赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 08月 22日

ワンクリック

・・・とまあ、あまり良い響きではありませんが(何

鉄道趣味を長年嗜んでいるとは言え、識を得ない事は無尽蔵なほど多々あります。大抵そういうものは興味の対象に当て嵌まらない部分であり、事実、知らなくても困る事もないと言えばそうなのですが、他方、模型的なアプローチで関わろうとするとその己の無知さに出鼻をくじかれるのと同時に、興味を抱いてこなかったツケとも言える「資料皆無」の実態に直面し、どうにもならなくなるのです。

私も人並み?に鉄道趣味を通じて仲間を造ってきましたが、そういった面々を思い返してみても蒸気機関車について明るい人・・・つまり写真を見てこのパーツは◎◎で、このパーツとこのパーツはリンクしてるから・・・と、スラスラ言える向きが皆無なのです(どちらかというと電車党が多いと思うのは、私の嗜好に比例した付き合いと無関係ではないでしょう)。

そんなわけで「一時の恥」すらかく事が出来ない窮状は、パーツの名称が分からない→鉄道模型パーツの商品名が分からない→商品を買えない→工作が出来ないという、トンデモナイ結末に至らしめるであろう事は容易に察せられます(蒸気機関車に限った事ではないですが)。と、そんな最中見つけた書籍がこれ・・・。

300ページも記す事があるのかと思うほどに、私の蒸機への識は薄い、だからこそ知りたいとも思います。そんなわけで尼でワンクリック(実際は4クリックぐらいですがw)。そういえば書籍と言えばこちらも欲しいですが・・・今月は予算が微妙なんですよね~(疑惑 いずれ発刊されるであろう寝台車編?は確実に入手すると思いますがw 10系・・・私が最も思い入る旧客です(10系のいわば軽量客車群を旧客とするか否かは議論の分かれるところですが、車体構造に関しては確かにその後の礎となれど、20系のような走行中における客扉のロックシステムが無いことや、系列内の固定編成を前提としてはいない事、オハネ17のように戦前製車両の台枠流用形式が包含されている事などから、私は10系客車を旧形と認識しています)。
c0155803_2217638.jpg

そんな資料投機もそこそこに、「きそ」に関連してこちらを仕掛け始めました。これといった点の無い素組ですが、納期らしい納期もありませんから、色んな意味でズルズル行く可能性があります(謎
[PR]

by ar-2 | 2013-08-22 22:18 | ある日の出来事


<< 本日は・・・(激アツの根府川行)      木曽路はすべて山のなか~準急「... >>