚えています(笑
c0155803_20383167.jpg

大船駅東口バスターミナルに到着です。
かつては3E、5E、7Eという富士重ボディのオンパレードだった江ノ電バスに、MBMボディが入ってきたときは大変な違和感を覚えたものです。
ここ数年で車両もすっかり若返りし、かつてのボロいイメージは無くなりました。
c0155803_2047227.jpg

神奈川中央交通、略して「かなちゅう」。
ウェーブラインは消えましたが、私にとって最も馴染みの事業者です。
c0155803_20491347.jpg

かつての「ドムド◎バーガー」は一品香に。
c0155803_20502168.jpg

その向かいはかつてサティ(←ニチイ)でした。今は色んなテナントが入っているようです。
c0155803_20511373.jpg

東口商店街の生臭い?界隈。この風情だけはいつまでも不変であってほしいものです。
c0155803_20525131.jpg

大船といえばやはりここでしょう。何せ安いらしいです(笑
c0155803_20542515.jpg

ここでバスコレを一個だけ購入したのですが…この袋、まだあったんですね(涙
まさか電話をする人も居ないでしょうが、一応番号は消しておきました…。
[PR]

by ar-2 | 2008-05-07 20:58 | 外出・旅行 | Comments(6)
Commented by gino-1 at 2008-05-08 13:53 x
本郷台とは近い割りに疎遠だったりします。

知り合いの中の人の話ですが、平島は景気が良く光が丘と下倉田以外は大型での運行だそうです。
しかし、検査等の都合で止む得ず小型を運用に入れる事が稀にあるそうで、旅客減ではないと思われます。
車輌が少ないのは、道路拡幅のセットバックで駐車スペースが減った為に減車した影響だそうです。
ン十年でも使う気満々だった事業者の車輌更新が早まっているのは法規の影響だそうで、初期のMBMボディ車も間もなく引退らしいです。
富士重が無くなって行くのは寂しいですね・・・・。

大船の仲通り商店街・ALIC共々、健闘しているようで何よりです。

Commented by ar-2 at 2008-05-09 00:46
>景気が良く
旧来からの住宅地をエリアに擁しているだけのことはあります。
あれはイレギュラーだったのですね。唐突だったので驚きました。
>セットバック
減車とありますが、道理で7Eが急激に減ったわけです(てかもう無いのでは)。
ひかりが丘の路線新設も以外でしたが、下倉田循環は一時、関の上から301号車(西工・短尺)を相当長期間に亘って借入しており、気になっていました。

平島の車両とえば忘れられないのは、私が学生時代に新車デビューした256・257・296・297号車でしょうか。
一見ありふれた7Eでしたが、前後・側面の行先字幕が完全連動化した画期的なクルマでした。
それまでの江ノ電では扱われなかった「循環」を表示し始めたのもこのグループ。
「鎌倉湖畔循環」「飯島団地循環」など、当たり前の表示に胸ときめかせたものです。
「循環」の文字部分は黒地に青字で日中は目立たないものでしたが、夜間には多少の効果があつたようです。
後の増備車では青字が黄字に改められ照度が改善されましたが、以降のクルマには引き継がれず長続きしなかったようです。
Commented by gino-1 at 2008-05-09 12:37 x
>301
平島に転属し、金井循環にほぼ専用されています。
小さすぎて、使い勝手が悪いようです。

自動幕がその年代まで入らなかったのですから驚きですよね・・・。


Commented by ar-2 at 2008-05-10 20:44
>金井循環にほぼ専用
201号車、あれですかね。
金井循環だと手頃なサイズでしょうかね。5Eや7Eは持て余し気味でしたが。
Commented by Shoji at 2009-11-29 16:17 x
知人のメールにあった鎧寿司を検索していたら、偶然見つけた懐かしい光景!
本郷台は私の第二の故郷です。小菅ヶ谷に住んでいました。
懐かしい写真ありがとうございました。
本当になつかしく拝見させていただきました。

バンクーバーより
東海林
Commented by ar-2 at 2009-11-29 23:42
Shoji さん、こんばんは。はじめまして。
遥か7500キロ離れた地からコメントいただき、恐縮です。

私も小菅ヶ谷(というか駅前です)に生まれ育ちました。
「よろい寿司」、懐かしいですね~。食事した記憶は実は無いんですが(汗
私も本郷台を離れて久しいですが、決して忘れ得ることのない土地ですね。


<< バス営業所モジュールの製作⑤      我が街・本郷台、そして…(前編) >>