赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 09月 28日

渡島有情(3日目その4・松前半島外周~消えゆく知内駅逍遙)

c0155803_14254152.jpg

渡島有情(1日目・「あけぼの」に見るブルートレイン象)
渡島有情(2日目その1・回遊!函館市電)
渡島有情(2日目その2・満喫!函館市電)
渡島有情(2日目その3・七飯への途と藤城線余話)
渡島有情(3日目その1・松前半島外周~江差の街へ)
渡島有情(3日目その2・松前半島外周~123D代行バスは江差を後にして)
渡島有情(3日目その3・松前半島外周~消えた鉄路を追いながら)

千軒そばでの昼食を済ませ、次に目指すは知内町にある「青函トンネル出入口撮影ポイント」なる場所です。



c0155803_13413143.jpg

その撮影ポイント、位置的にはR228が知内川を萩茶里橋で渡った先の右手にありまして、このE5系と思しき新幹線が描かれた仰々しい看板と・・・
c0155803_13414192.jpg

撮影ポイント本体のお立ち台があります。一応、屋根付きw
c0155803_13415487.jpg

傍らには通過時刻表もあり、チェックしてみると程なく2本の列車が通過する事が判明。しかし本日は大雨によるダイヤ乱れが懸念されるので、定刻通過は微妙かなと思ってもみたり。やがて姿を見せたのは上り4030M「スーパー白鳥30号」です。
c0155803_1342952.jpg

「スーパー白鳥30号」がトンネルに吸い込まれて1分程で、対向する下り4015M「スーパー白鳥15号」が飛び出してきました。霧に包まれた渡島の山々の下にあるこのトンネル、重箱を承知で申しますと青函トンネルではなく正しくは「第一湯の里トンネル」です。では青函トンネルはというとこの第一湯の里トンネルの向こう側なのですが、両トンネル間のいわゆる明り区間はシェルターで覆われてしまっているので、実際に青函トンネルから列車が地上部に姿を見せるのが此のポイントというわけです。画像の通り、知内川河原の植生が盛んなので高架橋に被る部分が多く、2015年度の新幹線開業時にどうなっているか不安な部分もありますが、その暁には新幹線見物のスポットとしてこのお立ち台が脚光を浴びるやも知れません。ただ、その折には最寄りの知内駅は廃止されていますから、クルマでないと訪れるのがほぼ無理っぽいですが(汗
c0155803_13431939.jpg

お立ち台を後にし、走ってすぐに着いたのが「道の駅知内」。見ての通りここは「道の駅」であって、JR知内駅とは無関係に見えますが・・・。
c0155803_13454963.jpg

建物に入ってすぐに1階物産館があり、店内にはここが生まれ故郷という鮭茶漬けのポスターがベタベタ貼られています。そんな物産館の奥にベージュの扉が見えますが・・・
c0155803_13492047.jpg

この鮭茶漬けでのカムフラージュっぷりが恣意的でエグいw そう、実はこの扉こそがJR津軽海峡線の知内駅へと繋がるアプローチなのです。よく見ると扉には海峡線の時刻表が貼付してありますが、ここまで知内駅の所在を示す誘導看板は一切ありません。現状、知内駅に停車する列車は2往復/日ですから、こんなものなのでしょう。駅よりも鮭茶漬けなのですw
c0155803_13542365.jpg

そのベージュの扉を開けた向こう側がこれ!画像ではホーム側からベージュ扉側を向いて撮影していますが、冬季対策なのか中扉1枚と待合い用のベンチが設けられた、ホームへの連絡通路です。ちょうど輪行者が雨宿りなのかここで休憩していましたが、無論列車の旅客ではありません。昼間帯に停車列車は無いのです。因みに知内駅における停車列車と時刻は以下の通りです。

「白鳥93号」 9:38 函館行
「スーパー白鳥31号」 20:02 函館行
「スーパー白鳥22号」 8:55 新青森行
「スーパー白鳥40号」 16:39 新青森行
c0155803_13594127.jpg

連絡通路から対向式ホームへとアプローチする跨線橋から、連絡通路を見下ろします。一部は物置と化していて実に殺風景で、パッと見は近代的なナリですが、これは紛れも無く「秘境駅」の雰囲気そのものです。
c0155803_1405498.jpg

連絡通路から階段を上がる手前に置かれた乗車駅証明書発行機。一体、これまでどれだけの累計発行枚数があるのでしょう。
c0155803_1431985.jpg

跨線橋から下り線ホームに立ってみます。地方幹線の中間駅としては標準的というか、小ザッパリした様の知内駅。しかしここに停車する列車は僅か2往復ですから、こんな事も無ければ訪れる事もなかったでしょう。ある意味、毎日が「千載一遇」なのです。
c0155803_1451252.jpg

知内駅構内では新幹線関連であろう工事が盛んに行われていますが、既に本線線路の枕木はデュアルゲージ(三線軌)対応のものに交換されています。これを見ると「いよいよ」という実感が沸きますね。
c0155803_1485643.jpg

もう少しで列車が来そうだという事だったのですが、私がホームをちょっと離れたスキに通過してしまいました・・・EH500の貨物列車ですね。ここで知内駅の来歴について簡単に触れておきましょう。津軽海峡線が開業した1988(昭63)年3月13日時点では知内駅は無く、同地点に開設された新湯の里信号場がその前身であるわけです。知内「駅」への格上げと改称は1990(平2)年7月1日からでして、名称的にはかつて松前線に存在した渡島知内の復活と捉える事も出来ます。因みに格上げ後数年経っていますが、1992(平4)年3月改正後時点における知内駅停車列車と時刻は以下の通りです。

快速「海峡1号」 9:02 函館行
快速「海峡13号」 17:54 函館行
快速「海峡2号」 8:48 青森行
快速「海峡14号」 18:18 青森行

なんと、20年以上前から2往復停車だったのですね。というか、もともと地元の請願での駅昇格故、旅客需要を当て込んではいなかったのでしょう。そしてこの知内駅ですが、既報の通り来年3月で廃止されます。どちらかと言うと同時に廃止される海底駅のほうに注目が集まり、知内駅は知内駅らしく、ひっそりとその役目を終えそうです。廃止後は信号場として機能する可能性もあるようですので、二十数年に亘る旅客駅としての記憶を思い出に、信号場へと還って行くのでしょう。

3日目その5に続く)
[PR]

by ar-2 | 2013-09-28 14:40 | 外出・旅行 | Comments(0)


<< 渡島有情(3日目その5・松前半...      渡島有情(3日目その3・松前半... >>