赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2012年 01月 12日

創るということ

c0155803_20531145.jpg

※画像は本文とは全く関連がありませんが、退勤時に見かけたチタ区の6本目です。
6号車の便所がチタ区増備分の象徴といえるものでしょう。

周りのごく一部の近い方や興味を抱かれた方には明かしていたのですが、私自身は最近アマチュア投稿のweb小説サイトにハマっています。
無論、投稿する側として。
それまでは見たことのなかった世界・・・覚えたては何にしても楽しいものですが、こんなホビーがあったのかと驚かされた分野でもあります。私が専ら挑んでいるのは、キャラクターや舞台が既設とされている二次元タイトルをベースとしたいわば「二次元創作」ですが、これがなかなかどうして色んな意味で難しいのです。例えば投稿作における評価数等の相対で見えてくるもの・・・それは原作から極端に逸脱することをタブーとする風潮、その反面R指定に寛容な風潮であったりと・・・悩ましいです。それでも私が念頭に考えているのは「楽しみながら書くこと」の一点に尽きます。

鉄道模型でもそうですが、雑念がよぎっては楽しむ事なぞ絶対できません。それが模型である以上は実物を超える事もまたありませんから、ジャンルが何あれ「自身の悦楽なくして創作なし」と断言して差し支えないのかも知れません。
私が今日日ハマっている分野が鉄道模型でないにせよ、それはやはり腐っても「創作」。結局、私はこの理から抜け出す事ができないのだと思います。既製の品物や作品では満足できない・・・なんて贅沢な身分になってしまったのでしょう(笑
なので・・・私はもうちょっとこの世界で遊びたいと思います。そしていつか、かつてのように二次元とも併せて鉄道模型の創作が楽しめる日が来ると、そう信じています。
[PR]

by ar-2 | 2012-01-12 21:10 | 多事壮言(旧・雑言)


<< 感じるということ      これからの事とか・・・ >>