赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 29日

木枯らしは落ち葉にフォークダンスを躍らせて

タイトルの通り、とにかく北風の強い一日でした。
他方、出勤時の最寄駅までの道すがらに傍らの家屋が響音を立てて揺れ始めた事や、夕刻の職場での揺れが富嶽界隈を震源域としていた事等も忘れ難く、有用な識の無い立場がいたずらに煽るのは本意ではないので過分な言及はしませんが、こういう日もあるのでしょう。
そんな本日のルーティーンは大方の見方がハズれてハネて・・・ソウルジェムの濁りが加速度的に進行したようにも思いましたが、何とか持ちこたえました。
c0155803_21242597.jpg

大分以前から在庫していたのですが、このタイトルをもっと知りたい、そしてもっと深みに嵌りたい・・・という思いで、退勤時に書店に立ち寄り購入してきました。しかし惜しむらくは、纏まった時間がとれず目をあまり通せません。何というか・・・これは心の問題かも知れませんが。

最近、鉄道趣味そのものではなく「それを取り巻く環境」の面倒臭さ(さやかちゃんなんてレベルじゃない)から、その実距離を置き始めています。とはいえ来週には大雪で催行の危ぶまれている「きたぐに」行も控えているわけですから、個人レベルでの関心は決してゼロではないのですが・・・もういいよね(謎
[PR]

by ar-2 | 2012-01-29 21:39 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(0)


<< 浮世は天然冷蔵庫      たまにはデスクトップを立ち上げ... >>