赤い電車は白い線

khkar2.exblog.jp
ブログトップ
2011年 08月 24日

まさかのコンデジ復活!

3日前の8月21日の出勤前、水槽にコンデジを着水させてしまうというという大失態があり、代替機購入という手痛い出費を
ここ数日覚悟していたのですが、なんと今朝方に何事も無かったかのように復活してしまったのです。

その流れを振り返ってみますと、まず事故発生時にすぐさま引き上げ本体を拭き取り、電源をONにしてみると「ヴ~ン」というイヤな音。後で知ったのですが着水直後の電源ONはタブーだったようで、兎にも角にもバッテリーとSDカードを抜き取り帰宅後様子見としました。果たしてSDカードはというとPCで読み取る事ができ生存を確認。しかしそれが万一にも一過的であった場合を懸念し、当該カードの画像全てを落としておきました。次に本体ですが、事故時には密閉式ではないもののソフトケースに収まった状態であったのが奏功してか、事故の翌日には電源が異音無く入り、画像再生やPCへの取り込みも可能なまでに復旧していました。ただ肝心の撮影モードにおいては各種設定は出来るものの、モニターは真っ黒・・・レンズがやられてしまったのか\アッカリ~ン/状態です(涙
c0155803_16244034.jpg

というわけで昨日の退勤後にヨ◎バシに立ち寄ってパンフを持ち帰り検討を準備したのですが、今朝方にはやはりモニターが真っ黒であったのがその数時間後には何と撮影モードも復旧し、ストロボ等の動作も正常となり完全復活してしまったのです。カメラに限らず精密機械の類は、万一着水しても乾燥すれば復活する事がある・・・とも言われますが、それは確率云々で推し量れるものではないので決してアテにはできず、今回の復活もある意味「偶然」だったのではと思います。とはいえ着水直後の電源ONはアウトではあれど、バッテリーとSDカードを直ぐに抜き取っておいたのはどうやら正解だったようで、また代替機を即日で購入せずに数日間様子を見たのも結果論とはいえツイていたようです。これもひょっとして、持ち前の悪運の強みによるものか・・・何あれホッとしているところです。

さて、これで件の「近江二泊案」も再浮上!なわけですが、1日目における痛電との遭遇可否で後の行程が全然違ってきます。どうするか・・・。
[PR]

by ar-2 | 2011-08-24 16:30 | 多事壮言(旧・雑言)


<< カオスな8・25      「痛電」ついに始動!&コトデン... >>