2013年 07月 13日

三陸からの実況(3日目)

c0155803_17335476.jpg

一夜明けた宮古の空色は雨。それもそのはずで、東北地方は梅雨明けしていないのです。こちらの真夏日の感覚だと面食らいますが、他方、列島の広さも実感するのです。本日はまず雨の浄土が浜でウミネコとたわむれた後、不通区間を代替バスで挟みつつも三陸鉄道北リアス線の旅。お座敷車両満喫と「あ◎ちゃん」バブルに瞠目しつつ、久慈からは小袖海岸に寄り道。品川BTから最後まで岩手県北バスづくしですが、凱旋列車は「JAPAN RED」の予定です!
[PR]

by ar-2 | 2013-07-13 17:33 | 外出・旅行 | Comments(2)
Commented by ED75-1020 at 2013-07-14 00:39 x
おひさしぶりです,ar-2様。
三陸訪問中とのことで東北人としてコメントしない訳にはいきません(謎
某朝ドラは毎日見ていますが,視聴者を飽きさせない展開がいいですね。
回想シーンの開業式の様子(無論80年代です)に何故かリゾートうみねこが写っていたのは鉄道ファンとして突っ込みしたくなりましたが(笑)

三陸の様子は震災後から,「変わったトコ」と「変わってないトコ」があるのが厳しい現実だとGW中に再訪して思ったことですね・・・。
三陸の「特需」も限定的なものですので,これから先が気がかりです・・・。

帰りの車中から仙台の田舎っぷりを仰ぎ見ていただければ幸いです・・・・(笑)
Commented by ar-2 at 2013-07-14 10:33
ED75-1020さん、こんにちは。ご無沙汰です。
開業式のシーン(夏)ですが、撮影は真冬に行われたそうですw それでもエキストラの地元の方たちはイヤな顔をせず笑顔で半袖で撮影に臨まれていたとかで、力の入れようが窺えますし、それが東北の「人柄」なのかも知れません。

被災地の現状は局所的にしか訪れられませんでしたが、この2年間だけで総括できるものではないというのが率直な印象でした。おいおい、記事中で触れて行きたいと思います。因みに帰路の仙台通過時は真っ暗でしたので、様子が窺えませんでした。今度は明るい時にでもw


<< 行くぜ東北!三陸の「いま」と県...      三陸からの実況(2日目) >>