赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2015年 02月 12日

間もなく見納め・・・

前回記事の続きというわけではありませんが見納めネタ。
昨日出勤時にホームに上がったところ・・・
c0155803_1459197.jpg

257-500が来ました。
来月のダイヤ改正で「おはようライナー逗子」「ホームライナー逗子」は房総特急削減の余波を受けて廃止されますから、257-500を東京以南のスカ線内で目に出来るのもあと一ヶ月です。
c0155803_1503821.jpg

・2009(平21)年12月4日

そしてもう一つ、地元戸塚ならではの存在であった「戸塚の大踏切」。
代替道路の戸塚アンダーパス(柏尾戸塚線)がいよいよ3月25日(水)に開業の運びとなり、入れ替わりに大踏切がその役目を終えます。「アンダーパス」という呼称はある意味結果論で、計画当初は高架橋(オーバーパス)としていたものの、環境問題などの紆余曲折によってアンダーパスへと切り替えた経緯があります。
c0155803_1533785.jpg

・2010(平22)年5月3日 ※画像中央の速度制限標識(黄丸と緑丸)の間をアンダーパスがクロスしています

ラッシュ時のピークには60分中57分が遮蔽されるという、絵に描いたような開かずの踏切として知られる大踏切。そのバイパスたるワンマン道路は戸塚の市街地を迂回しており、界隈を東西移動するのには些か不便。となればその不便さを解消する代替路が求められるのは必然であり、実にその構想から半世紀、着工から10年の時間を要して戸塚アンダーパスは開通するのです。
c0155803_1517373.jpg

・2010(平22)年6月25日

戸塚アンダーパスに先んじて、昨2014年1月に「戸塚大踏切デッキ」なる人道橋が供用を開始し、大踏切の直上に蓋をしています。現在は大踏切との併用状態ですから、長時間遮蔽時を別とすれば上下移動を伴う人道橋を敢えて通行する人は少ないようです。画像は253系も然りですが、空が広かった頃が懐かしい大踏切の景です。5年でこの角度は大きく姿を変えました。
c0155803_15233453.jpg

・2014(平26)年8月21日、以下同じ

この角度もあと僅か。
c0155803_15261534.jpg

その名は、まさに「東海道踏切」でした。
R1の踏切は此処が廃止されると小涌谷(宮ノ下)だけに?
c0155803_15565319.jpg

戸塚アンダーパスの開通前日である3月24日(火)には、10:00~11:00にかけて開通記念式典(西口坑口付近)がなされ、その後11:00頃から15:00頃まではウォーキングイベントと称してアンダーパスが歩行者に解放されます。開通後は自動車とバイクのみ通行可(歩行者及び自転車は通行不可)ですから、良い記念になるでしょう。

そして翌25日(水)の15:00にアンダーパスは開通し、その1時間後の16:00に遂に大踏切は閉鎖(廃止)されます。かつては吉田茂も箱根駅伝のランナーも通過した戸塚の大踏切、その刻んだ歴史を秘めながら間もなく永劫の彼方へ消え去ろうとしています。
[PR]

by ar-2 | 2015-02-12 16:15 | 激震!2015・3ダイ改総合


<< 近況・・・(スカ色なにそれおい...      間もなく見納め? >>