2008年 04月 07日

春の甲斐路遠征

昨日はリンク先でもある小手指車両工場さんのご相伴に与り、山梨県の鉄道模型店「レールパル351」さんにお邪魔してきました。
昨年の8月以来の訪問です。



c0155803_1944747.jpg

八王子名物・其の一
横浜線ホームからJR貨物八王子機関区の機関庫を望みます。
首都圏近郊でこのように機関庫が間近な駅は決して多くはありません。古風な感じもグーです。
c0155803_19473715.jpg

かつてのサボタージュの痕跡も生々しく…。
激動の歴史を生き抜いてきた証しです。
c0155803_19494125.jpg

八王子名物・其の二
改札内にある駅そば店舗「小竹林」。
店舗外観はごくごくありふれたものですが…。
c0155803_19515617.jpg

驚きの営業時間…その間実に20時間超!
改札内の駅そば店舗の営業時間の長さとしては、国内でも屈指ではないでしょうか?
「始発から終電まで、お客様の胃袋を満たします!」
c0155803_2052819.jpg

中央道を西下します。
前回訪問時は圏央道開通後ということもあり混んでいましたが、今回はスイスイ行きます。
峠を越えれば彼方に残雪の南ア、その下には甲州の街並が拡がります。旅情を感じる一瞬。
c0155803_2061390.jpg

クルマでないと相当不便な立地に「レールパル351」さんはあります。
にも関らず、結構な頻度でお客さんが来店していました。隠れた?人気店です。
c0155803_2092268.jpg

店内奥に展開するレイアウトは相変わらずの偉容を誇っていました。
レイアウト中央には前回は無かったショッピングセンターの姿が。実在する「アピタ」がモデルとなっています。
内部まで造り込まれたパーキング、さぞかし手間がかかったであろうライン表現。
もはや「ストラクチャー」などという呼称が軽々しく思える程…圧巻です!
c0155803_20145446.jpg

最近転籍して来た有井のDD51(JR貨物更新車)の試運転を行います。
私の意志で購入することはまず考えられないアイテムですね…いきなりコケました。
c0155803_20183085.jpg

その後は順調に周回。踏切を通過し…
c0155803_20191122.jpg

カーブで身をくねらせ…
c0155803_20195235.jpg

鉄橋を渡り…
c0155803_20202158.jpg

ヤードに到着です。
現役機の風味を醸し出すための「演出」として施されたキャブ屋根の黒色は
赤い車体とのコントラストも良く、むしろこちらのほうが違和感無く似合っているように思います。
c0155803_2038473.jpg

今回持参した東武車です。
左から3000、8000、5000の各形式。いずれも旧作です。
c0155803_2042651.jpg

それと73形+78形。
最近は車両を走行させる機会はもとより、工作もすっかりご無沙汰です。
むしろ、車両を手にとって眺める時間が増えました。これも楽しみ方の一つでしょうか。
c0155803_2043232.jpg

昨年に購入したカトーの西武E851(旧製品)も試運転します。
後ろの貨車は小手指車両さんからお借りしました。
c0155803_20472414.jpg

駅構内もいい雰囲気です(笑

2時間ほどで運転会を終え、中央道を戻ります。
途中二箇所ほど寄り道の後小手指地区へ…呑み会の顛末はリンク先を参照下さい。

c0155803_2058051.jpg

いよいよ帰路です。
ホームに下りると急行がすぐに来るようでしたが、後続の普通8連に「3ドア」の表示が。
所沢で特急にも接続するようなので、普通で行くことにしました。
所沢まで同行したK氏によれば、8連ということでまず3000系が充てられるとの由。
西武には頓珍漢な私は感心することしきり。やって来たのは当然3000系でした。

私にとって西武の「イエローカー」は101系というイメージが強いです。
3000系はその陰にあるどころか、先頃までその存在すら知りませんでした。
調べてみるとその生い立ちや沿革・現況はなかなか興味深いものがあるようです。
c0155803_21151077.jpg

お約束の銘板チェックです。
昭和60(1985)年製…まだまだ新しい部類と思う感覚は古いでしょうか。
1985年といえば国電205系、100系新幹線がデビューした衝撃の年でした。
c0155803_21192832.jpg

台車センターピンがむき出しの床面はもう一昔前の仕様でしょうか。
所沢までの車中ではK氏が3000系に関して色々解脱してくれます。
c0155803_2130855.jpg

所沢からは最終の上り特急「ちちぶ」で池袋に向かいます。
やはりかつての5000系が印象深いですね。

備忘録:土休の最終「ちちぶ」は最終国府津行に間に合う
c0155803_21321067.jpg

ガラガラの車内を観察…。
まさかのNRAの床面にもセンターピンが!
NRAには過去数回乗車していますが思わぬ発見。
最後の最後に、西武の民鉄らしい一面を見つけることが出来たようです…。
[PR]

by ar-2 | 2008-04-07 21:48 | 外出・旅行 | Comments(2)
Commented by akaino551 at 2008-04-10 23:35 x
ar-2さん今晩八
小竹林・・・・・・・三鷹にもありますが・・・・・・・・・・
歯にくっ付くそばは・・・・・・・・・・微妙ですがその営業努力には・・・・
Commented by ar-2 at 2008-04-11 20:41
akaino551さん、こんばんは。
小竹林は他にも川崎駅や東戸塚駅にもあります。
葉にくっつくそば…店によってやはり異なるのでしょうか、興味深いです。


<< 鉄道廃線跡を行く(JR東日本大...      デハ230形の保存車 >>