赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2014年 05月 29日

カトーC57・4次形入線!

c0155803_22201533.jpg

・・・というわけで表題の通り、予約していましたモデルを本日退勤後に某丼店で入手してきました。予約品なので無駄遣いではありません!(言い訳 それはさておき、近年のカトーの制式蒸機モデルのスタンダードというか、ファインスケール化によって「小さく」なっているので当然といえば当然ですが、先ず、パッと持ち上げた折の所感が「軽い!」ということ。それでいて走りは前後進とも必要十分にして滑らかなものであり、某丼店での定価より2割引きの売価でも5ケタに達するとはいえ、満足できる買い物だったと思います。
c0155803_22424216.jpg

手許の制式蒸機モデル15機目となったカトーの4次形、プロポーションは、まず遜色ないと思います。4次形は周知の通り、どちらかというとC59に近い容姿であり、その「貴婦人」の愛称との程遠さから好き嫌いのハッキリ別れるタイプです。あの制式蒸機潰しであるマイクロエースすらラインナップしなかった4次形がカトーから世に出された事は、その経緯が何あれ驚きを禁じ得ないものです。
c0155803_2238098.jpg

「驚き」といえば、此度の4次形の「ファインスケール」と旧来の「カトースケール」であるC57門デフを並列させたのがこの画。全ては画像から感じ取ってください。
c0155803_2243994.jpg

4次形のキャブは密閉がデフォ。しかし九州配置機においてそれは蛇足であり、後天的にキャブ扉を撤去した「南国仕様」とされました。「日南3号」のカップリング機なので当然といえば当然ですが、このタイプの蒸機のプラインジェクションによるマスプロ完成品化も、恐らく初めての事と思われます。
c0155803_22461821.jpg

c0155803_22462962.jpg

兎に角、ディテールがあちこち凄い!どちらかというとガンガン走らせるよりも、鑑賞向きの造形をしています。しかしそれでは9ミリの存在意義に反すると思いますし、もとより動力が備わっているのですからね。
c0155803_22494559.jpg

12-17Eテンダーに備わる前照灯はレンズ入りですが、実機の性格?から非点灯です。画像をよく見ればエンドビームまで備わっていますが・・・。プラインジェクションのマスプロ完成品でここまでとは、恐れ入りました。
[PR]

by ar-2 | 2014-05-29 22:55 | 鉄道模型(国鉄制式蒸機) | Comments(2)
Commented by a氏 at 2014-05-29 23:08 x
C57かっこいい‥。
予算ないけどほしくなってきた。
Commented by ar-2 at 2014-05-30 09:43
>AOP氏
こんにちは。NIOEオリ急の牽引機に如何?(違

というかNIOEの牽引機でしたら、中華のDLがあるじゃないですか~。


<< 本日は・・・C57・4次形走り...      オロ61の製作(その4・了) >>