2015年 03月 11日

さようなら、モハ220

良くない報せというものは大概「急」です。

間近に迫った首都圏白紙改正と同じくのタイミング、即ち3月13日(金)をもって近江鉄道モハ220形が定期運用を離脱する事が発表されていました。

まあその気になれば・・・無理矢理にでもポカ休して最後のお別れを敢行する事も不可能ではありません。
しかし私が最後に近江入りしたのは2011(平23)の9月・・・既に3年半も前の事。これだけのインターバルがあるにも関わらず、死に目だけでもというのは虫が良すぎでしょう。
c0155803_14102054.jpg

・2011年2月2日 高宮にて モハ226

モハ220という電車は、見た目が凡庸なだけにその魅力は実際に接し得た者にしか解りませんでした。江州の大地を席巻する雄々しき吊り掛け駆動の嘶き然り、その見た目以上の秘密(側板の切り貼りや唐竹割り、FS40最後のモータ稼動台車etc)を知れば知る程、モハ220の「ピリリと小粒」な存在に大いに惹きこまれたのです。
c0155803_1414581.jpg

・2011年2月2日 豊郷にて モハ226

現在稼働しているモハ220は4台とのことですから、機関車代用であった221号を含めた6両のうち、この3年半で2両が落ちたわけです。私が訪れた頃はモハ220にカメラを向けるファンは圧倒的に少なく、訪問時が平日メインであったというのもありましょうが、およそムーブメントの喧騒というものは皆無であり、実にマッタリと接する事が出来たのは幸せでした。
c0155803_1454214.jpg

・2011年9月30日 彦根にて モハ226/モハ222

そうであれば尚の事・・・最終日の喧騒で「夢」をブチ壊したくはありません。
400キロ以上離れた地から、あの日々の思い出を胸に・・・さようならモハ220形、お疲れさまでした。

※今後は定期運用離脱後も機関車代用として残存する可能性がありますので、全廃を意味するものではありません。
[PR]

by ar-2 | 2015-03-11 14:55 | 近江鉄道 | Comments(2)
Commented by youroumania at 2015-03-11 18:19
へぇ~引退なんですね・・・あ、こんばんはw

小粒で何に使っても(ホキ牽いたりとか)似合いますので作ってみたい車両でした。

Commented by ar-2 at 2015-03-11 22:20
> youroumaniaさん
220はかねてより引退が囁かれていましたから時間の問題だったようです。
機関車代用としては残ってももう乗れないのは残念です。


<< お知らせ      動かぬ証拠 >>