赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 30日

EF15

ここ最近、トミーのEF15が気になっていて何軒が探してみたのですがアタリませんでした。
ネットオークションでも、状態によりけりですがなかなかのお値段になっているようです。

しかしながら7月に再生産されることが判明!
うれぴ~。今からワクテカです。

7月といえば予約している有井の都営5300後期の発売月ですが、こちらはこちらで8月に発売予定が繰り下がっています。
こう見えてもある程度嗜好のチャンネルは絞っているのですが、色々被るのはヒヤヒヤものです。

ちなみにキットは十分過ぎるくらいの在庫を抱えているので、年内不購入を目指したいところです。
[PR]

by ar-2 | 2008-04-30 20:17 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(2)
Commented by クロポ415 at 2008-05-01 01:35 x
こんばんはです。
トミーのEF15は、後期型(窓が多い)の晩年(Hゴム)で、古い製品であることから従来品は先輪がスポークになっていないことから、敬遠している人が多いかもしれません。
ただ、旧型機関車の中では珍しく晩年の姿をきっちり再現していることから、私は好きです。というか以前買ったのを大事にしてます。。。。
Commented by ar-2 at 2008-05-01 21:23
クロポ415 さん、こんばんは。
9ミリ完成品のEF15については現在、ほぼ選択肢の無い状態といえます。
有井製品は同一仕様での再生産や、一部改良の上での再生産の何れも限られたアイテムに留まることは周知の通りで、EF15もその例に漏れず新発売以降の再生産は今のところありません。

カトー製品は…前回のカタログでは生産休止品となっており、今回のカタログでは当然掲載がありません。
ネットオークションでもプレミアがつき、およそそれは気軽に購入して遊べるというアイテムではないでしょう(そもそも売っていない)。

トミー製品は最新のカタログにもきちんと掲載されています。
1983年の発売開始以降、今日までの四半世紀にも及ぶロングセラーアイテムたる事実は、大きな破綻の無い中庸を行くディテール面と、
致命的欠陥の無いメカニズム面に因るものであり、同時にそれは多くのユーザに愛されて来た証しとも言えるでしょう。

「ジー」という高音のスプリングヲームは前時代的ではありますが、現在唯一安定供給の可能性のあるEF15として大事な存在と言えます。
トミーでの生産も随分久し振りだったようで、今から楽しみです。


<< EF15と700とモジュールと      お気に入りのバスコレクションたち >>