赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2015年 03月 07日

鉄道博物館へ行ってきました(その3・てっぱく落穂拾い)

・鉄道博物館に行ってきました(その1・埼玉入りが久し振り過ぎる件)
・鉄道博物館へ行ってきました(その2・保存車両の視るべきポイントをズラしてみる)
c0155803_15234521.jpg

クモハ101の連結妻前の壁面に、201系の顔があります。といっても本体はハリボテで、本物であるのは字幕類だけです。するとおもむろに回転し始め・・・
c0155803_1526484.jpg

ま~わる~
c0155803_15262630.jpg

ま~わる~
c0155803_15264577.jpg

ま~わる~

・・・で終了。
何というか唐突すぎるというか・・・。とりあえず空いているスペースに何か置いておかないと手持ちぶさた的な匂いがしなくもない。
c0155803_15265939.jpg

これもそんな一品。
2階だか3階の一角に現れる201系のシート。解説があるだけ救いとはいえ、唐突すぎて混乱しそう・・・。関心がなければ単なる休憩スペースにしか見えず(事実、床面には飲食禁止の旨ある)いずれは撤去されそうな気もします。
c0155803_15305734.jpg

館内には食事処が2個所あります。
まあそれは兎も角・・・
c0155803_15313241.jpg

その2個所ともアルコールの提供が平日に関しては16時からという。
逆に土休日は終日解禁となるわけですが一体なぜ?これについてはあくまでも推測ですが、当日もそうだったのですが平日は幼稚園児等の遠足の団体客が多いと言うこと。そこにアルコールを帯びた老害が「邪魔だ!!五月蠅い!!静かにしろ!!」などと常識人気取りで発狂する可能性も否定できず、そうなった際に提供した側の責任等が拘束力云々に関わらず問われるわけで。なので自衛でそうしているのではという事です。
c0155803_15393763.jpg

館外に接する通路は、車両の搬出入を考慮して開口部が大きくなっています。
c0155803_15401829.jpg

交通博物館時代から引き継いだ資料を詰め込んだ部屋があります。
私的に興味を惹いたのはこれ・・・「特ロ」の座席だそうです。スロ54かスロ60あたりのものか?
c0155803_15411880.jpg

これは蒸機の旋回窓。
銀河モデルのパーツにそっくりです(爆
c0155803_15415353.jpg

四ヶ郷(しかごう)の駅名板が何故こんなところに・・・。
c0155803_15432769.jpg

縦型駅名板も大量収蔵!!
c0155803_15422898.jpg

いわきにしごう(磐城西郷)→現・新白河
ひがしなすの(東那須野)→現・那須塩原
たいら(平)→現・いわき
みほ(三保)→廃止(清水港線)
c0155803_15575768.jpg

そんなこんなで一通りの見学を了した所感・・・
鉄道に興味の無い向きは楽しめるだろうけど、いわゆるコア層にはどうなんだろうっていう。
まあウチにはそのへんで草臥れている廃車体のほうがお似合いなのかも知れません(何

その4に続く)
[PR]

by ar-2 | 2015-03-07 16:14 | 保存車両を訪ねて | Comments(0)


<< 鉄道博物館へ行ってきました(そ...      鉄道博物館へ行ってきました(そ... >>