赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2007年 12月 11日

旧形国電

先日から開始したGM旧国キットの製作。
手許には、何故か対にならない屋根ランナーと車体ランナーがあり、これらを箱にする為に必要なランナーを仕入れて来ました。
これでクハ68、クハ47100、クモハ43が組めるようになり、いよいよ編成化へのアタックです。

スカ色の戦前形もよいですが、派手な黄と赤の新潟色を纏ったクハ68や70系も魅力的。
ついでに言うと、73系に新潟色って何か似合いそうです。いずれ実現?させたいですね。

歴史にifは禁物とよく言われますが・・・幻の話を一つ。
中央東線での活躍を終えた全低屋根構造のモハ71は、その後の活路を遥か西国の呉線に求めています。
しかしモハ71は、当初の計画では中部山岳地帯のある線区に転出させる計画だったとか。
このことは鉄道ファン誌№199、60項に明記されています。

中部山岳地帯のある線区、とは一体何線だったのでしょうか。
モハ71が全低屋根構造であるという特性を考えると、身延線がマッチします。
そして中部といえば大物路線、飯田線の可能性も浮上します。

モハ71が中央東線から撤退した昭和52年から僅か一年後の昭和53年、
飯田線のモハ52を含む流電一族が、80系全金属グループによって置き換えられています。
80系も70系も最小編成単位は4連、何となく臭いです。

当時、身延線にも飯田線にも4両固定編成は存在しましたから、どちらの線にも可能性はあります。
ひょっとしたら、どちらの線でもなく大糸線あたりだったのかも知れません。
でも、個人的には飯田線に行って欲しかったなぁ(笑
[PR]

by ar-2 | 2007-12-11 22:09 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(0)


<< 東武鉄道      各自工夫 >>