赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2014年 07月 16日

東武を中心とした北関東(西部)保存車巡り~ディレクターズカット集

本日4件目・・・。
というわけで、東武を中心とした北関東(西部)保存車巡りの小ネタ集です。
c0155803_213817100.jpg

「ほしあい眼科」さんの青い西武顔(やはり701と思われる)。
少し判りずらいが、通過標識灯が何故か緑色・・・不気味w
c0155803_21395962.jpg

岩槻城址公園のデラ。腕を伸ばしてボンネットの上を撮ってみた。
まあ何のことはなく、手摺しか写っていないんだけどw
c0155803_21413291.jpg

佐谷田の秩父デキ傍の踏切で、程なく列車が来たので迎撃するも被写体ブレで轟沈。ヘッドマークには100周年とあるようで・・・結構な歴史だねぇ。6000系も三田線から退いたのが1999(平11)年だから、かれこれあれから15年も経つのか・・・。
c0155803_21453217.jpg

妻沼のキハ2000、頑丈なはずの鋳造銘板がバックリ。それもそのはず・・・今年で還暦だ!
c0155803_2146137.jpg

「ビャーン!!」というけたたましいタイフォンを奏でていたであろうラッパが、そっぽを向いているのは仕様か。「ビャーン!!」はゴーナナでも聴けたけど、8000系とかではどうだったんだろう。あのけたたましさは間違いなく踏切事故を過剰に警戒しての仕様と信じて止まない。

1960年代以降、日本全体が「いけいけどんどん」だった時代は自動車の無法運転で踏切事故が後を絶たず、東武でも労組が「踏切こわい」と標榜してノロノロ運転闘争に走ったぐらいだからねぇ。そう考えると、ラッパはそっぽを向いていると言うよりは、交差する道路に向けた意図とするのが現実的というか尤もな気がする。真相は如何に?
c0155803_21533097.jpg

その名は「オタ City」


市の公用車は全て痛車で、市内の喫茶店は全てメイド喫茶・・・そんなの嫌です!(爆
c0155803_2201529.jpg

清華幼稚園には愛しきモハ3505のみならず、懐かしや丸型ポストもある。こんな素晴らしい幼稚園、仕事を辞めてでも入園したいぐらいだが、それが叶うのは百年先も自分の脳内だけw
c0155803_2205756.jpg

「1軒目で物欲に勝った」と人は言うが、それならそもそも何のために模型店を訪れるのかと小一時間。冷やかして良いのは量販店だけ。個人店や小規模店では財布をメルトダウンせよ!というのは・・・在庫によりけりです(弱気
[PR]

by ar-2 | 2014-07-16 22:03 | 保存車両を訪ねて | Comments(0)


<< 本日は・・・2日遅れですが      東武のトキ1(その1) >>