2012年 02月 07日

西国奇譚(1日目その2・「圏外」の聖地から諏訪ノ森へ)

c0155803_1339835.jpg

六地蔵を後にし、次なる目的地である阪急甲陽線の甲陽園を目指します。



c0155803_13412569.jpg

六地蔵からの「みやこ路快速」で京都着後、再び市営地下鉄1日乗車券行使により烏丸線で四条へと移動。
地下通路を抜けて阪急京都線の烏丸まで徒歩連絡です。ここからは大阪梅田行特急への乗車となりましたが、その1本前の準急が画像のクルマ・・・前パンは至高です!
c0155803_13433949.jpg

大阪梅田行特急はセミクロスの良いクルマでした。途中「京とれいん」なる6300系改造のイベントカーと離合しながら特急は西進、クロスシートでウトウトしながら十三に到着です。ここで昼食という事で手頃な駅前の「王将」に入店。そういえば昨年の讃岐行の時も六万寺で入店していましたがw もはや同行する友人の趣味です。
c0155803_13474726.jpg

昼食を済ませ、今度は阪急神戸線の特急神戸三宮行に乗車。甲陽線の乗換駅である夙川で下車します。私のこれまでの西国行において阪急電車そのものを目的とした記憶は無いので、今回の目的地である甲陽園が駅という存在であれど、初めて阪急のアイテムに照準を合わせた道中となった事はある意味印象的でした。まあそれも、こんな事がなければ(ry
c0155803_1350493.jpg

神戸線の上りホームに直交するカタチで位置するした甲陽線ホームからは3連の電車が発着、次駅は苦楽園口ですが僅か1駅でも纏まった降車があり、事前に抱いていた一支線のイメージとは裏腹に重用されている現実を目にし新鮮さを覚えます。その次駅が終点の甲陽園でして、かの京アニ制作タイトルである「涼宮ハルヒの憂鬱」シリーズで描かれている聖地の中核的存在のようです。ハルヒヲタの友人はクルマでの訪問履歴はあれど電車での訪問は初めてとのこと。理由は明快で「クルマのほうが機動性があるから」・・・無理からぬ事です。

ハルヒというタイトルに対して私はというとアニメーションをつまみ食い程度、ラノベは2冊み目を通したのみに留まっているので「圏外」的位置付けですが、それでもいざその聖地に随行と言えど降り立てばある種の感慨も沸いてきます。因みにハルヒヲタの友人は豊郷小旧校舎群にも足を運んでいますが(当然クルマ)それは一度きりであり、私のように電車移動で6度も足を運ぶのは風変わりに映るようですw
c0155803_1411056.jpg

複数回訪問とは言え好きな場所は好きなわけで、それは私の豊郷小についても全く同じことが言えます。友人はひとしきり撮影と雰囲気を駅周辺のみながら満喫したようで、来た道を甲陽線で戻ります。甲陽園~苦楽園口間の車窓に「サイゼリヤ」が見えればあそこは劇場版の聖地である旨の解説もあったりして、よくは判らないがなるほどと納得w 私も帰宅してから調べてみたのですが、ハルヒは聖地が概ね集約されたゾーンにあるので結構効率よく巡れるのではという印象がありました。

対して、私にとって現時点における大センセーションとなっている「魔まマ」の聖地はというと前橋、立川、松が谷、赤羽岩淵、みなとみらい(!)、羽生、御殿場、ドイツ、フランス、台湾、シンガポール、ドバイ・・・と、てんでバラバラw 完全踏破なぞ思いもしません。しかし、一部聖地については訪問計画が(謎 というかMMとか松が谷・立川ならすぐにでも行けそう。こいつは迂闊でした!
c0155803_14104711.jpg

夙川ではすぐに上り特急に接続するので、ウォークスルースタイルのホームを急ぎます。次なる目的地は南海本線の諏訪ノ森・・・ってまた何ともアプローチしずらい場所です(汗 夙川からは1駅乗車で西宮北口へ移動し、更に阪急今津線で今津へと出て阪神本線に乗り換えます。因みに阪急における使用乗車券は阪急および阪神と神戸高速全線で有効な「阪急阪神1dayパス」(¥1200)ですので、必然的にこのようなコースになったともいえます。
c0155803_14161487.jpg

阪神電車では尼崎まで移動し、中線で両側面の客扉を開けて発車待ちしている普通車を「横方向」に通り抜け(乗り換えアナウンスでもそうするように案内される)、阪神なんば線へと乗り換えなんばまで。ここから地下通路を徒歩連絡で人混みをすり抜けながら南海本線のなんばを目指します。方々に目的地があるので無理もないですが、兎に角今回の旅程は移動時間が多く割かれています。
その南海本線なんばから諏訪ノ森までは普通車で移動。普段乗らない電車でもそれ自体が目当てでないので特に感動もなくウトウト・・・夕方とは言え曇り始めた空が気になり始めた頃合に漸く諏訪ノ森に到着です。ここは上下ホームが踏切道を挟んで食い違いう配置の位置関係にあります。下車した下りホームは窓口らしき小屋があるもののシャッターで閉じられていて、無人状態でした。
c0155803_14234258.jpg

対する上りホームには立派な駅舎が・・・そう、諏訪ノ森を訪れた他ならぬ目的がこの上りホームの駅舎の記録なのです。
本旅程における私の希望として盛り込まれた唯一?のポイントですが、何よりもこの眼前に佇む可愛らしくも気品を帯びたデザインに目を奪われます。
c0155803_14283063.jpg

1919(大8)年築という諏訪ノ森駅舎は国指定登録有形文化財ではあるものの、堺市内連続立体化事業により隣駅の浜寺公園ともども存廃の議論に揺れました。最終的には両駅舎とも移築という結論に至ったようですが、果たして現在のように駅舎として「機能」し続けるかは別問題であり、その現役の姿を記録するのは今がチャンスの念に駆られての訪問だったのです。
c0155803_14324471.jpg

駅舎内には欠球状の柔らかなデザインのカバーを有す灯具が吊るされ、駅舎正面幕板には複数枚で構成し連続して上部で楕円を描かせた明かり窓があり、ここが諏訪ノ森駅舎の大特徴であるステンドグラスとなっているのです。そのデザインされた松原はかつての浜寺から淡路島の方角を望んだ景とのことであり、如何にも南海沿線を感じさせるものです。
c0155803_14444460.jpg

駅舎正面外観は軒口の庇の上に両流れの大きな庇が更に設けられ、それは先ほどの明かり窓とさも一体感を帯びるが如く配されているようにも受け止められ、シンプルなデザインの中にもしっかりとした駅舎の「表情」が造り上げられています。
駅舎の線路側側面にもやはり縦長にして1枚少ないものの同デザインの明かり窓(ステンドグラスではない)が配されており、その意匠はステンドグラスで目を奪われがちな諏訪ノ森駅舎のアイデンティティを際立たせ、且つ端的に証明するものと見ても相違無いのではと思います。隣駅の浜寺公園駅舎のインパクトに隠れがちですが、ここ諏訪ノ森駅舎も紛う事なき名建築でありましょう。
c0155803_18451645.jpg

感動を覚えつつ駅舎との僅かな時間を堪能・・・記録も余してはなりません。
因みに他の二人はというと  ま っ た く 興 味 な し 。まあ判ってはいたことですがww
ひとしきり満足して諏訪ノ森を後にしますが、来た道を戻ってもウトウトするだけなのでここでは味付けを変えて数百メートル東を並走する阪堺電軌へとスイッチ。最寄りの駅は船尾となります。
c0155803_14493998.jpg

その船尾からは天王寺駅行でしたが、末端で混雑するのは目に見えていたので乗換券を車内で受け取ってあびこ道で始発の恵美須町行へと乗り換え。すると姿を見せたのは冬場の阪堺名物モ161形165!もしやという期待はありましたが、この乗り換えは大成功でした。
c0155803_14513060.jpg

大阪ミナミに息吹く昭和初期生まれのアンティック・トラムは、木製扉に木枠窓、木製鎧戸をバッタンギッタンと揺らしながら、カスれ気味の吊り掛け駆動の轟音の嘶きと共に薄暮の街並みを駆って行きます。電停で待つ旅客は殆どがこの恵美須町行には乗らず(つまり天王寺駅行待ち)、終始落ち着いたムードで素晴らしいひと時を堪能できました。
c0155803_1457220.jpg

モ165を南霞町で降り、傍らのJR新今宮から環状線にて移動します。今夜に乗車する「きたぐに」には当然ながらシャワー等はありませんから、ひとっ風呂・・・ということになり、近傍で調べてみたところ野田の駅至近の銭湯へという事になったのです。その後は再び新今宮へ戻り新世界へという予定ですが、このあたりの移動効率の悪さも反省点ですね。下調べ不足気味というか・・・。で、ここでの移動は相互利用の雰囲気?を味わうべく手許のスイカ定期を用いてみました。

相互利用と言えばこの動画w
(※日本語視聴の際には画像右下の赤色のコマンドをクリックし、アノテーション機能をOFFにしたほうが見やすいです)

(つづく)
[PR]

by ar-2 | 2012-02-07 15:05 | 外出・旅行 | Comments(0)


<< 西国奇譚(1日目その3・ミナミ...      西国奇譚(前日~1日目その1・... >>