赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2011年 10月 14日

鉄道の日

10月14日・・・です。
先の近江行の記事編纂は遅遅として進んでいませんが、一応生存確認を兼ねてアップデートしておきましょう。
以下は私がこれまでに目にしてきた「鉄道マン」に関わる画像ですが、鉄道趣味は鉄道車両のみならずその眷属に値する
事象、即ち駅舎などの建築物はじめ構造物や乗車券類の有価証券、更には駅弁や駅蕎麦などの食に関わる分野など
まさに百花繚乱の嗜みがあるわけです。しかし、鉄道が世にあり続ける支えとして忘れてはならないのは「現場」に
携わる鉄道マンの姿であり、その職務を全うする姿は例え主観による「思い込み」であっても、少なからぬ感銘や感激を
受ける機会があると私は思います。だからこそ、この10月14日という日にその1シーンの一部をここに展開し、
これまでとこれからの私なりの「想い」をしたためる次第です。
c0155803_2314841.jpg

それが例え寝ずの番であっても・・・
c0155803_23145940.jpg

そこにレールのある限り・・・
c0155803_23155899.jpg

携わる鉄道マンが居て・・・
c0155803_23163882.jpg

目に見えるかけがえのない安心感が生まれ・・・
c0155803_2317429.jpg

鉄道への信頼は育まれ・・・
c0155803_2318024.jpg

明日への嘱望へと繋がります。

これまでも、これからも・・・鉄道の全てに携わる人たちに「ありがとう」。
「鉄道」の素晴らしさを知り得てそして趣味として嗜める幸運を噛み締めつつ、これからも数多の場面を通じて
感動を得たい・・・その想いを秘めながら年月を刻んで行きたいと思います。
[PR]

by ar-2 | 2011-10-14 23:34 | 多事壮言(旧・雑言)


<< 湖国大観(2日目その4・彦根か...      湖国大観(2日目特別編2・彦根... >>