赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 08月 08日

本日も・・・

何とか生きています(謎
さて、いよいよ薄い本の季節となりましたが、それに関わる字書きの真似事はすっかりご無沙汰になっています。まあ何というか・・・まだまだだったんですよね。鉄模然り、良い作を目の当たりにしインスパイアされる事はもとより、それを上手く消化せねば次に繋がりません。で、本日退勤時に魔?が差してモバイルで半年振り以上のブランクを経て渋の特定カテゴリを目にしたのですが・・・近い公休に時間をかけて熟読したい気に駆られました。

そんな混沌とした近況ですが、過日には運命の悪戯如何によっては「碍子のプロ」になっていたかも知れない某氏との間で「交直流電車の碍子の色」について云々・・・と。私見ではこれまた別の某氏が最近勤しんでいる色挿しよろしく「緑色」という概念があったのですが、手許のアルバムをひっくり返してみますと全く相反する実態(といっても十年前くらいですが)が浮かび上がってきました。
c0155803_22271435.jpg

例えばこれとか・・・
c0155803_22273383.jpg

これも元は白色ですね。
c0155803_2228955.jpg

でもって「王道」の屋上・・・ですが
c0155803_2228353.jpg

ちゃんと同形式で緑色がありました!

というか、この差はいわゆる製造年次によるものなのか、はたまた後天的改造、若しくは材質違い・・・など推察は尽きませんが、このあたりの経緯は興味深いですね。やはり某氏には碍子のプロになっていただきたかっt(ry

それにしても「現役」であった頃の私が当時からこのような角度のショットを押さえているあたり、何というかやはり本能的にモデラー視点というものが潜在的であれ有していたようです。あの頃はそんな事、微塵も意識していなかったのですが・・・w
[PR]

by ar-2 | 2012-08-08 22:34 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(8)
Commented by 碍子の国で育ったまた別の某氏 at 2012-08-08 22:41 x
交直流電車の碍子の色ですか・・・
地元過ぎて「白」以外のバリエーションがどう頭を捻っても出てこないです
Commented by chikatetu-kanji at 2012-08-08 22:52
おっと、415-1500の碍子は白なんですね~。
緑色はどうやら塩害防止のためのようです。ってことは北陸筋の電車の碍子はみんな緑色ってことでしょうか???
Commented by gino-1 at 2012-08-08 23:44 x
こんばんは。

碍子は、みんな白色です。
緑色に見えるのは、白色の碍子に塩害による絶縁性能低下防止の為に緑色のシリコングリスを塗布しているのでそのように見えるようです。

緑色の碍子を近くで見ると、下地の白色が見えたり、グリスの塗りムラが見えたりして、塗っている事がよく分ります。

日本海側を走る車輛に多く見られるようです。
車輛だけではなく、架線等の地上設備の碍子にも同様の例がありますね。

Commented by 椎茸 at 2012-08-09 00:08 x
初めまして。いつも楽しくブログを拝見しています。

緑色なのは絶縁向上策のグリス塗布のためだったかと思います。
交流車に限らず、新京成や京阪といった一部の私鉄直流車でも緑色碍子を見ることができますよ。
Commented by ar-2 at 2012-08-10 10:48
碍子の国で育ったまた別の某氏 さん、こんにちは。
本場の方がいらっしゃいましたねw J磐線は北部の浜通りを除けば内陸が殆どですから、他の方から戴いたコメントにあるような塩害対策は慮られなかったのでしょうかね。ちょっと意外?な気もしました。
Commented by ar-2 at 2012-08-10 10:52
会長殿、こんにちは。
おっと、参考になりましたか?その北陸筋ですが、手許の資料を少々捲った限りではみんな緑色という事はないようです。ひょっとして少数派なのでしょうか。因みに他例ですとJR北海道の711系や721系が緑色に該当したりもします(現在は不明ですが)。海沿いと言っても銭函くらいしか思い当りませんが(汗
Commented by ar-2 at 2012-08-10 10:58
gino-1さん、こんにちは。
成程、あの緑色は成型色ではなく塗られたものなのですね。だとしたらやはり施工時期や区所単位でのバリエーションがありそうで、且つ全容が把握し難そうでもあります。まあ模型的には視覚的な変化で適宜・・・といったところでしょうか。因みに塩害対策と言いますと、これは碍子ではありませんが京葉線の103なんかはパンタの舟の材質を違えていた(ステンレス製?)のを思い出します。
Commented by ar-2 at 2012-08-10 11:08
椎茸さん、こんにちは。初めまして。
緑色が塗布によるものというだけでも意外でしたが、何と直流車(それも私鉄)でもそのケースがあるとは驚きです。京阪も新京成も色々と個性的ですから何となく納得?に値しますが、模型でも色挿しを施すと目立ちそうですね。
因みに手許での該当モデルとしては大津線の小型車があるのですが、時代設定が旧い(以前は白色だったようです)ので緑色に塗るとおかしな事になってしまいますw


<< 思いつきで湘南色回想(東京口編)      【久良岐公園】横浜市電1156... >>