赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 27日

続・悲運のチビロコ~DD16

c0155803_10205634.jpg

★1993(平5)年8月4日 信濃大町

DD16について何とはなしに調べものをしていたら・・・素敵なサイトに巡り合いました。Remember the DD16さんで、リンクフリーとのことで紹介させていただきます。一昨日入線したカトーのDD16のナンバーですが、同サイトでは小海線貨物列車の廃止まで8号機が残った旨の記述があり、現役最後の0番台である11号機と、小海線にゆかりの深い8号機と、どちらのナンバーとするか迷ってしまいます。というか、これはもしやもう1機増備せよという・・・!!ww

肝心の本題?ですが、同サイトを眺めておりましたらまだ手許にDD16絡みの記録があった事を思い出し、悲運のチビロコ~DD16の続編を僅かながら纏めたいと思います。
c0155803_10231060.jpg

★1989(平元)年7月23日 中込

実に四半世紀前に及ぶ小海線中込での記録です。中込は旧来より車両配置基地を擁す小海線の中枢駅であり、駅構内も2面3線に中線が加わった立派な規模を有しました(現在、中線は撤去されています)。夏季の帰省で降り立ったホームに居たのは、見慣れぬカラーの急行形電車と、前後を固めたDD16!これは言わずもがなの臨時快速「葉ッピーきよさと」であり、新宿から中央線経由で小海線内まで直通するトンデモ列車だったのです。
c0155803_10303115.jpg

★1989(平元)年7月23日 中込

「葉ッピーきよさよ」は1988(昭63)年夏季から運転を開始し、当初は新宿~清里間で169(165)系のNロゴ4連で運転され、小海線内ではそれに電源車スハフ12を加えたうえでDD16に前後をガッチリ固められてエスコートされたのです。翌1989(平元)年には営業区間が小海まで延長されたとの事ですが、運転開始当初から回送扱いで中込まで入線していたと考えられます。更に翌年の1990(平2)年からはNロゴ3連へと編成が短くなり、スハフ12の連結もなくなり(サービス電源はどこから?)、DD16も単機牽引へとトーンダウンしてしまい、果たして1993(平5)年最後に「葉ッピーきよさと」は運転を取り止めてしまったそうです。
c0155803_1050405.jpg

★1993(平5)年8月4日 信濃大町

この頃の大糸線は夏季、冬季ともリゾート需要に恵まれて、数多の臨時列車の活躍が見られました。画像のヒサシ付きが厳ついDD16 304が牽引するのは臨時急行「リゾート白馬」で、9110レ~9117レとして折返し待機中の姿です。画像では見えませんが、奥ではDE10 1035が編成端を固めています。当日の編成は以下の通り。

↑信濃大町
DE10 1035(富)
1号車 オハフ15 251(本ミハ)
2号車 オハ14 257(本ミハ)
3号車 オハ14 258(本ミハ)
4号車 スハフ14 204(本ミハ)
DD16 304(富)
↓糸魚川
c0155803_10521370.jpg

★1993(平5)年8月4日 信濃大町

せっかくなのでオハフ15 251側も・・・連結妻側にサロン室がありますね。JR西日本に継承されたDD16は3機との事ですが、撮影当時は既に画像の304号機がJR西日本における最後のDD16となっていました。しかしながら21年後の今日も現役であるのは周知の通りで、長野の11号機ともども今後の動静が注目されます。
c0155803_10595249.jpg

★1993(平5)年3月9日 大宮

現役機というか営業用ではないものの、首都圏では入換用の備品扱い(車籍は無い)としてであれば、平成の御代に入ってからもDD16の姿を見る事が出来たのです。画像の36号機は冒頭のサイトによれば遠く熊本機関区から20号機ともども大宮へ流れてきたそうで、私が記録出来たこの頃は20号機が青色の「北斗星」チックな装い、そして画像の36号機が「パノラマライナーサザンクロス」チックな装いとなっていました。

余談ながらDD16の後ろに続湘南色もナカナカの役者?で、入換に際して連結器の異なる車両を介すアダプター的控車たるモハ114-61・モハ115-61です。この当時上野口では既に営業用では見られなくなっていた非冷房車であり、貴重な存在でした。因みに先代の控車は、ウグイス色のモハ102-67・モハ103-67であったそうです。
[PR]

by ar-2 | 2014-03-27 11:10 | 記憶のレール(国鉄~JR) | Comments(2)
Commented by のむ at 2014-03-27 19:40 x
私も買ってしまいました。KATO製というところが肝心で、有井組成品は何か足りない印象であったので、やっとという感じです。一目みて、ちっちゃい。でもさすがによくできています。保護シートが透明になったのは私にとっては朗報です。EF15はプチプチシートで外から見えない。先月のEF10,3次型と続けて痛い出費です。4月はもうひとつの趣味で、青島からT951が出る。出費ラッシュです。
Commented by ar-2 at 2014-03-29 23:11
のむさん、こんばんは。
国鉄機はよく売れますね。EF10は迷ったのですが、C57の4次を予約している手前もありますし、旧形電関も歯止めが利かなくなりそうでしたので(汗 

>もうひとつの趣味
プラモも保管場所があれば組んでみたい気もします・・・気分転換がてらに。とはいえ、9ミリの大きさに慣れてしまうと色々と戸惑いそうですがw


<< 最近の・・・(年度末に咲くのは...      カトーのDD16入線 >>