赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2013年 02月 11日

行くぜ東北!邂逅の岩手のバスと秘湯・松川温泉の旅(2日目その3・市内散歩と盛岡冷麺)

c0155803_17532354.jpg

行くぜ東北!邂逅の岩手のバスと秘湯・松川温泉の旅(1日目・みちのくの夜を駆って)
行くぜ東北!邂逅の岩手のバスと秘湯・松川温泉の旅(2日目その1・アイスバーンの轍と共に)
行くぜ東北!邂逅の岩手のバスと秘湯・松川温泉の旅(2日目その2・岩手の地に神奈中ブルーリボン登場!)

滝沢営業所から盛岡市内までバスで戻るも、次なるミッションまで時間があるので市内を軽く散策・・・画像は盛岡東警察署をバックに、県庁・市役所前停留所に停車中のエルガミオ(ショート)です。



c0155803_18392360.jpg

ふるさと交流館前から乗車した212系統盛岡北高線は市内への用務客でそこそこの乗り具合。盛岡駅前で纏まった下車がありましたが、バス自体は市内を経由してバスセンターまで行くのでそのまま通す乗客も少なくありません。私達も盛岡駅前では降りずに県庁・市役所前までアクセス・・・その途上では県北バス唯一のジャーニーとスライド!このクルマも移籍中古車で、出自は京浜急行バスであるとか。
c0155803_17581130.jpg

盛岡市内中心部の近代建築と言いますと、どうしても1911(明44)年築の旧・盛岡銀行がまず思い浮かびますが、こちらの岩手県公会堂もまた味わいものです。3年の期間を費やし1927(昭2)年に竣工なった県公会堂は当初県議会議事堂としての使途を有していましたが、現在はその名の通り公共施設として機能しています。
c0155803_18151474.jpg

塔楼を備えたタイル張りの堂々たる体躯は一見モダンですが、どことなく硬直的な香りもするのはやはり議事堂として建てられたが故に成すものでしょうか。玄関口には「ご自由にお入りください」との立て看板が見えるので、私達も躊躇う事なく入館してみます。その傍らには国指定登録有形文化財の銘板が・・・。
c0155803_18192921.jpg

入って直ぐ正面に上階へと続く階段が見えますが、同じ太陽であるはずなのに建物が違うだけでこうも「温もり」が違うのか、本当にこれぞ近代建築の魔力なのだなと思います。
c0155803_18205879.jpg

ついでに用足し・・・とお手洗いに入ってみてビックリ!手前の木製衝立の奥に隣接して小便器が2つ備っていますが、奥に見える謎の小屋状の仕切りは何と大便所です。まさかとは思いますがこれは創建時からの仕様なのでしょうか。因みに備わっていた便器は普通のものでした。後で知ったのですが2階の男子用お手洗いには県内初の水洗便所の痕跡が残っているとか・・・見ておきたかったです。
c0155803_18275790.jpg

県公会堂を後にし、近所の模型店へと足を運びます。その途上で見た信号機・・・ペッタンコですね。庇が無いですが、却って着雪で視認不足にならないのでは?と思うも、やや傾斜して設けられているので杞憂のようです。
c0155803_18313295.jpg

盛岡市内循環の「でんでんむし」に充当されている特別塗装のニューエアロスター、画像の「岩手200か16-43」は元・都営ですね・・・画像の通り降雪が始まっています。訪れた模型店では目ぼしい収穫は無かったものの、トミーのクリーナーを購入。その後、上の橋停留所からやはり「でんでんむし」のエルガミオに乗車して盛岡駅前まで戻りました。
c0155803_18425645.jpg

盛岡駅前でのミッションは、昼食の「盛岡冷麺」に他なりません。盛岡三大麺がわんこそば、じゃじゃ麺、そして盛岡冷麺であるのは言うに及ばずで、やはり麺好きな私としてもある程度?は堪能しておきたいものです。わんこそばも当初は検討しましたが、アトラクション性が強く味を楽しむ余地があるとも思えず今回は割愛しました。普通に食べれば美味しいものなのかも知れませんが・・・。その盛岡冷麺は事前にサーチしておいたぴょんぴょん舎さんで堪能、同店は都内や川崎にも進出しているので盛岡だけでしか食せないわけではないのですが、やはり本場で愉しむことに意義がありますw
c0155803_18572910.jpg

店内は1~3階の多層フロアというキャパの大きいもので、タイミングにもよると思いますが座敷とテーブルの選択を尋ねられました。2階の座敷席は掘り炬燵ではないので足を伸ばせず、テーブルにすればよかったかなと後悔しましたが冷麺のお味がそれを忘れさせてくれました。オーダーしたのは「冷麺焼肉セット」(¥1650)で、まずは焼肉登場・・・プレートの火力が強いのでアッという間に焼き上がります。
c0155803_18574528.jpg

続いて冷麺登場!盛り付けの綺麗さも目を惹きますが、コクのあるスープにツルツル・シコシコの麺との親和性に唸らされます。今年頭に某焼肉店で冷麺を食したのですが、あのマ口ニーちゃんを太くしただけのような食感に納得出来ずのリベンジ的意味合いを今回は含んでいたのですが、完全な別物ですね・・・てか某焼肉店の値段でマトモなものが出てくるはずが無いわけで(汗 しかしこれはハマる味ですね。私の中で冷麺の概念が覆った瞬間です。因みにここではアルコールは一滴たりとも摂らず・・・理由は後述します(謎

2日目その4に続く)
[PR]

by ar-2 | 2013-02-11 19:11 | 外出・旅行 | Comments(2)
Commented by ED75-1020 at 2013-02-11 23:36 x
こんばんは,ar-2さん。
盛岡遠征お疲れさまでした。
実は当方も9日に盛岡市内に足を運んできました。
しかし立方体の多さには驚愕でした。
盛岡駅前で待ち構えるも9割が立方体という結果になりましたw

私はぴょんぴょん舎の本店にいってきました。
私も家庭でいつも食している盛岡冷麺とはまったく違い,麺のコシと舌触りがスープのダシによく絡み付いて非常においしかったです。
これは病みつきに...なりますねw

旅行記続編に期待してます(笑)

Commented by ar-2 at 2013-02-13 20:51
ED75-1020さん、こんばんは。
>9日
なんと、ニアミスじゃないですかw お疲れ様でした。
キュービックですが本当に「石を投げれば状態」で、偶にエルガと7Eが混じるぐらいで私のコンデジのメモリーもキュービックだらけですw まあそれも「今のうち」で、あと幾らもすればエルガなんかが流れてくるのでしょうねぇ・・・。

>ぴょんぴょん舎
盛岡冷麺初体験、大変美味しかったです。お土産に買った冷麺ももう平らげてしまいました(汗 神奈川には奇しくも川崎に出店しているので、そのうち行ってみたいです。あ、それよりも盛岡再訪が先になってしまうかもですねw


<< 行くぜ東北!邂逅の岩手のバスと...      行くぜ東北!邂逅の岩手のバスと... >>