赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2011年 09月 10日

9・11を前に

明日9月11日は、NYにおける貿易センタービル崩壊から10年、そして東日本大震災から半年という節目を迎えます。
弊ブログにおける東日本大震災当日の記録はこちらですが、穿った見方をすれば「半年」という節目を
区切るのは「非被災者」の勝手であり、止まらない人口流出や悪しき方向へ流れる風評被害に苦しめられている被災地からすれば、
半年も一年もなく毎日が闘いであり復興への途であり、誇大なまでの節目扱いは報道媒体にとっての糧に過ぎないとも思えるのです。

そして9月11日というのは私にとって実父の命日でもあるわけです。あれから3年が経ちました。
明日は無論ながらの信州・佐久往還ですが、ここ数年の同日よろしく明日も天候は安定しているようです。
c0155803_18184698.jpg

ハナシは飛んで201の製作。本来なら個別記事化すべきでしょうが、今のところパンタ穴&避雷器穴の開孔及び
信号炎管の整備に留まっています。信号炎管については元のモールドを削り、逆側面側の屋根板裏面のガイドを
コンマ6ミリで開孔し直します。炎管本体はキットのパーツではデカすぎるので、ストックのカトーのASSYを充てています。
c0155803_18223464.jpg

そしてお待ちかね?の9巻!
視点を変えてのストーリー・・・というのも一つの手法なのでしょうが、どうやって既刊との差別化がなされているか楽しみです。
[PR]

by ar-2 | 2011-09-10 18:24 | 多事壮言(旧・雑言) | Comments(4)
Commented by youroumania at 2011-09-10 23:47
こんばんは
信号炎管のパーツを見てスモールライトを思い浮かべるのはおいらだけでしょうか?
Commented by ED75-1020 at 2011-09-11 00:44 x
こんばんは。ar-sさん。
あの震災からもう半年も経ちましたね・・・・・。
半年の区切れはあくまでも通過点に過ぎないものですが、復興に向かっているところもあれば全く手付かずのところがあるのも現実です。
この半年の節目に囚われずに着実に前へ進んでほしいものです。

>そしてお待ちかね?の9巻!
最近は2次元から離れていたためこの情報は初耳でした(汗)
表紙が今までに無い様な感じですが、内容もでしょうかね?
駅前のBOOKOFFでirony限定版中古が400円で売っているのを思い出しましたw
アマゾン中古ではまさかのw
http://www.amazon.co.jp/gp/offer-listing/B003X03COU/ref=dp_olp_used?ie=UTF8&qid=1315669084&sr=8-2&condition=used

以下どうでも良い話ですw
先日ヤフーオークションで京葉線のドア上にある停車駅案内を落としました。
君津方面に目をやると巖根だけが快速・通勤快速が止まらない(蘇我~君津間)のが目立ち、少し可哀想に思えてきましたw

余談ですがハンドルネームののED75-1020は先日郡山まで廃車回送されてしまいました・・・
Commented by ar-2 at 2011-09-11 07:26
youroumaniaさん、おはようございます。

ひょっとして、炎管がスモーノレライトの原型なんでしょうか?(マテ
ド◎えもんのツールは便利なものばかりでしたが、実際に現出したら色々と問題だよな・・・と思うのは
ツマラナイ大人になった証拠なんでしょうねぇ(トオイメ
Commented by ar-2 at 2011-09-11 07:43
ED75-1020 さん、おはようございます。ご無沙汰です。

もう半年、されど半年・・・というのが偽らざる心境ですが、仰るように前へと邁進する意外の選択肢はありえません。
非被災者がいたずらに「復興」を標榜するのもどうかと最近思うようになってきたのですが、少なくともそれ自体は
5年、10年で成せるものでは到底無く、「ペースが遅い」などと煽るしか能の無いメディに対しては白目を剥くばかりです。

>9巻
内容的には既巻の後付のようなものですが・・・個人的にはやっぱり桐乃のやさぐれさが希薄になり、
且つ京介に至っては殊勝になってしまったあたりに歳月を感じますね。あの緊張感が好きだったのですが(笑

>巌根
10年くらい前までは、内房については浜野と袖ヶ浦も通過駅だったのです。巌根は今も特にローカルのようですが(汗
それにしても停車駅案内紙を京葉で備えるのは、今やケヨ34(209-500)がラスイチですね。たま~に見かけます。


<< 私の9・11      サボオークション~第4回目(最終回) >>