赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 12日

一昨日あたりからの・・・

お盆休みだよ、◎◎◎ちゃん!


って、まあ元ネタは特に無いんですが(何
そんなグダグダな滑り出しの近況ですが、簡潔にダイジェストで・・・。
c0155803_21345244.jpg

★10日(金曜)
ある方からの頂き物が着荷しました。もちろん新品です(謎
実際には昼間に配達に来ていたみたいですが気付かず・・・orz そんなわけで受領は夕方となり組み立ての時間がもてなかったので、それについては後日にでも。本アイテムには我が汚部屋の環境改善の一助となる期待がかけられています。
c0155803_2138926.jpg

★11日(土曜)
退勤時に京葉線の丸ノ内側フォーラム改札から出て、スカ線の丸ノ内側改札までの地下通路を抜け切ったあたりに画像のような臨時の手荷物預かり所が設けられていました。昨年までに見かけたかな~?とアタマを捻ったものの、お盆出勤がデフォでも往復におけるコース取りはスカ線か東海道かで流動的ですから、偶々見かけていなかった可能性はあります。何あれ、昨今のシーズンを物語る風物とも言えましょうか。
c0155803_21412967.jpg

でもってその後は横浜に寄り道し、ムズムズしてならなかった薄い本の入荷状況をチェック!本格的な入荷はC82会期終了後と見込まれますが、サークル如何によっては早い段からの入荷もあるので・・・という事で、厳選してとりあえず2冊を購入となりました。嗜好対象は限られたものであっても、内容的にオールカプとかありますからね。そこを今回は尚一層絞ったのですが、2冊とも良作で満足しました。

で、画像はそれとまるで関係無いのですが、そのアシでサマーセール開催中という黄色いお店にも凸。ただそのセール期間が今月の上旬から下旬までと永いので、値引き率が渋いのではと踏んでいましたが・・・まあ想定の範囲内でした。以前になされたセールよりも買い得感は薄そうですね。確かに3050中間車の半額とかはありましたが・・・これといった買い物はせずに帰途につきます。

そして漸くの画像の中身ですが、GMから発売されたサードレールのアイテムチェックも先ほどの黄色いお店凸の目的であったわけですが、何というか道床付線路に無加工で充当すると集電靴とは乖離したポジションにサードレールが来てしまうので要加工・・・という印象があります。それよりもGMのパーツは木製の保護板とサードレールのクリアランスが開き過ぎに感じたというか、それを確認するために画像の撮影と相成った次第でもあり・・・。結局これは、ほぼ毎日に亘ってサードレール集電の電車で通勤しているヲタの性ということでしょうか。このあたりは言い出したキリが無いのですが(汗
c0155803_2152693.jpg

★12日(本日・日曜)
戸塚5:41発の東海道上りが2番線を発ち、5:44発のNEXも1番線を離れようかというタイミングで2番線に通過アナウンスが・・・この頃合いの旅客線通過には思い当るスジがあり、5:50発(平日)のA線発車数分後にロングレール輸送の工臨チキが東日本のPF牽引で通過することがあるのです(稀ですが)。で、今回は時刻的にそれの前倒しかなと思いながら見やろうと思っていたのですが・・・

時に5:46、何と愛知のEF64 1000でした!って、ええ~!?
確かに、今春の改正から愛知機関区カマの首都圏運用の送り込み(戻しも含む)が中央線経由からメガロポリス経由になった・・・とはアタマの隅にありましたが、この時間なのでしょうか。しかも旅客線経由とは・・・。
で、やはり気になって調べたのですが、この愛知からの往路である5090レは本来なら新鶴見(信)着が1:35のようで、何か理由があって遅れていたようです。それ故の旅客線経由だったのかも知れませんが、その後の5:48発A線で新鶴見(信)通過時には停車中の画像の1025をしっかと確認しましたので、まず間違いなく鶴見で旅客線から貨物線へと転線したのでしょう。

同じ横浜市内でも、根岸あたりであればさほど珍奇でない同型ですが、早朝のメガロポリスであまつさえ旅客線経由とは・・・う~む、イレギュラーなのがはなはだ残念。愛知にはオリジナル塗装のカマも居るようなので(あの淡泊な貨物色は好きになれません。国鉄型直流機は濃蒼にクリームの警戒色に限る!)接していれば親近感も湧くでしょうが、そんなわけで私が(現役機の)カマ屋になる事はまず今後もなさそうですw

私は仕事柄、例年ですとあえて冒頭の「お盆休み」となはらないのですが、今年はちょっと事情が変わって日帰りながら佐久往還となりました。これは来月も予定しています。そんなわけで明日は・・・なのですが、5月を含めて年に3回の信州入りは「超」異例です。この顛末についてはいずれにでも・・・。
[PR]

by ar-2 | 2012-08-12 22:12 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(0)


<< 望郷の佐久・弾丸往還+α      思いつきで湘南色回想(東京口編) >>