赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2008年 04月 01日

デハ601を訪ねて

今日は、先日(3/30)開業したばかりのグリーンラインに乗車してきました。
詳細については様々な媒体により採り上げられていますから、ここでは多くは触れません。




c0155803_20102514.jpg

開業日より、それまで「市営地下鉄」で通っていた1・3号線にも「ブルーライン」の線名が」付与されました。
これまでなかった異国語も併記されています。
c0155803_20145439.jpg

車両基地最寄りの川和町駅付近で撮影。少し遠いですね。
c0155803_2016122.jpg

桜とグリーンライン。少し判り辛いですね。
c0155803_2017452.jpg

センター南駅の橋上コンコースからセンター北駅を望みます。
左の高架線を行くのはブルーラインのあざみ野行電車。
c0155803_20182133.jpg

こちらはグリーンラインの中山行電車。
それぞれのタイミングが合わず、同時に捕らえられませんでした。ラッシュ時には捕らえられそうですが。

途中駅に下車したりして日吉まで乗車しました。
正直、呆気なかったです。元々それなりに開発されている地域を結んでいて、且つバスの代替みたいなものですから。
とはいえ、その定時性や運行頻度の信頼は高いですから、これから旅客も増加・定着していくことでしょう。

日吉から東急で横浜に出、京急に乗り換え神武寺を目指します。
c0155803_2027335.jpg

神武寺には京急では数少なくなった構内踏切が残ります。
c0155803_20281581.jpg

駅舎が…あらら、何時の間に改築したのでしょうか。何だか不思議なデザインです。
c0155803_20304317.jpg

駅から歩くこと約10分…逗子第一運動公園です。ここも桜が奇麗ですね。
c0155803_20333932.jpg

目的はここに展示保存されている京急のデハ601号。
先日、鉄道模型仲間の方のブログで気になるキーワードがあり、訪問したい衝動に駆られたが故です。

600形(以下、特に断りの無い場合は二代目600形を指します)は昭和31(1956)年に700形(初代)としてデビュー。
昭和41年の改番で600形とされた後昭和61(1986)年の引退まで、京急を代表するクロスシート車として30年間に亘って活躍しました。
特記すべきはこの30年間を、2000形のような扉増設等の格下げ改造のなされること無く過ごしたということ。
これが600形が「名車」たる理由の一つとなるでしょうか。
c0155803_20424829.jpg

TS-303台車に取り付けられている更新修理の銘板。
更新年月は辛うじて昭和46年9月と読めました。手許の資料と符合します。
この更新修理とは、冷房改造による自重増加に伴う台車バネ類の更新を意味します。
c0155803_2049465.jpg

こちらは台車のメーカースプレート。
軌条と羽を組み合わせた東急系列のエンブレムも過去のモノです。
c0155803_20531489.jpg

TS-303台車、外観。
現在も京急の貨車で現役であるTS-310台車とで外観に大きな差異はありませんが、
製造後半世紀を経てなお、京急初の高性能台車としてその存在は栄えあるものです。
遠く四国のコトデンでも現役の個体はあります。
c0155803_2058535.jpg

ハイキング特急、海水浴特急…
京急のネーム・ド・トレインの全盛・絶頂期を全力で駆け抜け、幾千幾万の想い出を運んだ車内。
品川~浦賀間ノンストップ、所要48分。
最高速度100km/hの時代の「韋駄天」は、この形式によって創られました。
c0155803_21103849.jpg

製造から52年、この地に据え置かれてから24年…。
暖かな陽射しを受け佇む老兵の「湘南顔」は、実に穏やかなものでした。


おまけ
c0155803_21143934.jpg

逗子名物其の一
東急車輛から京急逗子線を経てJR逗子駅へと至る連絡線。勿論現役です。
先日は白昼堂々、JRのE233(京浜東北)が東急車輛のDLに牽引されて通過しました。
c0155803_211798.jpg

列車通過時は係員によって道路側が遮断されます。しかし何時来てもイイ味出しています。

c0155803_2121946.jpg

逗子名物其の二
一見何でもない踏切のようですが、ここは第四種踏切。つまり警報機も遮断竿もありません。
手前から東急車輛連絡線、スカB線、スカA線、電留線。

複線の本線と、それなりの頻度で出入区のある電留線を横断するにも関らず第四種というのは、
地方ならともかく首都圏では極めて稀な存在なのではないでしょうか。
横断に要するタイムも長くなりますから、左右の安全確認は必須です。
c0155803_2131451.jpg

逗子名物其の三
川沿いの人道を進むと何時の間にかこんなに狭く…って狭すぎです。
反対側から人が来たら困るでしょうね。多分(笑
c0155803_21355895.jpg

逗子名物其の四
お、立ち呑み屋さんだ!と思いきや「新鮮野菜」??
店内も店先も、野菜でイッパイです。元立ち呑み屋さんかと思いきや、壁には酒やツマミの品書きが…。
よく見ると店内奥には冷蔵庫やビールサーバが鎮座しています。
どうやらこのお店は、時間帯によって姿を変えているようですね。
暗くなったら覗いてみたいです。
[PR]

by ar-2 | 2008-04-01 21:45 | 保存車両を訪ねて | Comments(4)
Commented at 2008-04-01 22:15
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
Commented by gino-1 at 2008-04-01 22:49 x
早速逗子に行かれるとは、行動力の素早さには脱帽です。
この公園は、神武寺が最寄だったのですね。
クルマで出掛けたので、気付きませんでした。
あぁ・・・1日違っていたらなぁ・・・。相変わらずツイてません・・・。
Commented by ar-2 at 2008-04-03 06:57
↑さん、おはようございます。
昼間は床まで野菜でイッパイでしたので、お酒を注文できる様子ではありませんでした。
やはり、暗くなってから立ち呑み屋さんになるのだと思います。
Commented by ar-2 at 2008-04-03 07:02
gino-1さん、おはようございます。
>最寄り
神武寺からでもJR逗子からでも、到達距離は殆ど同じくらいだと思います。
むしろJR逗子からのほうが線路伝いで到達できますので判り易いでしょう。
今回の場合、勤務時以外くらいは京急に乗車したいという考えもあって神武寺からのアプローチとしました。


<< デハ230形の保存車      年度末 >>