赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2014年 03月 12日

関西珍妙譚(前夜~1日目その1・近鉄特急で奈良へ)

予告編の通り、去る3月7日の夜から9日にかけ、地元の友人の関西へと出向いてきました。昨年12月から3ヶ月しか経っていませんが、こんな事もあるのでしょう(何 これで暫くの関西行は無いと見込んでいますが・・・(疑
c0155803_11511443.jpg

出発当夜の3月7日はいつものように出勤ではなかったのですが、スルッとKANSAI・2dayチケットを購入する都合から早めに出立。京急の品川駅で無事購入を済ませ、お約束?の新橋養老で旅立ち前の一杯です。
c0155803_1215777.jpg

一杯といってもあまり長居をして酒が進むと、サイフに悪影響を及ぼしかねないので程々に切り上げ、以降は寒い中を東京駅八重洲口でバス見物です。夜間帯の当地は国内各方面へと向かう夜行高速バスに加え、房総や常磐方面への中距離路線の発着も踵を接してなされているので、極めて賑やかです。
c0155803_1224079.jpg

夜行高速バスでの移動は時間を有効に使えるメリットがあるのですが、その居住性というか環境の劣悪さを酷く実感させられた面もあります。そんなわけで今回の移動は新幹線で・・・と考えていたのですが、友人の提案で「プレミアムドリーム号」におけるプレミアムシートでの移動に落ち着きました。「プレミアムドリーム号」というのは例えるなら1等車と2等車の合造便のようなもので、平均クラスの「ドリーム号」は3等車に相当すると言えます。
c0155803_1219653.jpg

「プレミアムドリーム号」の2階席スーパーシートは「ドリーム号」と大差ありませんが、1階席のプレミアムシートは破格の「1+1」配置で、車体前半部分のみの展開とはいえ僅か3席(車種によっては4席)の設定です。額面的には「ドリーム号」と比して、時期にもよりますが¥1000~2000差程度。ゆえに人気が高く、席数が少ない事もあって売り切れ必至のクラスがプレミアムシートなのです。設備としてはほぼフラットにまで倒せるリクライニングを有すゆとり十分のシート、座席区画ごとに仕切れるカーテンやコンセントの他、プレミアムシートオリジナルとしてフルセグがあります。しかしこれは消灯後の夜間走行中は少なからぬ光漏れを伴い、迷惑なだけですので使用価値は微妙です(業務案内のモニタとしては有用ですが)。
c0155803_1227355.jpg

プレミアムシート初体験の印象としては、やはり足の先から全身を伸ばして横になれるのはラクですね。長時間・長距離移動後の疲れ方が全然違います。夜行高速バスでの移動はもうこれしかないというのが率直なところです。そんなこんなで私達が乗車した「プレミアムドリーム17号」は、翌3月8日(土)無事に大阪駅JR高速バスターミナルに到着。同ターミナルは最近開設されたようで、立地的にはJR大阪駅の北側(梅田貨物駅側)に隣接して設けられています。
c0155803_13432338.jpg

天王寺へと移動すべく梅田から地下鉄御堂筋線に乗車。お約束の運賃改定の告示が目に入りましたが、何と初乗り運賃が値下がります!1区特別回数券(¥2000で1区初乗り(¥200)が12回利用できるカード式回数券)の廃止の見返りとも言えますが、なかなか大胆な事ですね。
c0155803_1451383.jpg

天王寺からは近鉄に乗り換え。こちらは駅名を大阪阿部野橋と違えているので、説明するとなると面倒クサいですw 7:40発の特急で橿原神宮前まで乗車しますが、特急券を翌日(9日)の日付で発券していた事に発車5分前に気付いたというのはここだけのハナシwww 近ツリ発券なので乗車変更もままならず買い直し以外の選択肢は無いのですが、予め確認しておけば何とかなったであろうに、このあたりは耄碌してきたなと齢を痛感せずにはいられません。
c0155803_13474261.jpg

8:15着の橿原神宮前は配線の都合から、何と構内踏切があります。ここを通過するのは電留線への出入庫に限られるようですが、近鉄の幹線駅に構内踏切があるとは思ってもみませんでした。同駅からは8:20発京都行きの特急に乗り換えます。
c0155803_13501210.jpg

車両は昔ながらの近鉄特急・・・スナックカー12200系でしょうか?洗面台が物凄いところに立地しています。
c0155803_13513030.jpg

インテリアはパッと見リニューアルされている気がありますが、天井はと見れば個別制御スイッチのついたユニットクーラが吊られていて、古めかしさが滲み出ています。
c0155803_13544496.jpg

8:46着に大和西大寺着。ここは複雑怪奇な構内配線が有名ですね。昔ながらの近鉄特急が3本並んだりと、ジャンクションとしての活況を見せています。
c0155803_1481947.jpg

ビスタカー30000系のイメージが強い顔立ちの12400系はサニーカーの愛称があります。30000系登場への橋渡し的存在ながら昭和53年度ブルーリボン賞受賞。サニーカーの愛称の由来は、登場時のシート表地やカーテン地がサニートーンとされた事にあるようです(保育社:日本の私鉄1「近鉄」1980年刊による)。中間に30000系のような2階建車を連結しないスッキリとしたビジュアルにして、近鉄特急車としては最後の菱形パンタ搭載形式であり、先頭P車の2基パンタ姿は大変勇ましいものです。GMキットから造りたくなってしまいそうですが、そうなると今一度実車を取材したくもなるわけで(汗
c0155803_14323311.jpg

大和西大寺9:01発の近鉄奈良行特急の乗車時分は僅か5分。ここではビスタカー改めビスタEXへとリニューアルされた30000系の2階席を愉しみました。日付を間違えて購入した分については2階席を指定しての発券だったのですが、今日買い直した際には2階席を指定する余裕が無かったにも関わらず、皮肉?にも2階席が割り当てられました。車内はガラガラだったので、単純に2階席から販売して行くのかも知れませんね。
c0155803_11504560.jpg

果たして9:06、近鉄奈良に到着しました。

1日目その2に続く)
[PR]

by ar-2 | 2014-03-12 14:39 | 外出・旅行 | Comments(0)


<< 夢に見た客車たちは      3・11 >>