赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 27日

夏の終わりの一日は(杏さやオンリーほか)

c0155803_1075047.jpg

昨日は同人イベントに始まり夜分までスケジュールが突発を含めて立て込むという、極めて稀な一日となりました。そこでは色々な燃料投下があったりなかったりと・・・。以下はその顛末記です。



c0155803_10191633.jpg

まずは本日メインである合催同人イベント「SDF」の内の1つである杏さやオンリー「一人ぼっちは、寂しいもんな3」へと出向きます。イベントの開場は11:00からとのことですが、数時間前から並んでまで欲しいというアイテムがあるわけでもなく、ましてや本業?でもないので雰囲気をおっかなびっくり楽しむ事と決め込み、陽もすっかり昇った頃の重役出勤と相成りました。会場最寄り駅は京急蒲田との事ですので、地元からは地下鉄の上大岡経由で京急へとスイッチします。その京急上りホーム売店にはATMが・・・こんなとこまで「コンビニ」してるんですね。
c0155803_1021379.jpg

蒲田までのアシは快特が最速なのは言うに及ばずですが、休日で増結車込みの12連であってもそれなりに混雑しているので、ここは比較的空いている「エアポート急行」を狙います。このエア急、かつての急行時代とでは上大岡~横浜間に限って言えばレギュラー停車駅であった黄金町が外れ、ラッシュ時のみの臨時停車駅だった弘明寺と井土ヶ谷がレギュラー化しており、このあたりの差は往年を知る者からすれば面白い所。そんな回想を巡らせていましたら、次なるエア急には期待通りの2000形(8MT)が姿を見せてくれました♪

新旧のフラッグシップカーが肩を並べる様はまさに「京急クロスシート車の系譜」ですが、3扉ロング化された事を除けばエクステリア、インテリア、そしてそのイメージにおいて2000形に軍配が上がります。同形の4連である4MTは既に全数の半分が廃車解体されてしまいましたが、残る3本のうち2本はこの日稼動が確認できましたので、使い勝手?には困らないようです。要は時間の問題という事なのでしょうかね。そんなエア急にはスンナリ着席出来、横浜からの閑散とした車内と新町での快特退避を満喫してやがて京急蒲田着です。
c0155803_10302930.jpg

ここで駅構内のポスターに目が行きました。年イチの改正、本年は10月のようですね。因みに10月21日と言えば、2年前の同日に羽田空港国際線ターミナル駅が開業を迎えています。その折の弊ブログにおける関連記事を参考までに貼っておきます。
「羽田空港駅」は二度消える~「羽田空港国際線ターミナル駅」明日10/21開業!
2010・10・21 京急「羽田空港国際線ターミナル駅」開業!

さて、肝心の本改正概要は既にプレスリリース済ですが、ざっくり申しますと・・・

★品川方面~羽田空港間の「快特」を10分ヘッド化(→北部「エアポート急行」全廃)
★横浜方面~羽田空港間の「エアポート急行」を10分ヘッド化(→川崎折返し普通を削減)

といったところのようです。品川方面からのエア急全廃による通過駅救済策として品川~蒲田間に普通車を増発との事ですが、蒲田で折返しなんか出来るのか?と思えば何と◎◎まで往復◎◎だそうです(謎 何あれますます普通車の大粛清が進む感がありますが、あまつさえの普通車6連化の浸透でいよいよ4連のダブつき具合も相当なものとなり、以後は漸減傾向となるのではないかと考えられます(ある時間帯の増結運用廃止も囁かれていますので)。
c0155803_10524918.jpg

完全立体化工事たけなわな京急蒲田、そのメッカである第一京浜国道の踏切側に降り立てば、踏切の南側にかつて在った歩道橋は姿を消し、替わって真新しい別の歩道橋が更に南側にオフセットされるカタチで設けられていました。画像はその歩道橋からの踏切の眺めで、かつての画像と比すればその差は瞭然でしょう。
c0155803_11113050.jpg

歩道橋上から反対側を見やれば、こちらには環八をアンダーパスする流路が姿を見せています。京急の完全立体化と併せて、このあたりの交通事情も大きく変わって行くのでしょう。
c0155803_11175123.jpg

そうして会場着・・・既に正午近くでした。それにしてもここ大田区産業プラザ、懐かしいですね。私にとっては98ないし99年?に催されたJNMA以来となります。まだあの頃は有井が駆け出しでガレキメーカーが隆盛を極め、果たして会場では出店ディーラー側が「身の危険を感じた」というほどにモデラー/ユーザーが押し寄せ、私もロクにブースを見て回れず人並みを掻き分けやっとの思いで一巡した苦い記憶があります。そんな阿鼻叫喚の会場で手にしたのは、恐らく小さなサークルさん謹製と思うのですが和田岬線オハ64用のエッチング製外吊り扉パーツでした(無論、今も保有しています)。GMキットへの少加工でチョイチョイとなりそうな気もしますが、私にとっての最大のハードルはDE10(11)ないしDD13を2台用意せねばならないという事ですねw

そんな回想に耽りつつ会場に入ろうとしますが、入場時にカタログ(¥1000)を購入するシステムであったはずがカタログ完売でフリーになっていましたw 似たようなシステムを別の鉄模催事でも採っていましたね。確かに入場が早いほどにイイ出物と出会える確率は高いでしょうが、何となくトクした?気分で会場に入りました。この「一人ぼっちは~」は昨年9月の綿商会館を皮切りに、今年3月の京都での「2」を経て此度で「3」を数えるに至った催事。私がハマり出したタイミングがもう少し早ければ綿商会館にも間に合ったのになぁと思いながら会場を一巡すれば、思っていたほどブース数は出ていない印象です。尤も会場全体で他に幾つものイベント(「けいほん!」とか)との合催スタイルですから頭数にも限りはあるのでしょう。中には既に完売したのかカラになっているブースもありましたので、一時のピークが過ぎたとはいえ今も確かな人気のある一ジャンルではあるようです。

通路の両側に居並ぶ各ブースというかサークルさん、その売り子の方達はまるで申し合わせたかのように下を向いていて、確かにその手許にはスマホやらケータイが見えはしたものの、実は大半の方はスケッチブックへ無心にペンを走らせていたのです。俗に言う「スケブ」(ファンが画師さんにお願いしてスケッチブックに筆を執ってもらう事。一つの交流手段とされる)なのかも知れませんが、二次元創作は読むだけの「ROM専」な私から見ればいやはや凄い限り。やはり本業は違います。そうなると私もキットのドストレート組みとはいえ、その本業たるアイデンティティをキチッと立てておきたいものですね。ま、言うだけなら簡単ですが(汗

肝心な薄い本の購入ですが、事前に渋でタイトルはチェックしてあったので迷う事なく「これ下さい」となったのですが、面白いのは「立ち読み」が結構デフォであるという事ですね。大抵のファンはその場で売り子さんに断って誌面を一瞥してから購入という流れのようでして、売り子さんもそのつもりなのか声を掛けるとまず勧められます。私の場合はというと、そもそもが薄い本なのだから立ち読みしたらそれで済んでしまうではないかと思い、また渋でサンプルを目にしていた手前もあり中身確認はせず3冊ばかり購入。それぞれ「杏→さや「さや→杏」「相思相愛」的な内容でどの作も愛に溢れ、更なる妄想の燃料が補完され満足したのです。
c0155803_12254622.jpg

会場を後にするも、夕方からの別の所用までは時間がありどうしたものかと考えていましたら、折良くここ暫く通信機器の不具合(というか不設定)で音信のとれなかった友人から連絡があり、急遽合流する事に。そして新装オープンして間もない東神奈川駅前の「餃子の王将」でランチと相成りましたが、ここの皿うどんは相変わらずボリューミー(汗 年々食が細くなって行くのを実感します(大汗
c0155803_12285339.jpg

その後は横浜駅周辺の模型店を軽く流して・・・岡野町交差点の某中古店も久々でしたが、何というか「別にいま必要じゃないもんな」という消極論が勝り、何もせしめませんでした。ま、これもある意味ショッピング?の醍醐味なのかも知れませんが、こんな向きばかりでは消費が鈍くなってしまうわけでもあり・・・。画像はハンズ向かいのゲーセンのエントランスで何故か催されていた動物とのふれあいコーナー。ウールマークの子はこの陽気とあってはとても暑そうですw
c0155803_12352784.jpg

この後は今月一杯で退職してしまう職場の同僚らとの慰労会的な予定となっていますが、上がりの時間がどれくらいになるか読めなかったものの案外早く合流・・・画像の電車に乗り込み移動します。
c0155803_12374312.jpg

長い通路を抜け・・・
c0155803_1238319.jpg

やって来たのはここ、マリンタワーです。実は他ならぬ私、横浜市に生まれ育って数十年が経つもマリンタワー登頂は今回が初!退職する同僚も市内育ちの市内在住ですが全く同じ境遇で、地元であればあるほど足が向かないという点で意見の一致を見ましたw
c0155803_12402544.jpg

果たして地上106M、地上30階相当の眺めは・・・夜景が綺麗ですね~。
c0155803_12411086.jpg

画像奥で佇立する2本の光の筋、見えますか?右がスカイツリーで左が東京タワーです。それにしても俄かに信じがたかったのはマリンタワーのこの高さでの「106M」で、これの何と4倍以上である「450M」がスカイツリーの第二展望台となるわけですから、どんだけなのでしょう。その諸々の比較で参考になるデータがありまして・・・
c0155803_12522073.jpg

マリンタワー圏外ワロタwww 因みに入場料は¥720。高いか安いか、それを言ってはなりません(何
ミナトヨコハマの夜景を堪能した後は近所で夕食・・・久し振りに一日中遊んだ気がしました。
c0155803_12562462.jpg

そして今回の戦利品!昼食で合流した友人が「衝動買い」していたという会場記念品の300形を譲れるとの事で、思わぬカタチでゲットできました。他店舗で購入したインレタは、中間封じ込め車への転写に使う予定です。
[PR]

by ar-2 | 2012-08-27 12:59 | 外出・旅行 | Comments(2)
Commented by youroumania at 2012-08-27 19:57
こんばんは
>地元であればあるほど足が向かない
確かに言えますね。東京タワーは成人してから初登頂ですので。。
マリンタワーは小学生の頃行ったようです。写真はありますが記憶が無いですが。。
あ、マリンタワー隣のホテルニューグランド・・・従兄弟が結婚式挙げたな。。。
てか慰労会って職場と離れたところで・・・有志での開催だったのでしょうか。

あ、そろそろ蒲田のショーですね。
Commented by ar-2 at 2012-08-30 00:19
youroumaniaさん、こんばんは。
マリンタワーはその標高差というか、ランドマークと比べると・・・というのもありますね。
尤も、そのランドマークの展望室さえ足を未だ運ばずですが(汗

>有志
まあそんなところです。
当人が本州の西端方面へ越してしまいますので、いわば地元での想い出造りです。本チャンの送別会は今晩(ry

>蒲田のショー
あれって9ミリも多少はあるんですよね。
予定がナカナカ噛みあわず、未だに接した事がありません・・・。


<< 本日は・・・      明日は・・・ >>