赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 21日

戸塚駅発車案内表示器本使用開始!!

まずは私的なお報せ・・・数日間出勤できなくなりました。
ここ数年来ではノ口とかインフノレとか色々経験済ですが、それとはまた違うんですよね。色々難しい業界ですから(謎
そんなわけで自宅待機となったわけですが、先ずはそうなる直前の昨日朝の様子。いつもより少々遅い時刻の出立で、乗り換えの戸塚駅で目に飛び込んできたのは・・・
c0155803_10425550.jpg

去る2月18日から刷新された戸塚駅改札の発車案内表示器が本使用を開始していました(19日は未確認)。現状、湘南新宿ライン専用の表示器も併用されていますが、これについては早晩撤去されるのではと見ています。
c0155803_10481756.jpg

何故ならば新表示器は路線不問で発車順に案内するから!
東海道、スカ、SS(湘南新宿ライン)を一括表示というのも一見乱暴ですが、実際には発車番線が別である事からそれほど気にするまでもないのかも知れません。来月の改正からはオレンジが「上野東京ライン」となる筈で、グリーンの「湘南新宿ライン」と同じ行先が並ぶ可能性はあります。しかし、同じ「東京行」でも東海道とスカで乗り間違える・・・などというネタは聞いた事がありませんし、前述の通り発車番線が別である事からこれも気にするまでも無いのかも知れません。

ただ・・・大船以南の藤沢とか辻堂ではその理論がまかり通らず、同じ発車番線から「上野東京ライン」と「湘南新宿ライン」それぞれの小金井行、籠原行、宇都宮行が着発しますから、普通に考えても一悶着ありそうです。これまでは「行先」での乗車判断であったと思われますが、これからは「経路」で判断すをるようアタマの切り替えが必要になってくるでしょう。
c0155803_1122776.jpg

下り線の表示器については見た限り「路線名」の表示がなされず、カラーで識別されているだけ。もっと言うと複雑を極める上り線とは対照的に、行先で路線そのものも識別できるわけで。ただ気を付けねばならないのは発車番線・・・SSからの東海道直通は当然のように4番線発です。
c0155803_2213057.jpg

上野東京ラインの開業による事前の触れ込みは当然のように「便利」さばかりですが、裏を返さなくとも異常時にはどうなるか想像に難くありません。現状、異常時対応の優先順位としては一に乗務員の行路(=労働時間)、二に車両の運用、三に旅客ですから、復旧に不思議なぐらい時間を要すのは当然の理。不慮の輸送障害に備えて、まず旅客がきっちり智恵を付けることが肝要でしょう。
[PR]

by ar-2 | 2015-02-21 12:17 | 激震!2015・3ダイ改総合 | Comments(2)
Commented by はねぴょん at 2015-03-11 21:44 x
こんにちは。
今日、戸塚駅で湘南新宿と上野東京ラインの冊子型時刻表をもらいました。
今回は赤羽以遠に行く際は時刻表があった方がいいですよね。
Commented by ar-2 at 2015-03-11 22:25
>はねぴょんさん
こんばんは。
戸塚駅ではSSの全日運行開始時も冊子型時刻表を配布していました。
でもその後の改正時に見た記憶は無いので最初だけだったのかもw
東京以北はSS経由と所要時分では大差ありませんが、感覚的にはグッと近くなりました。


<< 山スカ115系(800番台/3...      カトー115系800番台の整備 >>