赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 07月 20日

本日の・・・(迷えど拡大版)

本朝はここ数日とうって変って涼しい陽気・・・。
このところのルーティーンが遅番でありその時間帯もありましょうが、自宅から最寄駅までの道すがらはうだるような熱気と照りつける太陽光により滝のような発汗を伴い、漸く交通機関にありつける頃にYシャツは完全シースルーとなる始末(ここで凄い色気)だったのです。
それが本日は早番出勤の時間帯であったとはいえ、曇天なうえに10°近い寒暖差とあっては・・・何と汗滴一つかかず最寄駅まで到達してしまったのです。どういうことだ、オイ!

そんな本日の記事は近況というか半ば適当なチャンポン記事(!)です。許せる方のみ続きをどうぞ~。




c0155803_21423878.jpg

さやかちゃんの制服上衣のラインが・・・ハゲちゃいましたorz
まあ原因はハッキリしていて、夢中になって遊んでいたのは兎も角として制服上衣の素材自体が軟質のゴムのようなものであり、塗料の喰い付きがもとより良くなかったのであろうが故にです。というわけで、いずれはリペしておきますかね。レッドは京急バーミリオンか阪急マルーンか・・・こういうとき、日頃から筆(いろんなサイズのw)を握っておいて良かったとも思います。その腕が伴っているかどうかは別としてですが。
c0155803_21464965.jpg

その夢中になったていたワンシーン。他にもカットはあるのですが、ここには載せられません(謎
それはさておき、これはまるで・・・そう、夫婦の記念撮影そのものですね。
自重?そんなもの知るはずが無い。自嘲なら偶にしていますがw
c0155803_2149205.jpg

ここに来て不意打ちの鉄分(意味深)!ですが、要は先日の続きです。
これで両側面のドア交換が済んだわけですが・・・このビジュアルであればトミーの完成品を入手した方が早いのでは?といった思考回路をお持ちの向きが、弊ブログを観てもあまり意味は無いと思えますw それほど捉えようによっては無駄な工作なのです。それでもこの「無駄」を快感として覚えるようになれば、色んな意味で別の世界が開ける・・・とも思います。無論、個人差はありますが。
c0155803_21542651.jpg

そして更には先日の車内画像続きで・・・発掘しました。
遂に1989(平元!)年撮影の画像です。時期は11月と推測されますが、このアコモ自体は後々まで残ったものの敢えて記録しているあたり、この頃に登場し目新しさを撮影者(というか私w)が覚えたが故にシャッターを切ったのでしょう。車番は画像の通りモハ102-365です。
c0155803_21571225.jpg

もちろん車内オンリーも外さない!中吊りにある廃刊となった「サンデー毎日」も懐かしい。それまでの国電のオリジナルアコモを払底せんとする明るいカラーリングは化粧板やリノリウム床、そしてシートモケットといった全てのツールへと反映され、如何に国電オリジナルアコモが古臭いものとして捉えられていたか、また陳腐化していたかが窺えましょう。
[PR]

by ar-2 | 2012-07-20 22:04 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(0)


<< 本日の・・・夏のご予定は?      【時代設定の】昭和30年代の京... >>