2014年 11月 08日

牛に牽かれて渋温泉(予告編)

予告通り、一泊二日で長野へ旅行してきました。主たる行先は渋温泉と長野電鉄・・・

c0155803_19514183.jpg

c0155803_19515212.jpg

c0155803_19551029.jpg

c0155803_19523592.jpg

c0155803_1952432.jpg

「感動する」と云う、日々のなかで尤も縁遠い瞬間を、私は此度の道中でどれほど迎えたことでしょうか。
記事編纂は後日。
[PR]

by ar-2 | 2014-11-08 19:59 | 外出・旅行 | Comments(8)
Commented by のむ at 2014-11-08 20:19 x
どこに行っても、ステンレスカーですか・・・。

西武中古の鉄の電車が恋しくなりますね。
Commented by ar-2 at 2014-11-08 20:45
>のむさん
ステンレスカーと一口に言っても、「最近」のステンレスカーと「昔」のステンレスカーとでは別物です。
とりわけ、京王3000系や営団3000系、東急6000系・7000系はステンレスカー史上における傑作と思っています。

西武の鋼製車は現役のタマが沢山ありますが、あれはあれでみんな同じ顔で飽きるんですよね・・・。むしろ上記のステンレスカーのほうが個性的かと。なので私は精力的に西武の中古車を追いかけてはいません。
Commented by chikatetu-kanji at 2014-11-08 21:31
最後の写真…?
こ、これは悪名高いプレハブでは???
Commented by ar-2 at 2014-11-08 21:49
>地鉄幹事さま
まあプレハブはプレハブですが・・・人はこうして変わって行くのです。
というか後ろのOSはスルーですかw
Commented by 赤緑 at 2014-11-08 22:50 x
どこで牛が登場するか期待してます
Commented by ar-2 at 2014-11-08 23:00
>御大さま
その期待は裏切られると思います(確信
Commented by クロ at 2014-11-08 23:24 x
東急5000、まだ残っていたんですか・・・・。
Commented by ar-2 at 2014-11-09 07:59
>クロさん
トレインギャラリーの保存車ですが健在ですよ~。


<< 牛に牽かれて渋温泉(1日目その...      某カーブ >>